3161962 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都渋谷区 Bojun… 高橋銀針さん

2020年4月『葉蝉会』… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2007.01.06
XML
カテゴリ:旅行
日本に帰国してまいりました。
シルクロードがまだ終わってませんが、先にフレッシュな情報のこちらを優先します(^^ゞ

今回は、年始の休暇を利用して、茶器と冬茶を狙ってみました。
「茶器と茶荘めぐり」と名づけることにしましょう♪

飛行機は日本アジア航空を利用。

関空発EG217便

既報の通り、何故か関空からでしたが、マイラーは、転んでもタダでは起きません。ボーナスマイルを新年早々荒稼ぎしました(^_^)v
#JALカード毎年初回搭乗ボーナス2000mile+CLUB A(JGC)ボーナス3000mile+先得割ボーナス500mile+羽田-関空(クラスJ)238mile+eチケットレス割ボーナス100mile+マイルアップボーナス70mile(JGCなので)+JALカード決済マイル262mile しめて6170mile!!


さてさて、日本アジア航空は、過去には、金城武・志村けん、現在はオセロを起用したCMなどで、台湾の魅力を徹底して伝えようという姿勢が本当に好感の持てる航空会社です♪

機内食には必ずデザートがついていて、なかなか偉いです。
JALのマイルも貯まりますし、機内販売もJALカードで10%引きになります。

機内誌AsiaEchoの内容も、実に台湾のディープな情報とすぐ役立つ観光情報満載で興味深い。大意が國語で書いてあったりするので、國語の勉強にも最適♪

さらに日本語、英語の他に國語でアナウンスをしてくれる機長さんもいます。他の航空会社でこういうのあります?まさに、台湾と密着した航空会社。
李登輝前総統も日本に来る際に利用した、信頼の日本アジア航空。
台湾へ行く際には、一番のオススメ・エアラインです。

…うーん、このぐらいゴマ擂っとけばいいかな(笑)
#いや、事実しか書いてませんよ~

・・・といいますのも、スイマセン、今回、こんなに素敵な席をご用意いただきましたヽ(^o^)丿

Cクラス

足元広々。足置きもあるし。
グッスリと眠って、快適なフライトでした(^^♪
#もちろん、食事はエコノミーでしたけど。空いていたため、上級会員さんのアップグレードラッシュだったみたいです。


強い向かい風の中、少し時間がかかって、台北桃園国際空港 第2ターミナルに到着。
良いですね~、正名(^^♪

ところが、ラッキーだったのはここまで。
入国審査は、お正月休みの日本人の入国ラッシュ!
うー、20分ぐらい並びました・・・(-_-;)
#それでも、上海・浦東空港の入国審査の列よりはマシか。


ホテルはサンルートなので、MRTの民権西路駅もしくは中山北路・民権西路口で降りるため、大有バスの西線・大園線の切符を買います。
・・・しかし、ここでも運悪く、大園線に当たった(-_-;)

この路線に乗ると、空港から高速に乗るまで、ノロノロと一般道を走ります(普通は、すぐ高速に乗ります)。
大体、30分~40分増しといった所です。

そんなこんなで、台北市内に到着したのは、夕方6時半を回っていました(-_-;)
荷物を置いて、ちょっと落ち着いてから、早速食事&お茶へ。

向かった先は、荷花さんのところで紹介されていた、徳也茶喫
MRT板南線の善導寺駅で降り、駅からスグ。
シェラトンホテル(台北喜来登大飯店)の真裏にあります。ホテル西側の路地を入ると見えます。
#私は、古い人間なのか「喜来登大飯店」よりも「来来大飯店」といわれたほうがピンと来るのですが(^_^;)


徳也茶喫

徳也茶喫

ここのお店、坪林茶業博物館の初代館長の方が開いたお店となれば、やはり茶葉料理&お茶は、坪林の文山包種を使ったものでしょう♪

ということで、文山包種茶を使っているであろう包種鍋の食事セット(魚)と陳年文山包種茶の金不換を注文しました(^^♪


まずはお食事。

徳也茶喫の茶葉料理

ドーンとセットで来ます。
魚はおそらく川魚?だと思うのですが、茶葉のおかげで臭みはありません。
たっぷりの野菜と小鉢・魯肉飯、そして果物が付いています。

・・・ぶっちゃけ、お味については、還可以(まあまあ)といったところです。
#このあと、紫藤廬でも同じことを感じましたが、茶藝館の料理に過大の期待は禁物です・・・

そして、食後にお茶が出てきました。

金不換

金不換
直訳すると、「万金にも換えられない」(=それだけ貴重だ)というところでしょうか?
陳年の文山包種茶です。

夜に茶藝館に来ると、やはり清香系のお茶よりも、この手の老茶や焙煎したお茶に、ついつい手が伸びてしまいます(^^♪

お茶は、温かみのある簡素な茶器で淹れます。このお茶の個性に良く合ってます。
そして、おっと、これは陶作坊の茶器ですねヽ(^o^)丿
煮水器も、もちろん陶作坊。

…うーん、これは何としても、明日Getしに行かなければなりませんね(^^ゞ


しかし、このお茶、美味い!!
それも、清香系の刺激的な美味さではなく、落ち着いた、こっくり、ほっくりと楽しめるお茶です。
老茶なのですが、陳年香は控えめで、しっかりと甘みもあって、いやはやホントにリラックスできるお茶です(^^♪

う~、美味しい・・・
とカプカプ、お茶と真剣勝負をしていたら、お茶請けはいかが?とお兄さんが聞きに来ました。


そこで注文したのが、

ゴマ入り緑豆ガオ

ゴマ入りの緑豆ガオ

緑豆ガオというと、私は新東陽で売っている落雁に似たものを想像してしまうのですが(口の中の水分が取られる感じ)、これは水羊羹のような、柔らかくしっとりした一品でした。
そして何より、甘さの加減が絶妙。和菓子を思わせる、日本人好みの甘さじゃないでしょうか(^^♪

美味しいお茶に、美味しいお茶請け。
まさに至福です(^^♪

・・・台湾に出かけたら、夜、少し遅い時間に、食後のティータイムなどいかがでしょう?
エネルギッシュな街並みとは、また一味違った台湾を楽しめますよヽ(^o^)丿

徳也茶喫
台北市鎮江街3-1号
TEL:(02)2396-8036
営業時間:10:00~24:00(ランチ11:30~14:00、ディナー17:30~21:00)
休業日:旧正月3日間



このあと、お茶の本を買いに行きましたが、その紹介は、また後で。
さっそく、鶯歌の様子をレポートいたします(^^♪







Last updated  2007.01.06 22:26:52
コメント(10) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.