3158520 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

生きている珈琲 New! 高橋銀針さん

2020年4月『葉蝉会』… 上海小町さん

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2008.05.07
XML
カテゴリ:旅行
台湾2日目です。
ホテルをチェックアウトして、桃園駅へ向かいます。
大渓へ向かうバスが駅の近くから出ているはずなのです。

桃園駅前

・・・が、駅のこちら側(正面側)には見あたりません(-_-)
駅に向かって左の方に地下通路があるので、そこをくぐって反対側(駅裏)に出てみます。

ガラーンとひらけています。

桃園駅裏

一見すると何も無さそうなのですが、地下道を出てファミリーマートの見える交差点を越え、真っ直ぐにズンズンと歩いていくと、右側の方に桃園客運のバスターミナルがあります。
#と簡単に書きましたが、実は30分ぐらい探し回った(汗)

桃園客運バスターミナル

ここからバスに乗って出かけるのです。


ところで、桃園は工業の街です。
そのためなのか、東南アジアからの出稼ぎ労働者が多いようです。
タイ、インドネシア、ベトナムetc...そうした東南アジアの国々の人向けのレストランやお店が駅裏には多くあります。

桃園のアジアンタウン

意外と探検してみると面白いかも。
駅前と駅裏をつなぐ地下道にも見慣れぬ文字(タイ語)が書いてあったのも、そういう人たちが多いからなんでしょうね~


さて、バスターミナルへ入って、料金表を確認。

バス料金表

ズラリと色々な行き先が並んでいますが、大渓までは42元です。
大渓終点のバスが多いので、乗り越しの心配もなく、初めてでも安心ですね(^^)
#台湾初心者歓迎の当ブログです♪

行き先方面別に乗り場が分かれていますが、大渓は一番右側のレーン。
42元を握りしめ、バスに乗り込みます。
週末ですので、結構乗客は多いようです。それでも横入りせず、きちんと並んでくれるんですね。大陸では、こうはいきません(((((^^;
#釣り銭が出ないので、ターミナルには100元札を小銭にする両替機が置いてあります。

乗り込む際、運転手さんに明るく「大渓站ね」と伝えてお金を料金箱に投入。
引き替えにこういう札をくれます。

大渓行き乗車票

大渓までの乗車票です。これを下車するときに渡すんですね。
自分が料金を払ったことの証明になるわけです。


今回のバスはこんなタイプです。

大渓行きのバス車内

一般の路線バスなので、色々なバス停に止まりながらバスは走ります。

台湾の車は右側通行。土地勘のない場所に行くときは、右の窓側に陣取るのが安心です。バス停の名前が見えるので、今、どの辺なのか確認できますから(^^)

50分程で、終点の大渓バスターミナルに着きます。ちょっとした小旅行ですね。


さて、これから見ていく大渓(ターシー)ですが、ぽっくんママさんが詳しく紹介されています。
その写真に感化されて、今回向かうことになったのです(^^ゞ
#余談ですが、北京語の発音を表現するのは難しいのです。大渓もdasiと表記されますが、大の字を「ダー」と読んで表記するのは、どうにも抵抗があります。それでは多分通じないのです・・・。実際には「ダー」より「ター」に近いと思うので、以下そう記載します。まあ、私の発音は限りなく南方系なので当てになりませんがね(^^;)

大渓の街について、少しご紹介しておきましょう。

リンク:大渓鎮公所

大渓は、台湾北部の桃園縣にあります。
台湾の玄関口・桃園国際空港と同じ縣ですね。
空港は海岸線に近いところですが、大渓は内陸へ入っていきます。台湾の中央山脈の近くです。
清朝時代から、家具などの木材産業で大いに栄えた街です。


山に近い内陸にも関わらず、大渓が栄えた理由。
それは水運にあります。

大渓から、さらに山へ入ったところに復興郷というところがあります。
ここは台湾の中央山脈の西側に位置し、質の良い木材の産地です。
#鎮が「町」だとすると、郷は「村」ぐらいの行政単位です。

昔は復興郷から木材を切り出し、大渓に集め、家具として加工していました。
大渓は、大漢渓という川に面しており、ここに港があったのです。
大漢渓は淡水河の支流。そのまま川を下っていけば台北、そして海へ出られます。
輸送に便利な土地だったんですね。

清朝時代、当時の主力交通手段は船だったので、川に面し港が築かれた場所は大いに栄えました。
現在の台北の迪化街や重慶北路のあたりに老舗のお茶屋さん・お茶問屋が多いのは、あの一帯が淡水河に面した、お茶の積み出し港になっていたからです。


清朝・日本統治時代までは大いに栄えた大渓でしたが、戦後、石門水庫というダムが大漢渓の上流に建設されると様子が変わります。
大漢渓の水位は低下し、水運に利用することができなくなってしまったのです。
こうして、街は一度衰退します。


しかし、大渓には当時の栄華を忍ばせるような建物がよく保存されています。
その街並みの素晴らしさが多くの人に認められ、現在では大渓老街(「ラオチェ」と読みます。昔ながらの街というぐらいの意味です)を多くの観光客が訪れるようになり、特に週末は大変な賑わいを見せています。
私が出かけたのも日曜日。かなりの人出でした(^^;)


日本でも結構紹介されていまして「あいのり」のワゴンがこの街へ来ましたし、以前紹介した映画『風を聴く~台湾・九イ分物語~』の主題歌でもある一青窈の「大家」。このプロモーションビデオのロケ地でもあります(YouTube・Yahoo!動画などで探してみてください。石畳の階段や街並み、建物が大渓です)。


歴史的街並みが見られる大渓の街。
それは、到着したばかりのバスターミナルの正面にも見ることができます。

大渓バスターミナル前

今は電気店になっていますが、歴史ある建物がそのまま活かされていますね(^^)
これはまだまだ序の口。大渓には、こんなバロック式建築がたくさんあるのです。

というわけで、次回は大渓の街並みをご紹介します♪


人気ブログランキングへ
旅行は駆け足、旅行記はゆっくり~






Last updated  2008.05.07 21:53:02
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.