3158453 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

生きている珈琲 New! 高橋銀針さん

2020年4月『葉蝉会』… 上海小町さん

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2007.12.27
XML
カテゴリ:旅行
茶葉料理を十二分に堪能したあと、バスは坪林の山の中へ入っていきます。

茶畑の見学です。今日は、ちとマニアックですな(^^;)

まずは、坪林の代表的な品種である、青心烏龍種の茶畑を見ます。

青心烏龍の茶樹

青心烏龍の茶樹

青心烏龍(せいしんうーろん)種は、台湾の烏龍茶品種としては、高級品種だと言えると思います。
香り、味ともに厚みを持っていることが特徴で、多くの高山茶はこの品種を使っています。
また、以前実験しましたが、やはり文山包種茶はこの品種を使ったものの方が美味しいです。

青心烏龍は、台湾が誇れるチャの品種といえると思います。

青心烏龍茶葉

しかし、良い品種とはいえ、この品種ばかりを栽培するわけにはいかないんですね。
農家の事情が色々あるのです。
#茶業に携わる人手不足が深刻なので、できないのです。


さて、肝心の茶畑ですが、こんな感じで山あいに広がっています。

坪林の青心烏龍の茶畑1

坪林の青心烏龍の茶畑2

坪林の青心烏龍の茶畑4

坪林の茶畑の特徴は、ご覧のように、森林などの自然環境を残しながら、小規模で茶畑を展開していくことにあります。
小規模なので、当然、生産性は落ちますが、自然と共生させながら、大切にお茶を育てています。

これが、安渓だったら、ひと山全部鉄観音にしちゃうでしょうね(^^;)


また、茶畑の畝にも特徴があります。

坪林の青心烏龍の茶畑3

少し弧を描くように木が植わっているのが分かりますでしょうか?

真っ直ぐの方が機械を入れる・作業をするのには都合がよいのですが、それだと、台風などが来た時に、風が真っ直ぐに通り抜けてしまい、被害が大きくなってしまいます。そのため、こういう形状になっているのだとのこと。これまた、農家の知恵だと思います。


次に、ちょっと移動して、金萱の茶畑です。

坪林の金萱の茶畑

先ほどの青心烏龍の茶畑は、少し深い緑色でしたが、こちらは少し明るい緑色をしています。

金萱(きんせん)は、台湾の茶業試験場で改良された品種です。別名・台茶12号ともいいます。
茶の品種改良には、本当に時間がかかります。30数年ほどの時間がかかったそうです。
青心烏龍よりも早めに茶摘みができ、病虫害に強く、1本の樹あたりの産量も多いという特徴があるため、農家にも歓迎される品種です。
飲み手にとっても、独特のミルクのような香りがあることで知られています。
#心無いお店で買うとバニラエッセンスでもかけたようなのにぶち当たりますが、あれは着香です。


金萱の茶葉

金萱の茶葉

青心烏龍と比べると、茶葉の形も少し丸っこいです。
新品種でも、金萱は特に丸いので分かりやすいかも。


先生:これで、青心烏龍と青心大有、金萱、翠玉、鉄観音と5種類見たから、もう茶葉を見たら見分けられるね


いや、そりゃまだ難しいですわ(^^;)

・・・先生はお茶を教える時は、かなりスパルタです。


次は山を越えて、九【イ分】に向かいます。

続く。

人気ブログランキングへ
5種類見分けられますか?







Last updated  2007.12.28 04:12:49
コメント(12) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.