3157363 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都江東区若洲海… 高橋銀針さん

台湾茶会@桜樺苑さ… 上海小町さん

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2008.10.01
XML
カテゴリ:旅行
沖縄3日目。
今日は拘束時間もなく、思いっきり観光する日。
レンタカーを借りて、世界遺産登録されているグスクを回ります。
写真、多いです。ご容赦ください。
#ちょうど、本日50MBを使い切りました。楽天ブログplusが今日から始まらなかったら、きっと今日からブログを移転していたことでしょう。ギリギリ間に合いました。

強行スケジュールなので、朝8時半に那覇を出発。
まずは読谷村の座喜味(ざきみ)城跡へ。

座喜味城入り口


座喜味城


15世紀初めに、護佐丸(ごさまる)が築城したとされているお城です。

入り口には、石を積み上げて作った、精巧なアーチがあります。

座喜味城のアーチ


城の内側から


このお城を見ていて思うのは、曲線を上手に使っていること。
石垣がなだらかなカーブを描いていて、その美しさに感心します。

石垣のカーブ


座喜味城遺構


中は遺構が残るだけなのですが、石垣をじっくり見ていると飽きません。

石垣と階段


石垣に上って、残波岬方面を眺めてみました。

残波岬方面を望む


まだ、夏の雲ですね(^^;)


さて、座喜味城を駆け足で観光して、国道58号線をひたすら北上します。
途中、強烈なスコールがあったり、強烈な日射しに戻ったりと、猫の目のように変わる天候でしたが、名護まで来ると、すっかり晴れてくれました(^^)
#今年、北部は雨が少ないのだそうです。那覇のタクシーの運転手さんによれば、水が心配だとか。

国道はくねくね走るので、結構な時間がかかりましたが、今帰仁(なきじん)城へ到着です。

今帰仁城入り口


14世紀、琉球王国三山時代の一大勢力であった北山王の居城です。
県内でも最大級のグスクであり、その力の強さがしのばれます。

この門から入っていきます。

平郎門


座喜味城よりも、年代の古いお城ですので、石垣の積み方などは素朴な感じがします。
山城なので、観光するのは結構体力が要りますが(^^;)
#グスク巡りには体力が必要&暑い時期は大変だということが今回よく分かりました。。。

並木道を通って、中心部へ向かっていきます。

カンヒザクラの並木


琉球王国のグスクは、攻撃に備える、いわゆる”城”としての側面の他に、祈りを捧げる場所でもありました。
そのため、城内には、神聖な祈りの場所が設けられています。

大庭


そのためか、ガジュマルの木にもなんだかパワーを感じてしまいます(^^;)

ガジュマルの木


見晴らしの良いところに出たので、海を眺めてみました。

海を眺める


海がエメラルドグリーンから、青く変わっていく様子が見えます。
沖縄の海ですね~(^^)

さらに進んで行くと、中心部に出ます。
ここの規模の大きさは、かなりのもので、北山時代の力の強さが分かりますね。

今帰仁城の遺構


山側を眺めてみると、まさに天然の要害の地にある城であることが分かります。

山側を眺める


暮らしの場であったと思われる、志慶真門郭(しじまじょう)へ下りてみました。

志慶真門郭から海を眺める


石垣の素朴さが分かりますね。

石垣と空



今度は、この並木道がサクラで満開になる季節に来てみたいものです(^^)

カンヒザクラの並木道




さて、このあと、お昼のために、本部町へ向かいます。
正午ちょっと過ぎに辿り着いたのはここ。

山原そば


山原そば(やんばるそば)

・・・ええ、もちろん、沖縄そばです(^^;)
山の中なのですが、行列のできる超有名店。

建物は、昔の木造建築の小学校風といいましょうか。

山原そば建物


ここは地元の方も来ています。回転が割と早いんですね。
入店まで、並んで20分ぐらいでしたでしょうか。ただ、駐車場に止めるのに、空きが無く少し待ちました(^^;)

メニューは、ソーキと三枚肉があったのですが、三枚肉そばを頼んでみました。

三枚肉そば


三枚肉そば 700円

これは美味しい!

スープはしっかりとダシが出ていて旨味が凄いのに、透明感があります。
さらに、麺も固すぎず、味わいの深い麺。
三枚肉は厚めトロトロ系ではなく、薄めでしっかりしたお肉。ただ、味付けが良いですね。

なんというか、バランスがとても良いおそばです。
ひょっとしたら、スープは首里そばの方が透明感は上かもしれないのですが、全体のバランスが素晴らしい。

いやー、これはわざわざ食べに来る価値あるかもしれません(^^)

山原そば
住所:沖縄県国頭郡本部町伊豆味70-1
電話:0980-47-4552
営業:11:30~売り切れまで
定休:月曜・火曜
県道84号線沿い、伊豆味交差点近くです。



ここをあとにして、一気に南下します。

・・・え、本部にまで来て、美ら海水族館には行かないのかって?

さすがに一人ではねぇ。。。((((((^^;


ということで、次は勝連城からです。
続く。

人気ブログランキングへ
無謀な行程?






Last updated  2008.10.01 18:38:03
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.