3197865 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

お籠りセットお買い… New! 上海小町さん

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2007.05.05
XML
テーマ:中国&台湾(3195)
カテゴリ:旅行
杭州2日目です。
でも、外は雨(-_-;)

普通ならバスで移動するところですが、あまりに雨なのでタクシーに乗って向かった先がこちら。

杭州植物園

杭州植物園

実は植物が好きでして。
いろんな街に行くと必ず植物園に行くんです。




…なーんてことは私に限ってはあるわけはなく。

ここには杭州の三大名泉の1つ、玉泉があるのです(残り2つは、龍井とコホウ泉です)。
そこの泉の水を使った龍井茶を飲もうという趣向です(^^ゞ
#これで、三大名泉を制覇したことになるのです。


玉泉にたどり着くまでには、植物園の中を結構歩きます。
杭州料理の山外山もこの植物園の中にあります。

しかし、こんな天気の時に、植物園をほっつき歩くのもどうかと思いますねぇ(苦笑)

玉泉入り口

歩くこと15分ほどで、到着。
入り口を入ると、そこにあるのは観魚園というところ。

玉泉観魚園

その名の通り、お魚(鯉)が泳いでいる池です。

玉泉観魚園2

魚が泳いでいる名泉…

なんだか、少々嫌な予感がします(-_-)


さらに奥に進むと、中国式庭園が。

玉泉

蓮の花も少しだけ咲いています。

蓮の花

源泉がどこにあるのか、よく分からなかったのですが(苦笑)、大雨のため、茶店に避難。
早速、龍井茶をオーダーしてみます。

玉泉のお茶セット

一級品の茶葉。デザート付きで88元。


さて、お味ですが…

美味しくない(涙)

一応、特級の下の一級にしたのですが、茶葉も良くなければ水も美味しくない。。。

どーなってんだ、玉泉!!


…ということで、美味しいお水で龍井茶を飲みたいのであれば、やはりコホウ泉をお勧めいたします。ハイ。



さて、残念な結果に終わった玉泉ですが、バス停までの道のりもこれまた遠い…
雨の中なのに、20分ほど歩きました(涙)


玉泉のバス停にて、バスを待ちます。

この時点では、龍井村に行くか、もう1つの産地の梅家塢に行くか決めておりませんでした。
そこでここは、お茶の神様に任せて、次に来たバスの路線に乗っていくことにしました。
「行き当たりばっ旅」とは、私のことです(苦笑)

Y3のバスが来たら、龍井村。Y4のバスが来たら、梅家塢。



10分ほど、待つとやってきたのは、

Y4のバス

よって、目的地は、めでたく梅家塢に決定しました♪


梅家塢は、獅峰龍井で有名な獅子峰の山の裏側=龍井村の裏側にあたる場所です。
龍井茶の産地として名高く、こっちの龍井のほうが美味い、という方もいます。
昨年は龍井村で農家にお邪魔したので、今年は梅家塢というのも、なかなか楽しそうです♪


バスは途中までは龍井村に行くのと同じ道を走りますが、途中で分岐し、山道へ。
くねくねした道を行き、真新しいトンネルを抜けると、山あいに茶畑が見え始めます。

山からは霧が出ており、茶産地に来た気分が盛り上がってまいりました(^^)

バスに揺られること20分ほど。
少し人里が見えてきて、整った街並みが視界に入ります。

梅家塢のバス停に到着いたしました。

梅家塢バス停

近隣は、驚くほど整然とした街になっています。

梅家塢の景色1

梅家塢の景色2

それもそのはず、このあたり一帯は梅家塢茶文化村という名前で、整備されているのです。

ところどころにお茶作りの工程をモニュメントにしたものが置かれていたり、

梅家塢のモニュメント

農家のすぐ裏は茶畑になっていたり

梅家塢の茶畑

と、お茶の生産地を楽しむことができるようになっています。

さらにこの辺の茶農家は、自宅をレストランとして開放しており、農家菜(農家料理)を売りにして商売をしています。
もちろん、お茶を見せてもらって買うこともできます。


中には道端で龍井茶を炒めている人もいます。

まあ、天津甘栗とは違うので、炒りたてを買ってきても美味くはないのですが。。。
#お茶屋さんは、石灰を入れて1週間ぐらい寝かせるんだそうです。火の香りが残ってますからね

茶文化村、といっても、大きな博物館があるわけでもなく、主役はあくまでこの辺の農家。
ここの農家の数は200軒ぐらいあるらしいのですが、どこの農家に飛び込むかが問題です。


どこにしようかな~、と歩いていると、さすが中国。

呼び込みの声があちこちからかかります。
#もちろん日本語は通じません。


その中の1軒に意を決して(←大袈裟)飛び込んでみました。
続く。






Last updated  2007.05.06 01:49:24
コメント(10) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.