3513008 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

2022年岩茶会(2021… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん
そらいろ茶(sorairo… ニココ3628さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2022.01
2021.12
2021.11
2021.10
2021.09

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2007.01.12
XML
カテゴリ:旅行
3日目。
当初は、九【イ分】に行こうと思っていましたが、上園の林さんに紹介してもらった茶器屋さん・典蔵陶藝行に行ってみます。
場所は保安街というところ。台北の西側の方です。

地図を見てみると、重慶北路の近くで、昔のお茶問屋街の近くです。

この辺、昔ながらの街ですが、目の前にはカルフールが出来ています。

カルフール

無粋だ・・・さすが外資。。。

さて、お店はこのカルフールの真向かい。
目の前のカルフールとは対照的に、普通の商店街の中の1軒のお店です。
奥行きはあるものの、そんなに広いお店ではありません。

典蔵陶芸
さて、お店に・・・と思ったものの

鍵がかかってる。。。(-_-)

どうやら、お留守のようです。


それならば、先に、近所の林華泰茶行に行ってみましょう。

林華泰茶行

林華泰茶行。
150年の歴史を持つ老舗です。
#詳しくは、ここを読んでみてください。

・・・とても、平たく言うと、ここのお店の台湾の本家です(^^ゞ
#本店は別にあるのです(そちらも翌日に行った)。この2店舗の関係を今度レクチャーしてもらわなきゃ・・・

ここのお店は、基本的には卸。
しかし、一般の人も(観光客でも)購入できます。
でも、卸なので、試飲は出来ません。

ここのお店は、茶葉がごっそり入った、胸の高さぐらいのドラム缶がずらりと並んでいて、それぞれの缶のふたに「凍頂烏龍茶 600」「香片 120」のように、文字がペンキで書かれています。

これ、1斤(600g)の値段なのですが、相場を知っていると、とにかく安い!

凍頂烏龍茶ちょうだい、と言ってみたら、凍頂のドラム缶のところに案内されます。

普通の凍頂は600元と1000元のがあるそう。
高山茶もあるよ、ということで、奥の部屋に案内されます。

なるほど、少し高級(1000元以上?)な茶葉はこっちの小部屋にあるんですね。

で、1000元の凍頂烏龍茶を見せてもらいます。茶葉だけを見て、鑑定できるほどの目は、まだ無いので、何とも言えませんが(苦笑)
ふと横に目をやると、隣に高山茶が1600元との表示が。

あ:これ、どこのお茶?梅山?(←経験上、安いのは大体、梅山)
お兄さん:杉林渓。2400元のは阿里山。梨山もあるよ。


えーーーー、杉林渓が1斤1600元??

普通の茶荘なら、凍頂(上等なもの)の価格ですね・・・
日本人観光客向けの土産物屋なら、半斤しか買えませんね(しかもベトナム産だったりして)。

私、高山茶で一番好きなのは、梨山周辺ですが、その次は杉林渓なのです。
#阿里山はハズレを掴むことがあまりに多いので、あまり好きじゃない。

うーん、普段飲みな感じのお茶だとは思いますが、この値段は安い。
林華泰茶行、恐るべし(^_^;)

当然、1斤お買い上げ~(^^♪

・・・でも、このぐらいにしておかないと、他のお茶が買えなくなっちゃうのね(今日は茶葉買い倒れの日だし)。
とりあえず、このお茶を飲んで、老舗の力をまずは見てみましょう。

林華泰茶行は、

・試飲出来ない
・包装はただのビニール袋(長期保存には向かない。すぐ缶に移す)で小分けも無理
・100gだけ購入とかが出来ない(150gや300gなら大丈夫みたいですが)

など制約条件は、かなりありますが、安く普段飲みのお茶を買うのには、とても良いお店なのではないかと。
#あとは、飲んで味がどうかですね~


さて、お買い物をして、もう一度、典蔵陶藝行にやってきました。
まだ、開いてないのかなぁ、と見ていると、近所のおじさんがやってきて、鍵を開けてくれました。
よく頼まれているみたいで、

上園の林さんの紹介なんですー

というと、連絡を携帯で取ってくれ、呼び戻してもらいました。

到着するまでの間、あまり広いお店では無いですが、店内を物色します。

お店の中は、所狭しと茶器が並び、結構雑然としています。

主力商品は、茶器セットみたいです(HP参照)。
磁器の急須・茶盤に茶海、飲杯がついているもの。
かなりの大きさの豪華セットもありますし、シンプルに磁器茶壷と茶海と飲杯2個のような組み合わせのものもあります。

別の棚には、蓋碗、飲杯・聞香杯、陶器の茶壷、茶托やお盆、煮水器などなど、様々なものが並んでいます。
うーん、確かに品揃えは豊富だ。

ただ、茶器セットのセンスは、金の龍が彫ってあったり、金粉ギラギラなやつも多くて、ちょっと私の趣味には合わなさそう。
シンプルな白磁のものがあって、これは好印象。でも形が、あんまり気に入らなかったり・・・
飲杯も、デザインがなぁ・・・(^_^;)


あ、でも、この蓋碗は良さそう。

典蔵陶芸の蓋碗

値段によるけど。。。
しかし、この店、一切値段が付いてない・・・(^_^;)

お店の人の到着を待つしかないようだ。


と、20分ほど、店内を物色していたら、ようやくバイクの音がして、戻ってきた。
お店の方は、女性。50代ぐらいか?

そのとき、ちょうど電話が。
上園の林さんからだった。日本人を一人紹介したから、宜しく頼む、という電話だったらしい。


日本語が話せる、ということでしたが、今、市民大学みたいなところで、一生懸命勉強中なのだそうです。
単語を並べるような感じなので、これなら、私の北京語の能力と大差ない(苦笑)
・・・ということで、北京語で会話してみました。
人懐っこいという形容詞がぴったりのとてもいい人。台湾によくいるタイプのおばさま。

建展陶芸の商品を、ここのお店から台北市内の茶荘に卸しているらしく、ホームページによれば、建展陶芸の台北出張所みたいなものらしい。
取引先には、日本の会社、特にインターネットショップも多いらしく、その関係で、日本語を勉強し始めたのだそうだ。

お店のおばさん:あなたは、日本のどこから来たの?
あ:千葉県。
店:千葉県なら、ここと取引があるわよ


と、取引先台帳を見せてもらった。

あ:あー、知ってる、知ってる。ここからお茶買ってる(今は、移転してるけどね)。

店:(嬉しかったらしい)じゃあ、ここは?今度、小籠包売り出すんでしょ?
あ:知ってる知ってる。たくさん買ってる(ええ、そこのお店のヘビーユーザーですから・・・・)
店:小籠包は美味しい?
あ:小籠包は注文したことない・・・

店:じゃあ、ここは知ってる?京都。
あ:買ったことはないけど知ってる(紅茶屋さんね。上園の林さんからも聞いてる)。


・・・とまあ、どこかで見たことのあるお茶屋さんが、結構な数ありました。
どーりで、ここのお店においてある茶器に見覚えがあるわけだ。。。


今、建展陶芸は大陸に進出していて、そちらの方がすごく調子が良いらしい。大陸のあちこちに工場を作っているそうだ。
台湾の方は、鶯歌に工場があるけれども、今は、中国で生産して、それを入れたほうが安くて品質の良いものが入ってくる、という話もしていた。確かに、中国生産モノの方が、デザインも良くて安いような・・・

・・・ああ、こうして、台湾の経済は空洞化が進み、中国に吸収されかねない状態になるんだなぁ。。。(-_-)


さて、肝心のお買い物。
先ほどの、蓋碗はなんと1個200元ということで、即購入。

それから、鑑定杯。
世界標準のデザインです(紅茶にも使える)。

鑑定杯の箱

これが、1組120元という超破格プライス。思わず3セット購入。
これで我が家では5つのお茶の聞茶が可能です(爆)

鑑定杯セット

しかも、こんなに丁寧にパッキングをしてくれた。
実にありがたい。


茶器は今ひとつ、好みに合わなかったけれども、茶托セットを購入。

茶托セット

これでおもてなしは出来る?かな。

昨日、大分買っているので、それほど多くの買い物はしなかったけれども、茶器セットの値段を聞く限りは、ホントに安い。
確かにこれなら、鶯歌に行かなくても十分かも。鶯歌まで行く時間がなく、ちょっと茶器を揃えたいときは、ここに行くのも手。

とてもいい人ですし、日本語勉強中だそうなので、是非行って、日本語を教えてあげてくださーい(^^♪


さて、今日はお茶屋を回りまくります。
次回は、冶堂です♪


林華泰茶行
重慶北路二段193號
営業時間 7:30-21:00
(日本語ができる方もいるみたいです)


典蔵陶藝行
台北市保安街3之2号
http://www.home.ttnet.net/
(日本語勉強中です)






Last updated  2007.01.13 04:02:18
コメント(6) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.