3160270 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都港区 グリッチ… 高橋銀針さん

2020年4月『葉蝉会』… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2006.12.09
XML
テーマ:中国&台湾(3212)
カテゴリ:旅行
2005年8月末から9月始めに行った旅行記の続きです。

さてさて、鳴沙山の入り口まで戻ってきた、あるきち。

鳴沙山を出たところ
↑臼杵市と敦煌市は友好都市らしい。これ、その記念碑です。


キョロ キョロ (・_・ ) ( ・_・) キョロ キョロ

ありゃ?運転手がいない・・・

と思ったら、同じ車の中から、違う兄ちゃんが手を振ってる(驚)


なんでも、車の有効活用のため、2人で車をシェアしているらしい。。。
そういや、鳴沙山に観光に行く前に、なんか友達がどうのこうのって言ってたけど、このことか・・・
#トルファンでも同じことがありました。向こうの方では一般的みたいですね。


さて、その乗り替りのタクシーの運転手と、明日の観光の交渉。

運転手:玉門関、漢代長城、陽関とかを回って、今日の分も含めて700元(確か)でどうか?
あるきち:まだ決められない。ちょっと考えてからにする。


(という、問答をしながらホテルに到着。向こうは、早く決めろと言ってきたけど、だって相場がわかんないんだもん・・・。ツアーがあるかもしれないし。。。)

というわけで、夕方5時ごろ、どうするかを決めることにして、もう一度ホテルに来てもらうことにしてみました。

言い値は、この時点で50元下がってました。
#まあ、中国、こんなもんでしょう。


さて、敦煌の街歩き。
宿泊したホテルは、ホントに街の中心部に近いのでとっても便利♪

街の真ん中には、こんな飛天の像のロータリーがあります。

飛天のロータリー

交通量は、多いときは多いけれども、無いときはピタリと静まる。
やはり敦煌は田舎町なのです。


さて、まずはタクシーの価格が妥当なのかどうか、市場調査をしなければなりません。

敦煌の街の中を歩いて、旅行社に飛び込み。
玉門関方面へ行くのには、いくらぐらいするものなのか、聞いてみます。
地図を見せてもらうと、玉門関までは結構距離がありそうです。

結果、500元でタクシーチャーターできる、とのこと。
乗り合いの観光バスはないのか、と聞いてみたら、バスはないんだって。

「あなたが、何人か集めてくれれば、割り勘でいけるので、安くなると思うけど」

って言われても、当てもないので、まあ、その金額がかかることだけは理解しました。

別のところで聞いたら、こちらは400元で手配できるとのこと。
んー、旅行社によって、多少差はあるみたい。

んー、そうすると今日のを入れれば、相場ぐらいか(まあ、このへんで手を打つとしよう)。

・・・と、市場調査完了。


さて、約束の5時までは、まだ時間があったので、敦煌に来たら必ず行くつもりにしていた、カフェに行ってみました。

その名は、インインカフェ

店長のインインさんと、日本人の副店長さんのご夫婦が経営する、お店です。

インインカフェ

ここのお店、

オアシスの中の、オアシスになりたい

という、コピーにもあるように、まさにシルクロードを旅する日本人観光客にとってのオアシスになっていた店でした。


どの辺がオアシスかというと、まず、店長のインインさんが作る和食が美味しい。
なにより、敦煌から西を旅してきた旅人にとっては、涙が出るぐらい嬉しいであろうメニューが目白押し。

その代表例が、トンカツ定食(もちろん、みそ汁つき)やカツカレー。

どの辺が嬉しいかというと、ここより西に行くと、まずご飯は出てこない。
小麦文化圏なので、ラグメンやマントウ、ナンなど、小麦が主食になるので、日本人としては、お米を食べられるというだけで、まず幸せ。

さらに、豚肉。
豚肉がご禁制のイスラム圏においては、これほど嬉しいものは無いはず。
特に羊がダメ、というヒトにとっては、まさにパラダイス。
#言い過ぎ?いえいえ。シルクロードを旅する個人旅行者は、平気で1ヶ月以上旅をしている人が多いので、きっとそう思うはずです。


それから、しっかりとしたインスタントではないコーヒーが飲める。アイスコーヒーもある。
これ、ものすごく貴重。

何より、お腹を壊さないように、氷もきちんとミネラルウォーターで作ってある。


・・・苛烈な旅を続けてきた人だったら、ここまで気配りされている、このお店に来たら、泣いちゃうかもしれない。

そんな大げさな、と思われるでしょう。

しかし、嘘じゃないんです。。。


私がコーヒーを飲みにお邪魔していた時、長旅を続けてきた学生さんたちは、ホントにトンカツを前にして

「お豚様だー」
「お米が食べられる~」
「こんなに贅沢しちゃっていいのかな~」


と、感動の嵐。。。
いやぁ、食べ物の力は偉大だと知った、敦煌の昼下がりでした(^^ゞ


店長さん副店長さんのお人柄もあるんですが、ホントにオアシスの中のオアシスだったんです、このお店。

しかし・・・

残念ながら、このお店、諸事情により、2005年9月8日をもって閉店してしまいました(-_-)

私が、敦煌を訪れていたのは、2005年8月30日~9月1日の間。
まさに閉店の1週間前に訪れていたのです。これも何かのご縁♪

ということで、短い滞在中ではありましたが、3回ほど足を運び、副店長さんのお誕生日のお祝いにも参加させていただきました(^^ゞ

お店が再開することがあったら、是非、また行きたいお店です(^^♪

#ちなみに、今年は、常連さんだった方(私もお会いしました)がお店を引き継いで、ジンジンカフェという名前でオープンしたそうです。場所は、ちょっと変わったみたいですが。


さて、初めてお邪魔した時に、副店長さんに、敦煌の街の情報を伺いました。
このカフェの入り口の商店街が、日が落ちると夜市になって、シシカバブの屋台などが出るとか。
しかし、日が落ちるのはとっても遅いらしい。夜9時ぐらいがピークじゃないかとのこと。

さらに、お店のメニューに夜光杯で飲む赤ワインがあることを見逃していなかった、あるきち。


・・・今日の夜の食事は決まったな。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ


次回は、敦煌の美味しいシシカバブの話。






Last updated  2006.12.10 00:43:39
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.