3155980 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都江東区若洲海… New! 高橋銀針さん

台湾茶会@桜樺苑さ… 上海小町さん

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2008.05.29
XML
カテゴリ:旅行
上園茶荘に出かける前に、ご飯を食べなければ行けません。
そこで、途中にある農安街の丸林魯肉飯で軽く食事をしていきます。

魯肉飯とハマグリスープ

魯肉飯とハマグリスープ

ここの魯肉飯はフツーに美味しいのです。
上園の前後に寄るには最適の場所にあるので、思わず寄ってしまいます。


丸林魯肉飯 本店
住所:台北市農安街105号
TEL:02-2594-2396
営業:10:30~21:00(旧正月は休み)


※民族店の方が良く紹介されているようです。本店はローカルな店構えです。


日本茶 日本茶 日本茶 日本茶 日本茶

さて、やってきた上園茶荘。
当ブログをご覧頂いている方には、お馴染みですね(^^;)

今日も林さんは店にいません。
日本のゴールデンウィークなのに、お客さんが少ないようです。
観光ガイドブックには載ってないから、知っている人以外、来ないんでしょうねぇ。
#このブログが、お客を減らしていたらどうしよう(汗)


昨日と同じように、お店の入り口に書いてある電話番号に電話してみます。
今日は携帯に転送されると、あっさり繋がりました。

あるきち:こんにちは。お店の前にいるんですけど

林さん:今、すぐ行きますから、待っててください


と、待つこと5分ほどで自転車に乗った、林さんが到着。
只今、午後2時です。

相変わらず、お店は雑然としています。
#このおかげで、サンプルを出すたびに、あちこち探し回り、それをしばらく待つ羽目になります(^^;)

上園茶荘


あるきち:どうですか、今年の春茶は。

林さん:良くないね。天候の問題。梨山はこれからだけど、この分だと難しいかもしれないね。


とのこと。うーむ、ここのお店では冬茶を狙うしかないか。
#1つのお店で「今年は良い」「今年は悪い」というふうに言われても、どんなときにも良いお茶は必ず少量はあるので、全面的に鵜呑みにするべきではありません。


林さん:サンプル届いたのあるから飲んでみる?

ということで、テイスティング開始です。
上園茶荘は、本当にいい加減な(←失礼)淹れ方をします。

奥の湯飲み茶碗に茶葉をパサッと放り込んで熱湯を注ぎ、しばらくしてから、手前の器に移す。
これを茶杯に取り分ける。
それだけです。茶藝の先生が見たら、卒倒しますね(^^;)

上園テイスティング中

こういう淹れ方なので、鑑定杯とほとんど一緒です。誤魔化しがききません。
茶葉自体に問題があれば、即座に味に出てしまいます。
ある意味、茶葉には厳しい淹れ方です。茶葉の本当の実力が分かると言いますか。

しかも、これで7,8煎試します。下手をすれば10煎以上。
サラリと淹れるとはいえ、茶葉にとっては過酷な耐久レースです(^^;)


最初に阿里山のお茶を2つばかり飲みました。
林さんはどちらも納得していないものだそうです。

1つは、割と悪くないです。
特筆するべき程ではないですが、バランスは悪くない。
でも、買えませんね、このレベルでは。味わいに厚みが足りないのです。


しかし、もう1つは・・・

あるきち:これ、発酵が足らないですね。味わいも香りも薄い。包種茶みたいな軽さですね。

林さん:天候だね。曇っていて、萎凋が十分にできなくて発酵が進まなかったんでしょ。


うーむ、発酵が浅いという現象面の指摘だけだと、回答としては30点ですね(^^;)
生産時の状況まで突っ込まなければダメでした。
#私、このお店にいるときは、極力「何も知らないヤツだ」と思われないように振る舞います。なぜなら”意味分かる~”攻撃を受けたくないからです(^^;)。しかし、その副作用として、以後、話がどうしてもマニアック(専門家的)になります。読んでいる皆様、ご容赦を。


どうやら茶摘みの日は天気が悪かったようです。
お茶を飲んで、こういうところをズバッと指摘できるかどうかが、茶商のポジショニングに繋がります。
これが重要なんだよなぁ。


さて、私らのような素人が「天気が悪い日に製茶した」と聞きますと、

そんなもの天気を見て、天気の良い日に茶摘みをすりゃいいじゃないか

と単純に思ってしまいますが、茶農家の現実を知ると、それがただの理想論・机上の空論であることが分かります。


台湾のお茶業界は、茶摘み人の人材難に陥っています。
茶摘みという仕事は、急な傾斜面を上り下りしながら、手摘みで茶を1つ1つ取っていく仕事。
暑いですし、虫も多い。キツイ労働です。それでいて、給料も高いわけではないので、若い人は誰もなりたがりません。
新しい人がなかなか入ってこない世界ですから、茶摘みをする人は、年々高齢化・減少傾向にあります。熟練した茶摘み人の絶対数が、年々減っているのです。

そのため、毎年必要なだけの茶摘み人を確保することが、茶農家にとっての悩みでもあります。
人が足らないなら、家族で何とかしろとも思いますが、茶農家自体も高齢化していますし、子供たちは都会に働きに出ていたりしますから、家族で何とかなるようなレベルではないのです。
日本と一緒で、そもそも大家族は少なくなっていますし。


そんな人不足の状況ですから、茶摘み人たちは当然予約制です。
茶農家は茶葉の生育状況を見て、茶摘みに最適であろう日を予測し、「何日に茶摘みに来てくれ」と前もって予約を入れておくわけです。

ですので、茶摘み人たちと契約した日が天候の悪いときに当たると、究極の選択をしなければなりません。

茶摘みを決行するか、見送るか

です。

しかし、見送るとなると、それはそれで問題があります。

次に茶摘みの人たちが来る日程は分からないのです。
茶摘みシーズンの茶摘み人は、売れっ子芸能人のようなスケジュールですから、次にやってくる頃には伸びきってしまって、収穫のタイミングを完全に過ぎてしまっているかもしれません。
そうなったら、まともな商品になりません。茶農家は大きなリスクを抱えることになります。


だから、天候が悪いときでも無理して茶摘みをして、製茶してしまうわけです。

しかし、そうなると美味しいお茶に仕上げるのは困難になります。
たとえば雨が続いている時であれば、当然、茶葉の中の水分量は標準よりも多めになってしまい、味や香りが薄くなります。水分で成分が薄められてしまうわけです。

さらに製茶の環境を考えても、天気が悪いと最悪です。

雨や曇りであれば、日光萎凋に重要な日光を得ることも難しくなります。
さらに、湿気も多いため、茶葉の水分を飛ばしにくく、室内萎凋も難しくなります。
こうなると、こもった香りのお茶に仕上がってしまいます。
卑近な言い方をしますと”部屋干しで生乾きの洗濯物”をイメージすると良いかもしれません(嫌な例えだ・・・)。
味わいと香りの透明感が無くなってしまいます。

日光萎凋や室内萎凋・発酵といった烏龍茶の大事な製造工程は、天候が悪いと難しいのです。
製茶の体験が、こういうところで効いてきます。一度やっていると、感覚でスパッと理解できます。


対策としては、空調コントロールされた製茶工場で製茶をする(いわゆる空調茶)とか、茶師のテクニックで何とかする、ということになりますが、それとて限界があります。

結局のところ、天候という天の恵みがなければ、いかなる良い茶産地、良い茶師をもってしても、美味しいお茶にはならないのです。
これが農作物である、お茶の大変難しいところです。

だから、お茶の製造工程を知っている・現地の状況に精通している人ほど、「産地名や茶師の名前だけでお茶を選ぶことはナンセンスだ」ということを言います。

しかし、難しい反面、お茶は正直です。
お茶作りの全ての結果は、味や香り、茶殻の様子にストレートに出てしまうのです。

もちろん、茶藝のテクニックや器の選択をすることで、お茶の欠点はある程度までカバーすることは可能です。それが茶藝の面白みでもあります。

しかし、上園みたいな淹れ方をされると、悪い部分は、明確に出てしまいます。
この飲み方は本当に厳しい。しかし、本当に良いお茶を見極める、確かな方法です。
#お茶の限界点・問題点を見極める技術が“評茶”なのです。この話は、また別の機会でご紹介しましょう。


「こういう農家の事情をきちんと知っていないと、良いお茶は仕入れられない」と林さんは言います。
私もそう思います。


いくつか春茶を試飲しましたが、どうもピンと来るものがなかったので、「うーん」と不服そうにしていると、林さん、冬片と不知春を出してきました。
#どこのお茶屋さんでもそうですが、客のレベルを見ているようです。美味しくないので満足していれば、そこで打ち切るわけです。合理的!

あるきち:これは、どこのお茶ですか?

林さん:梨山と同じぐらいの標高のところ

あるきち:というと?

林さん:梨山は土壌が古くなってきているので、新しいところを開拓しているの。翠巒というところなんだけど。

#林さんは、土壌が新しい程、良いお茶が出来るという考えの持ち主です。

あるきち:ああ、梨山の山を越えた南側ですね。梨山は台中縣ですけど、翠巒は反対側だから南投縣になるんですかね。

林さん:そうそう



試してみると、この2つは、とても美味しいのです(^^♪

冬片の方はじっくりとした甘さがあります。
発酵も上手く行っていて、少し蜜っぽい香りも感じます。
うーん、これは、あるきちのストライクゾーンど真ん中ですね(^^)

一方の不知春(今年の初めに摘んだお茶)は、爽やかさのあるお茶です。
引っかかるところの無いスムーズなお味。
林さんは、よく「上品さがあるでしょう」という表現を使いますが、まさにそんなお茶です。品があるのです。


林さんは、春先のお茶よりも冬茶、冬片、あるいは不知春を好みますが、その理由は先に挙げたように天候の問題も大きいと言います。
これらの時期の方が、気候が安定しているので、良いお茶になる確率が高いということだそうです。
#あくまで1つの考え方として、私は受け取ります。1人の先生が絶対に正しいということは、お茶の世界には無いのです。あれもこれも正しいのです(そう思わないと、やってられません)。

この2つのお茶は、それだけでもかなりのレベルなのですが、お茶の世界はさらに深く広いことを、このあと思い知るのです。

上園茶荘の話は長いので、続く。


人気ブログランキングへ
え、話がマニアックすぎますか(^^;)






Last updated  2008.05.29 00:45:45
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.