3163540 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都渋谷区 フグレ… New! 高橋銀針さん

4月の中国茶教室はお… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2008.08.11
XML
テーマ:中国&台湾(3212)
カテゴリ:旅行
2005年8月末から9月始めに行った旅行記の続きです。(今までの一覧

トルファン市内で砂漠行きが決定した後、郊外へ向かいます。

まず向かったのが、葡萄溝。

葡萄溝

ここはトルファン名物の葡萄畑が集まっている場所。
”溝”という名前がついているように、奥行き8km、幅0.5kmの峡谷地帯に葡萄畑が密集している。

葡萄についての一種のテーマパークのようになっていて、一日楽しめるような場所になっている。
私はしなかったが、葡萄狩りなども出来るようだ。


ドライバーがやたらと葡萄溝の人たちと親しげにハグをしている。
ウイグル人はみんな友達だ、と彼は言うが、よくよく聞いてみたら、つい数ヶ月前までは、ここで働いていたらしい。
それは親しいわけだ(^^;)


園内には、葡萄の博物館などがあり、トルファンでの葡萄栽培の歴史や品種などを紹介している。
北京語で小姐から説明を受けたが、正直なところ品種名などを言われてもよく分からない(^^;)

葡萄溝の中には、生の葡萄を食べられる場所があり、そこで2,3品種の葡萄を食べる。
トルファンで生食用として最近人気があるのは、ちょっと細長いこの品種。

葡萄

馬[女乃]子と呼ばれる品種。直訳すれば、馬のおちちということになるか。
酸味と甘さのバランスが良く、とても美味しい。


トルファンの人は、葡萄をよく食べる。
水分補給の意味合いもあるのだろうと思う。

何より、トルファンは暑い街だが乾燥した気候のため、葡萄棚の木陰の下にいると過ごしやすい。
葡萄はトルファンの街を象徴するものかもしれない。


葡萄をワインに加工する器具を展示した建物もあり、その一角でワインも飲ませてくれる。
ドライバーは葡萄ジュースを、私は赤ワインを飲んでみた。

・・・葡萄自体は美味しいと思うのだが、正直、加工が良くないような気がする。
酸味が少々強く、雑味がある。素材が良いだけに惜しい。


帰りがけに、道ばたで干し葡萄をズラリと並べて売っているところで、干し葡萄を買う。

お店のおばさんに「どの品種にするか?」と聞かれる。
並んでいるものは、全部品種が違うらしい。
20種類以上も品種があり、思わず目が回る(@_@)

いくつか試食させてもらって、4種類を1斤ずつ購入。合計2kg。
どれもとても美味しいが、素朴なジプロックの袋に入れただけのもので、日本に持ち帰ったら、誰も手をつけなかった...orz

美味しいのに。。。




葡萄溝を後にして、火焔山へ向かう。
車はどんどん、荒涼とした砂漠地帯に入っていく。

周囲には、何か井戸のようなものが見える。

あるきち:あれは何?

ドライバー:新疆には石油があるんだよ


どうやら油田らしい。

かつて中国最大の油田と言われていた黒竜江省の大慶油田は既に枯渇気味。
エネルギー問題に悩む中国にとっては、新疆ウイグル自治区の油田は貴重だ。

・・・なるほど、これは手放す手はない。


そんなことを考えながら、車窓を眺めていると、一種異様な山が目に入る。

火焔山遠景

火焔山

名前の由来は、山の斜面にひだがあり、遠くから見ると、山がまるで燃えさかっているように見えるところから来ている。

火焔山

この山は、西遊記でも登場する。
西域に行くために、孫悟空が芭蕉扇を使って山の火を消すシーンでおなじみである。


この日はトルファン市内でも、おそらく40度以上の気温があったと思う。

そんな暑いトルファンの中でも、暑さのもっとも厳しいところが、ここ火焔山。
遮るものが何もなく、照り返しもあり、とにかく暑い。

しかも、ここへ到着したのは、午後1時過ぎ。
太陽が燦々といちばん燃えさかる時間帯である。

とにかく暑い。

ジッとしているだけでも、汗が噴き出てくる。

聞いたところによると、この付近は、下手をすれば50度ぐらいになることもあるそうで、長居は無用。

・・・早々に退散する(^^;)


ドライバー:どうだった?

あるきち:すごいけど、暑くて死んじゃう



この後、火焔山の裏側にある、ベゼクリク千仏洞を目指します。

続く。


人気ブログランキングへ
トルファンは暑い(^^;)






Last updated  2008.08.13 01:28:06
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.