3162985 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

4月の中国茶教室はお… 上海小町さん

東京都渋谷区 Bojun… 高橋銀針さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2008.05.25
XML
カテゴリ:旅行
実質2日目なのですが、早くも実質最終日。
何しろ明日は朝5時!に台北を出発しなければなりません(((((^^;

そんなわけで朝から早速、行動開始。
しかし、台北はあいにくの雨です(-_-)


まずは迪化街に向かいます。
サクッと買い物を済ませるために、いつも出入りしている益興蔘薬行へ・・・

と思ったら、お店が移転していました。
民生西路沿いの彰化銀行の横に移転しています。

益興蔘薬行

ここで、ドライマンゴーを4斤と瓜子1斤、お土産用の工芸茶を購入。
#1斤は600g。さらっと書きましたが、これだけで3kgも荷物が増えてるんですねぇ。。。

ちなみに、私が台湾で買ってくるドライマンゴーは、日本で売っているモノとは、かなり違います。
台湾のマンゴーの中でも、もっとも糖度が高い、アップルマンゴー(愛文芒果)を半生状態に乾燥させたものです。

ドライアップルマンゴー

ドライアップルマンゴー

これがとにかく美味いのです(^^♪
アップルマンゴーは、宮崎産もあり、東国原知事のおかげで大分有名になりました。
あの甘さと香りをご存じの方は、話が早い。

あの生のアップルマンゴーの香りと味が、乾燥させた分だけ、もっとギュッと濃縮したような味です。
そして、半生なので、果物のフレッシュさも感じられます(だから、冷蔵保存しなければいけません)。
一度食べると、忘れられないらしく、私の周りでは、かなりの確率でヒットしています♪

いやー、文章で表現できないのがつらい(^^;)


ただ、その甘さの分だけ、結構、材料のセレクトや加工が難しいみたいで、中にはちょっとえぐみが入ってしまっているようなものもあったりします。
だから買うときは試食が肝心です。
ここのお店の小姐は、少し日本語ができ、とにかく色々試食させてくれます。
初めて迪化街に行かれる方には、オススメかもしれません。

日本茶 日本茶 日本茶 日本茶

サクッと購入して、さて次の店へ。

民生西路を東へ。MRT雙連站方面へテクテク歩き、重慶北路を右に折れます。
やってきたのが、こちらのお店。

有記名茶

有記名茶

お茶の作り方などが紹介されている公園、朝陽公園の前にあるので、すぐに分かる場所ですね。

朝陽公園のお茶の作り方案内板

このお店も、台湾の老舗茶荘として有名なお店です。

外観は古い建物なのですが、店内に一歩入ると今風の内装。
試飲台もきちんと整備されています。
観光客向けにしたのかなぁ。。。

日本人がやってきた!と気づいたのか、お店の小姐、

Can you speak English?

と聞いてきました。
英語で”発酵”だの”焙煎”だの言われても困る(^^;)ので、多少は専門用語を覚えてきた國語で会話します。


最初は高山烏龍茶を試します。
高山茶は飲み慣れていますから、これで茶荘の腕試しですね。
#我ながら嫌な客だ。。。

清香と濃香のどちらが好きか?

と聞かれたので、こりゃ面白い!と思って、「濃香」と答えてみました。
少ないですからね、濃香のお茶って。

お店の小姐によれば、濃香の方が、発酵も焙煎も強いとのこと。


確かに、清香系のお茶の方が、爽やかさと香りの高さは良いと思うのです。
人気があるのも良く分かります。それはそれで、私も美味しいと思います。

が、烏龍茶(※)として見ると、発酵度がある程度高い方が、香りの複雑さが増して烏龍茶らしいと思うのです。
※この場合は伝統的な凍頂烏龍茶的製法から発展した高山烏龍茶などの台湾烏龍茶、特に青心烏龍品種のものという意味です。

それこそ文山包種茶みたいな発酵の浅い高山烏龍茶もありますが、何だかそれでは気が抜けている気がするのです。
決して美味しくないわけではないのですけれど、烏龍茶と名乗るからには、それなりの発酵度で複雑に変化する香りを楽しみたいと個人的には思うのですね。

・・・うーん、意翔村の陳さんの影響を、私もかなり受けているようです(^^;)


ちなみに、どこの山のお茶なのかを聞いてみたのですが、小姐は「台湾の中部」としか教えてくれません。
阿里山か?杉林渓か?と具体名を挙げましたが、どうも、その都度その都度で入ったお茶を焙煎して作っているお茶のようで、産地は詳しく出せないようです。


こういう姿勢をどう見るか?ですが、私は老舗の茶荘だったら、当然だろうと思います。

というのも、老舗の茶荘は、いつの年でも平均した味わいのお茶を出すことが存在意義になっています。
同じ金額のお茶でも、今年は特に美味かった、今年は全然ダメだった、ということは、大量に販売する立場では困るわけです。
そりゃ季節で多少の上下はあるでしょうが、一定水準の範囲内に味のブレを収めること。これが要求されるわけです。

だから、ブレンドなどをして、味を調整し、レベルを維持します。
これはお茶の世界なら当たり前のことです。
大手にとっては、ブレンド技術こそが金を生むノウハウなのです。

これが老舗の茶荘の強みでもあります。値段なりで、ハズレが無いということです。
#逆に言うと弱みでもあって、感動するほど美味いお茶には当たりにくいんですね。もちろん、全然無いとは言いませんけど。そういうお茶は、道楽でやっているような店主のお茶屋さんで探すべきです。同じお茶屋さんでも、ビジネスモデルが違うわけです。比較はかわいそうです。

問題なのは、平均的なレベルがどの程度なのかです。
そこの方が肝心。

・・・ということで試飲。

時計を横に置いて、時間をきっちり計って淹れています。
ただ、洗茶して早めにお茶のピークを持ってくるようなことはなく、

このお茶は4煎目が特に美味しいでしょう

というようなことを言ってくるので、好感が持てます。
お茶自身の力をきちんと試させるというか、茶葉の実力をきちんと見せてくれます。
#私、煎によるお茶の味わいの変化を見るのが好きです。だから、どうしてもダラダラ飲みになるのですが。


このお店、特に焙煎については自信を持っているようです。
試飲スペースの奥には、焙煎を行うスペースがあり、小姐に案内してもらいました。
炭火焙煎用の籠がズラリと並んでいます。

いまだに炭火焙煎にこだわっているんですね。
手間がかかる上に、難しいので最近は少なくなっているそうなのですが、この茶荘の規模でやるというのは凄いことです。


その後、既に新茶が揃っているであろう、文山包種茶をリクエスト。
試飲してみると、爽やかで清々しさがあり、生っぽさも少ない。
特別にズバ抜けているわけではないけれど、とりあえずこれもキープ決定♪


さて有記名茶には、焙煎のマジックが感じられるお茶が、まだあります。
試飲台の横に、見慣れない名前のお茶があります(実は知ってましたけど)

あ:これ、どんなお茶?

小姐、「待ってました!」と言わんがばかりでした(^^;)

有記名茶の奇種烏龍茶

奇種烏龍茶

有記名茶のオリジナル茶なのだそうです。
文山包種茶を伝統的な武夷の製法を再現して作ったのだ、と言います。

伝統的な武夷の製法・・・それは岩茶か?
だとすると・・・

あ:発酵度は文山と違うの?

いや、発酵度は変えずに、焙煎をしっかりかけたのだと言います。もちろん炭火焙煎。


試飲させてもらいます。

驚くことに、水色が全然違うんですね。

で、文山とは思えない、果物っぽい香りなんです。
でも、飲んでみた飲み口から考えると、確かに発酵から来ているモノではないんですね。
ふーむ、不思議なお茶です(^^)


さっき飲んだ文山包種茶と比較しながら飲んでみると面白いかも。
焙煎の効果の勉強になりそうです。

さらに言うと、現段階では少し焙煎の火の香りも感じるので、半年ぐらい落ち着かせた方が美味いかも・・・

というわけで、これも購入決定。
ここは半斤ずつのパックで販売しているので、この店だけで1斤半買いました(^^;)


その他、店内には小型の電熱焙煎機も置いてあって、思わず買いそうになったのですが、ホテルに置いてきた荷物の山を思い返し、すんでの所で思いとどまりました。危ない危ない。。。

このお店は、伝統的な炭火焙煎のお茶に興味がある人には、ルートに加えても良いお店だと思います。

有記名茶
住所:台北市重慶北路2段64巷26号
TEL:(02)2555-9164
営業:09:00~20:30
休業:毎月第2・4日曜休業
http://www.wangtea.com.tw/




(後日談)
実は、早速、焙煎の違いを比べてみようと思って、インスト仲間の勉強会で飲み比べました。
水色の違いが圧倒的です。

烏龍茶水色比較

左が濃香烏龍茶、右は別の老舗茶荘の高山烏龍茶。

文山奇種水色比較

左が奇種烏龍茶、右がここの文山包種茶です。

全然違うお茶ですよね(^^;)
この様子は、面白いので旅行記が終わった後にでもアップします♪


人気ブログランキングへ
なにげに教材仕入れてます(^^;)






Last updated  2008.05.26 01:09:48
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.