3156154 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都江東区若洲海… New! 高橋銀針さん

台湾茶会@桜樺苑さ… 上海小町さん

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2008.08.10
XML
テーマ:中国&台湾(3212)
カテゴリ:旅行

北京オリンピック記念で、シルクロード旅行記を再開します♪
いや、色々な事件が起こっているので、ウイグル族の暮らしぶりを見て頂きたいのです(^^;)
#それは単なる言い訳で、単に忘れていただけという説もある。

2005年8月末から9月始めに行った旅行記の続きです。(今までの一覧

美しい蘇公塔を訪問したあと、トルファン市内に戻ります。

ドライバーと一緒に、ウイグル族しか来ない食堂で簡単な食事をとります。
マントウと野菜と羊を煮付けた簡単な食事。
しかし、これが美味しかったのです。私はウイグルに向いているのかも(^^;)

トルファン葡萄棚の道

そして一旦、ホテル近くにある観光タクシーの事務所?に戻るのですが、ここでドライバーが交代。
どうも12時間ごとに一台の車を使っているようです。
少し気が弱そうな、いざとなれば喧嘩すれば勝てるかなというような(おい!)、気の良いドライバーだったのに、ちょいと残念。


代わりに乗り込んできたのは、ちょっとでっぷりとしたドライバー。
大丈夫かなぁ。。。

そして、うろうろしていたウイグル人たち(おそらく同僚でしょう)6人ほどに車を取り囲まれた!


な、何、この人たち?


顔の彫りの深いウイグル人。
これに取り囲まれると、さすがに、ちょっと恐怖です(汗)


と、その中のボス格と思しき人間が寄ってきて、思わぬ発言をしてきた。

ボス:日本人?よくここまで来たねー。留学生?(日本語)

・・・恐ろしく流暢な日本語!?。こいつは、いったい何者だ?

あるきち:いや、観光です。(警戒心ありあり)

ボス:あー、疑ってるね。僕も、日本人だよ。

・・・この上なく怪しい。
彫りが深くて、日焼けしていて、どー見たってウイグル人なんですよ。

疑り深い、あるきち。
隣に座っているドライバーに北京語で尋ねる。

あるきち:彼、ホントに日本人?

ドライバー答えず。。。

ボス:なーに、疑ってんの。ホントに日本人だって。トルファンが好きになっちゃってね、ウイグル人と結婚してこっちにいるの。トルファンは良い街だよー。もう14年も住んでると、ウイグル語もペラペラになっちゃってね。見た目もウイグル人みたいになっちゃったよ。

・・・どうやら、本物の日本人らしい。

ボス:ふーん、でも中国語できるんだね~。大したもんだよ。

あるきち:大したことないですよ。だって少しでも分からないと、さすがにここまでは来られないでしょう?

ボス:ここに来る日本人の中には、中国語どころか英語も全然できずに来る人もいるよ。個人旅行で。よく来るよね。でも、トルファンは安全だから大丈夫。



なーにが大丈夫なんだか。


このあと、このボスの正体が分かる。

ボス:この後、どうする?1泊しかしないんでしょ。2日あれば、アイディン湖とかにも行けるのに。1日だったら、市内観光だけでも良いけど、どうせこんなところまで来るのは一生に一度だろうから、せっかくだから砂漠を見て行きなよ。夜まで砂漠にいると、きれいだよー。夜の食事代も全部込みで700元で良いよ。

あとでドライバーに聞いたところによると、この日本人は老師(先生)だと言っていた。
どうやら、観光タクシーのやり方を教えているらしい。
ツアー会社の社長みたいなもんだと思われる。要はこのドライバーたちの胴元である。


それにしても、700元というと、日本円で1万円強。
確かに砂漠は見てみたい。
魅力的な提案だが、あいにく手元に人民元がない。

断ろっかなー、とあーだこーだ言っていたら、ウイグル人ドライバー軍団がズズッと車に近寄ってきた。


・・・これは、断れる雰囲気ではない。。。(-_-)

しょうがないので、ちょっと交渉した。
翌朝、ウルムチに行くから、バスターミナルまで送ってくれ。
そこまで込みで700元なら手を打つと。

ちょっと考えていたが、これで交渉成立。
支払いは明日の朝になったので、そこまでに中国銀行に寄るか、ホテルで両替するかで現金は何とかなるはず。

ボス:トルファンを楽しんでいってね。きっと気に入るはずだから

こうして、トルファンの午後の観光がスタートしたのであった。

続く。


人気ブログランキングへ
シルクロード旅行記再開♪







Last updated  2008.08.10 13:27:04
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.