3156488 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都江東区若洲海… 高橋銀針さん

台湾茶会@桜樺苑さ… 上海小町さん

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2007.06.16
XML
テーマ:中国&台湾(3212)
カテゴリ:旅行
交河故城を見学したあと、一旦街の中に戻り、カレーズ博物館に向かいます。

カレーズ博物館

吐魯番坎儿井博物館

最高気温は49.6度にも達し、年間降水量はわずか20ミリ弱。
「火州」とも呼ばれるトルファン。

砂漠のど真ん中にあるトルファンが、なぜ緑豊かなオアシス都市なのか?
それはカレーズの恩恵によるところが大きいのです。

カレーズとは地下水路のこと。
イランやアフガニスタンなどではカナートと呼ばれます。

乾燥地域では、水路を普通に掘ったのでは流れている間に蒸発してしまうため、地下水路を掘って蒸発を防ぎながら、水を呼び込んでいるのです。
年間水分蒸発量3000mmという乾燥地域にあるトルファンの地下水路は、スケールがとても大きく、総延長はなんと5000kmを超えると言われています。

トルファンのカレーズは、そのスケールの大きさから、中国の三大建造物(他の2つは万里の長城と京杭大運河)であるとして、この博物館で紹介されています。

実際の水路掘削の作業は、

1.地表から井戸を掘る
2.20~30mぐらい離れたところにもう1つ井戸を掘る。
3.井戸の底から横穴を掘って隣の井戸につなげる
4.井戸を繋ぐ地下通路(カレーズ)ができる
5.これを目的地まで延々と繰り返す


という、地道かつ気の遠くなるような作業を、もちろん手作業で行ってきたのだそうです。
絶句するぐらい気の遠くなる作業ですが、それほど水は貴重なのです。

カレーズ掘削中の人形
↑展示の様子。暗い&携帯のカメラなので、とってもノイジーになってますが...


さて、そもそも、なぜこのようなスケールの大きな地下水路がトルファンに造られたのか?

トルファンを流れるカレーズの水は、遠く天山山脈から引いてきています。
その水源は天山山脈の雪解けの水です。

水は高いところから低いところへ流れます。
水路を造ろうにも、ある程度の高低差がないと水は流れていきません。
天山山脈からトルファンとなりますと、結構な距離がありますので、相当の高低差が必要になります。

ここで、トルファンの地形的なメリットが発揮されることになります。

トルファンは、すり鉢状の盆地の一番底の部分に位置し、その海抜はトルファンで最も低いアイディン湖のあたりで、なんと海抜マイナス154m!
世界的にも珍しい海面よりも低い低地です。

この標高差ゆえに、遠く天山山脈から水を引いてくることが可能なのです。

ウイグル人の民家
↑ウイグル人の住居。
トルファンは暑いけど、乾燥しているので、日陰にはいると比較的しのぎやすい。
その生活の知恵が詰まってます。


さて、カレーズ博物館でお勉強をして、次に向かったのが蘇公塔。

新疆ウイグル自治区に住んでいるウイグル人の多くは、イスラム教を信仰しています。
ですので、街の中にはモスクなど、イスラムっぽい建物が所々にあります。


その1つ、蘇公塔は1779年にトルファンの二代目郡王となった蘇来曼(スライマン)がお父さんのために建てたもの。
新疆イスラム建築様式を代表する建造物なのだそうで、塔の横にモスクがあります。


蘇公塔

蘇公塔

うーん、トルファンの青い空に映える美しい建物です(^^♪

ちょっと角度を変えてみます。

蘇公塔2




さて、モスクの中に入ってみましょう。

モスクの内部は、偶像崇拝をしないイスラム教の施設らしく、特に何もありません。

蘇公塔のモスク内部2

ガラーンとした広い空間とそれを取り巻く回廊があるのみです。

しかし、上から差してくる光は神々しい。

蘇公塔のモスク内部

何となくこの場所に来ると敬虔な気持ちになるのですから、不思議です。


モスクの中を探検してみると、上に登る階段がありました。
登ってみますと、モスクの入り口の上に出ます。
#塔は登れないのだそうです。

蘇公塔の中から外を見る


ここからだと、塔の細かな模様もバッチリ見えます。

蘇公塔の塔の模様


モスクを出て、周辺を歩いてみます。
手入れの行き届いた綺麗な公園として整備されています。

緑も多く、蘇公塔を少し遠目から写してみると、まさに絵はがきのような景色。

蘇公塔全体

「トルファンますます気に入った!」スマイル


まだまだ、続くトルファンです♪






Last updated  2007.06.16 22:00:39
コメント(10) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.