3163372 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都渋谷区 フグレ… New! 高橋銀針さん

4月の中国茶教室はお… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2007.12.22
XML
カテゴリ:旅行
木柵の茶畑を後にし、台北市内へ戻ります。

向かった先は・・・

じゃん

小籠包

定番ですが、鼎泰豊でございます。

小籠包様でございます。


今回、行ったのは本店。
思いっきり日本人専用フロアに通されました(^^;)


さて、どこの料理店も、本店が一番美味しい!というのは、確かにその通り。
腕利きのシェフは、本店にいるものですからね。

鼎泰豊

でも、鼎泰豊の本店は店の構造が複雑すぎるのです。
専門家的?に言うと、「店の作業導線がなっていない」というのが正直なところ。
そのため、小籠包が出てくる時の温度がちょっと低い?ような気がします。

そんなこともあって、小籠包は、ちょっとイマイチだったかなぁ。。。
#そもそも小籠包だったら、私は鼎泰豊より、飛行機に乗り遅れそうになっても上海の南翔饅頭店の方が好きなのです(^^;)

でも、ここの海老チャーハンはやはり美味しい(^^♪

こんなことを言ったら怒られそうですが、鼎泰豊に行ったら、是非、注文いただきたいのは断然、海老チャーハンです(笑)


鼎泰豊 本店
住所:台北市信義路二段194号
TEL:(02)2321-8927、(02)2321-8928
営業:月曜~金曜10:00~~21:00 土日祝 09:00~21:00




さて、「連れて行ったお店が今ひとつだった」というのは先生的には許せなかったらしく(^^;)、このあと口直し?で夜市へ向かいます。

先生:屋台のもっと美味しい小籠包を食べさせる!!
↑私の知る限り、良い意味で典型的な台湾人です

ということだったのですが、本音を言うと

それより、早く眠らせて~

だったことは、おそらく参加者の皆様同じだったと思います(苦笑)
この時点で、36時間ほど起き続けている!状態ですからね((((((^^;


そんな気持ちを思いやってか、台湾の空は私たちに優しい。

猫空までは、かなり良い天気だったのですが、雨がポツリポツリと降り出し、結局、軽く夜市巡りで済ませることに。

・・・どうやら、今回の旅行はトコトン参加者の気持ちに応えてくれる天候だったようです(笑)


そんなわけで向かった先は、寧夏路夜市。

写真を撮り忘れたので、詳しいことは台北ナビでご覧頂くとして、この夜市をブラブラと歩きます。


円環から民生西路へ向かって歩いていったのですが、そこで台湾の夜市の様子を先生の解説付きで見学。日本でも店舗があるヒゲ張魯肉飯の本店もここにあります。


今回ご紹介したいのは、そこからちょっと外れますが、【虫可】仔煎(牡蠣オムレツ)の美味しいお店。肝心のお店の名前は忘れてしまったのですが・・・((((((^^;


場所は、寧夏路夜市を歩いていくと、民生西路に出るのですが、そこを右に曲がってすぐのところにある【虫可】仔煎の専門店。建物の中にお店があるのですが、通りにテーブルをズラズラ並べているので、行けばすぐ分かると思います。

ここの【虫可】仔煎は美味しい!

おあじぇん

なんでも地鶏の玉子を使ったりと、こだわった材料を使っているようで、士林の夜市で食べるものとは、味が段違いに美味しい(^^♪
ここはおすすめです。


民生西路の【虫可】仔煎の店
住所:民生西路と寧夏路の交差点付近。
民生西路をMRT雙連駅方面に向かった夜市側にあります。



美味しいお店を紹介できて、先生も納得された?のか、長い長い一日はこれで終了。

明日は、坪林に向かい、そのあと九【イ分】に向かいます。

続く。

人気ブログランキングへ
次は茶葉料理をご紹介♪






Last updated  2007.12.23 00:31:34
コメント(14) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.