3135095 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東方美人好きは、ぜ… 上海小町さん

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

R2.1.22  今日はH… グリザベラ4163さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2007.03.22
XML
カテゴリ:旅行
頼阿婆芋圓で九【イ分】名物の芋圓を堪能し、テクテクと基山街を上がっていきます。
しばらく歩くと、平坦なところに出ます。丁度この辺が中腹らしく、展望台もあります。

中腹からの景色

そんな道の途中にあった、こちらの茶藝館にお邪魔しました(^^♪

九分茶房

九分茶房


崖のような斜面に建っている建物なので、店内は不思議な構造です。
地下へと伸びる階段もあり、ここは工房になっているようで、器などを展示しているようです。
ここで提供される茶器は、自分のところで焼いているオリジナルなのだそうです。

それを買い求める方も大勢。
・・・まぁ、殆ど日本人の方で、接客している方も日本人でした。
日本人御用達です。


店内は木の素材を上手く使った落ち着いた空間。
崖に立地しているので、こんな感じで、店内の真ん中に大きな吹き抜けがあります。

九分茶房

なんとも不思議な建物ですが、落ち着きますねぇ(^^♪


さて、茶譜を見せてもらいます。
お茶は1両(37.5g)入りですが、

・・・結構お高いのね。。。(-_-)

色々見比べた結果、やはり折角なので、高山茶。
一番大好きな、梨山・・・と行きたいところでしたが、少々高すぎなので(苦笑)、次にお気に入りの杉林渓を選んでみました。


お茶は、ここのオリジナル茶器セットで出てきます。

茶器セット

蓋碗で来ました。

一煎目は、お店の人が淹れてくれます。
日本語が上手です。慣れてる感じ。


実は、この蓋碗、縁のところが水面よりもかなり高くなっていて、持っても熱く無いのです。
なるほどよく出来てます。なかなか、優れものです♪


さて、肝心の茶葉ですが、こんな感じで青々としています。

杉林渓

一口飲んでみると、最初は、かなり青いかなーという、香り。
でも、生茶?らしくフレッシュで、とっても甘くて美味しい(^^♪
#この場合の生茶は、焙煎・火入れがされていない、の意味です。プーアル茶の生茶とは別です。

お茶請けには、大根餅にしてみました。

大根餅

・・・しかし、もっと食事を頼んでおくべきでした。


というのは、このお茶、とにかくパワーがあるのです。
甘くて美味いので、調子に乗ってグビグビ飲んでいたら、酔い始めました。

最初は、美味しくて味と香りに酔っていたのです。

でも、段々、それとは別の症状が。
力が抜けてきてフラフラしてきました(@_@;)


これは間違いなく、

お茶酔い

です。

とてもパワフルなお茶だったので、負けてしまったようです。

うー、目が回る(@_@;)


ちなみに、残った茶葉は、帰りにはこんな感じでラッピングしてもらえます。
なかなか可愛らしい袋♪

茶葉パッキング後


九分に行ったら、ここのお茶屋さんはオススメかも。
ちょっと高いですけど、それだけの価値はあると思います。

九分茶房
台北縣瑞芳鎮基山街142號
TEL:02-2496-9056
http://www.jioufen-teahouse.com.tw/jp/index.html



さて、フラフラになりながらも、次は例の階段のところへ行ってみます。






Last updated  2007.03.23 01:04:17
コメント(16) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.