3638824 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

中国茶と韓国スイー… みん1001さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん
そらいろ茶(sorairo… ニココ3628さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2022.08
2022.07
2022.06
2022.05
2022.04

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2007.11.19
XML
カテゴリ:お茶
台湾旅行記に復帰する予定・・・だったのですが、ここ1,2週間、少々体調不良です。
季節の変わり目ですかねぇ。。。(-_-;)

ということで、今日は少しライトに。

お茶好きな方のところでいろいろ話題になっている、雑誌を今日購入しました。


Coyote

発売日以来、買おうと思って探していたのですが、なかなか見つからず。


雑誌の傾向からして、BRIOとかEsquireとか、あるいはサライあたりと同じところにあるのでは?と当たりをつけて探していましたが、どこの本屋さんにもなく。

・・・と、今日も本屋さんでウロウロしていたら、なぜか、NHKの語学テキストの横で発見((((((^^;


旅雑誌なのに何故?(苦笑)


早速、帰りの電車の中で読んでみたのですが、写真も臨場感たっぷりで素晴らしく、文章も面白いです。

武夷山で製茶体験の話もあれば、サントリーの烏龍茶の話、茶馬古道の旅行記などなど。。。

中国茶好きなら、思わず身を乗り出しちゃいそうなネタばかりです(^^;)


個人的には、茶馬古道の話が特に面白かったです。
産地の易武から、香格里拉(シャングリラ)まで茶馬古道を追って、旅をする内容なのですが、まあ普通の人は行かないような、ど田舎です(苦笑)
なかなか読めない紀行文だと思います。

私、こういう歴史的な道ものには弱いんですよねぇ。。。
#そういえば、シルクロードの旅行記も止まったままだった(汗)


私、次の中国旅行の候補先は、

・武夷山(時期は迷いますねぇ)
・四川省(九寨溝とパンダとお茶)
・雲南省(大理・麗江、それから無茶は承知で西双版納・・・)
・黄山

かと思っていたのですが、これを読んだら、体力のあるうちでないと厳しそうな雲南省か?と思い始めてます(^^;)

恐るべし、雑誌の力!


いずれにしても、中国茶フリークな皆様は、一読の価値のある雑誌だと思いますスマイル
#読んでいると、お茶の説明部分は心許ないこともたまにありますけどね...

さて、久しぶりの今日のお茶ですが...

今古茶籍の正岩水仙

・・・雑誌に影響されて、お茶まで岩茶になってしまいました(^^;)

だって、読んでると美味しそうなんですもの。。。


今古茶籍さんで試飲させてもらって買ってきた、正岩水仙。
今年の新茶です。
いつもながら、簡さんの選ぶお茶は「お見事!」なのですが、雑味のないクリアな水仙。

正岩水仙茶水

水仙は、武夷岩茶の中では量産品種ということもあってか、何だか生っぽい水仙とか、気の抜けたようなものに結構出くわすのですが、これは力強いぐらいの豊かな味わいにも関わらず、バランスが破綻していない美味しいお茶です。
茶葉の質もさることながら、仕上げも良いのだと思います。

値段はちょっとお高いですが、さすがは正岩茶。
武夷山のパワーがしっかり感じられます♪

季節の変わり目に、岩茶は、やはり最適なお茶かもしれません。
エネルギーをいただけます。

今日のお茶:正岩水仙(今古茶籍)







Last updated  2007.11.19 23:06:42
コメント(20) | コメントを書く
[お茶] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.