000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東方美人好きは、ぜ… 上海小町さん

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

R2.1.22  今日はH… グリザベラ4163さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2007.05.25
XML
カテゴリ:お茶
みなさん、こんばんは。
お茶ペットボトル愛飲者のあるきちです。(←今日は格下げ)

本日のお茶は、既にさんざん話題に上っているであろう、大塚ベバレジの天空烏龍茶。

天空烏龍茶

発売から2ヶ月後のこの時期に採りあげるようでは、お茶ペットボトルウォッチャー失格ですなぁ(-_-;)


このお茶、「天空」という名前に表れているように、台湾の高山烏龍茶である杉林渓烏龍茶を使っていることで、話題を呼んでいます。

実は、私も発売以後、結構飲んでいまして、私の利用駅の自動販売機では、1列しかなかったのが2列になるほどに貢献?をしているのですが(笑)、ちょっとその感想をば。


このお茶、高山茶を使っていることをマーケティング的には強調していますが、実際に飲んでみますと、それ以上に四季春の個性がかなりよく出ている美味しいお茶だと思います。

口当たりから、サントリーの烏龍茶に代表される福建省北部の茶葉を使ったモノとは明らかに違います。香りが先に来ます。まさに四季春の香りです。

ただ、四季春とちょっと違うな、と感じるのは、飲んだ後の余韻。
四季春は香りは高いものの味わいはスッと軽く消えてしまうのですが、これはしっかりとした形のある味わいが残ります。
しっかりと甘いのです。この辺が杉林渓の青心烏龍茶をブレンドした効果なのでしょうね。

うーん、これはペットボトルにしては、珍しいぐらい良くできた清香系の烏龍茶だと思います。いや、貴重です。台湾の高山烏龍茶好きとしては嬉しいです(^^♪



・・・と、後出しジャンケンの上に、この感想だけで終わってしまっては、当ブログ的には面白くない(笑)
そこで、このお茶を飲んで気づいたことを、つらつらと。


このお茶が気づかせてくれたことは2点あります。


<その1>ベトナム産のお茶って結構美味しいのでは?ということ

今までは、ベトナム産のお茶というと、

「台湾の土産物屋で売られているお茶には、相当量のベトナム産のお茶が混じっているらしい」

など、いわゆる境外茶の問題で聞くことが多かったのです。

そして、ベトナム産のお茶は飲んだときに喉がざらつく感じがする、など「低級品」という話ばかりが聞こえてくるので、「ベトナム産」=「パチもの(失礼)」のようなイメージがありました。


しかし、このお茶は、まあペットボトルということはあるのでしょうが、十分に美味しいと思います。
少なくとも、台湾産の茶葉を使っていると表明しているセブンイレブンの凍頂烏龍茶よりは、私は美味しいと思います。
#最近、質が落ちたのか、味に慣れたのかは分かりませんが、以前感じた美味さはもうありません。。。

と考えると、

ベトナム産でもしっかり作られた烏龍茶 > 台湾の低級品の烏龍茶

という式もありなんだな、と思うのです。


元々、四季春は低温が苦手な品種ですから、意外とベトナムの気候は合うのかもしれません。
しかも、若年層の多い人口構造で、人件費が今や中国よりも安いベトナム。
そのせいか、この茶葉は手摘みだそうです。台湾だったら、高級茶ですねぇ。

こういうお茶を飲むと、ベトナムの茶業が土地に合った茶葉を栽培する・品種改良する、ということを続けていったら、案外、「烏龍茶の本場はベトナムだ!」なーんてことになるかもしれません。
#まあ、品種改良には30年以上の年月がかかるので、気の長い話ですが・・・

そういう意味で、ちょっと期待もしてしまうお味なのでした(^^)


<その2>お茶はやっぱり嗜好品だな、ということ

この天空烏龍茶、私は美味いと思いますが、苦手な人も結構多いだろうな、という印象を持ちました。

その理由は、最初の香り。

四季春特有の青っぽい香りなのですが、これが苦手、という人は日本人に結構多いと思うのです。青っぽさが、生っぽさに感じられる人もいたのではないかと思います。


これはもう完全に嗜好の世界なので、どうしようもないのですが、日本では烏龍茶=武夷山系の焙煎の効いたお茶、という印象が強いからなのか、この手の生っぽさがどうにも駄目という人は結構多いようなのです。

四季春や安渓鉄観音などは、典型的です。
絶賛する人と「全然駄目」という人に分かれます。

そういう方でも、ちょっと焙煎の効いた凍頂烏龍茶は美味しいといって飲みます。
これは、生っぽさが無いからOKなのだそうです。

うーん・・・人のお茶の好みを見極めるって、なかなか難しい。。。(-_-)


最近、そういうことに気づいてから、「これが美味い!」ということを強烈に押せなかったりします。昔は、自分の好みだけで、「これは絶対美味いよ!」とか言っていたのですが。
#若かったですなぁ(-。-)y-゜゜゜

中国茶を飲んだことのない人のお茶の好みを見分ける魔法の質問がないかしら、と思わず考えてしまう、今日この頃です。


今日のお茶:天空烏龍茶(大塚ベバレジ)、六安瓜片(彩香)、明前西湖龍井(杭州)、木柵鉄観音(上園茶荘)


天空烏龍茶


こちらが四季春


杉林渓。今年の春茶は出来が良い!


ちなみに、この茶杯がCMに登場したそうで。お店で見てましたよ。
中国茶の世界は、なかなか狭いですなぁ。。。






Last updated  2007.05.26 02:18:00
コメント(14) | コメントを書く
[お茶] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.