3164137 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都渋谷区 フグレ… 高橋銀針さん

4月の中国茶教室はお… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2008.11.03
XML
カテゴリ:旅行

あるきち@帰国しました。

かなり前から予定していた旅行が納得の行かない理由で飛んだので、大慌てで台湾に行ってきました。
・・・ええ、買い物でストレスの発散です(苦笑)

日程は3泊4日。

私、故宮などの主立った観光をすっかり済ませてしまった、いわゆるリピーター。
そういう身からすると、この日程は台北だけを回るには、少々長い。

そこで、エアーと初日・最終日のホテルのみを予約。
一応、阿里山に行こうかしらと思っていましたが、2日目の日程は様子を見ながら決めようという、相変わらずの「行き当たりばっ旅」です(^^;)
#こんな旅ばっかりしていると、絶対、団体行動できなくなりますね((((((^^;


今回は、4月に運行が移管されてから、初めてのJAL便利用です。

JAL641便

今までの日本アジア航空が、とても”親台湾”な航空会社だったので、正直、懸念がありました。

台湾と大陸は、同じ中国語圏。
・・・とはいえ、文字はもちろん違います(簡体字vs繁体字)し、表現も微妙に異なります。

最近、日本も観光立国を目指して、国内の公共施設でも案内板にハングル・中国語が併記されることが増えてきました。良いことだと思います。
・・・が、片手落ちです。

日本へやってくる観光客で一番多いのは韓国人。
2番目に多いのが台湾人、3位が中国人、4位は香港人です。
2位と3位の間には、40万人ぐらい差があります。
台湾人、日本にとっては大得意様です。

しかし、日本の国内の中国語表示は、簡体字&大陸表現のみ。
表現は、まあ推測で何とかなるので、大目に見るとしても、文字は大問題です。

比較的、簡略な字を使っている日本人が見ても、簡体字は違和感を覚えます。
もっと複雑な繁体字を使っている彼らからしてみたら、簡体字は文字ではなく”記号”ですどくろ

言い分としては、同じ中国語だろと思っているのかもしれませんが、

繁体字を使っている台湾人&香港人に対して失礼だろムカッ

と、私は思います。

まあ、そのへんは、さすがにJAL。
機内上映用のビデオや印刷物など、ハード面ではきちんと対応しているようです。

ドリンクメニュー

ご覧いただいて分かる通り、ソフトドリンクやオレンジジュース、ジンの表現だけでも、微妙に違うんですよ。

ソフト面ですが、台湾人CAの國語・台湾語のアナウンスも入るので、悪くはないです。

・・・が、日本人CAは、日本アジア航空時代のように「中国語勉強中」のプレートをつけるわけでもなく、英語で全部こなそうとしています。
仕方のないことだとは思いますが、

その国の言葉を一生懸命使おうとする

のと

国際語の英語が出来て当然でしょ

という対応では、雲泥の差があります。
やっぱり、微妙に距離が出来た感じがしますねぇ。。。

中国語が出来れば、別に台湾だけでなく対中国のビジネスをする上でも、差別化要因になるのに。
今の日系航空会社は、中国線で稼いでいるはずなんですが。
言葉を覚えるのは大変なのは分かりますが、ちと残念です。


まあ、そんなこんなで桃園国際空港に到着。
荷物を受け取って、両替をします賞金
レートは1元=約3.1円でした。このレートを知った瞬間、

円高バンザイ!

という気持ちだったのは、言うまでもありません(笑)

春先に来たときより、1割以上レートが有利になっています。

ちなみに、成田で替えると約3.4円でしたので、さらに1割違いますねぇ。
額が大きくなるほど、圧倒的に現地両替の方がお得です。
台湾は、某国のように金額を誤魔化されたりしませんから、現地両替でも全然大丈夫ですw


バスに乗って、台北市内へ向かいます。
定宿に一番近いバス停があるので、懲りずに各駅停車の中興号に乗ります。
最寄りのバス停からホテルまで徒歩2分ですし、40元安いので良いのですが、街中をのんびり走っていると、少々焦れてきたります(^^;)


荷物をホテルに置いて、早速、タクシーで向かった先は永康街車

台湾、10月末でも暑いんです。
気温は27度ありました晴れ


・・・てことは、ここに行かねばなりますまい。

氷館

氷館


お約束ですね((((((^^;
この時期、シーズンじゃないので、マンゴーのみのかき氷は終わっています。

しかし、せっかくなら食べたい。
そこで、少しマンゴーを楽しめるミックスかき氷にしました。

かき氷♪

氷館のミックスフルーツかき氷

上に乗っかっているアイスはマンゴーアイス。
これに加えて、マンゴーのゼリーとマンゴーの果肉、キウイ、イチゴが載っています。

いやー、やっぱり美味い(^^♪
上に乗っている濃厚なマンゴーアイスが少し溶け出して、氷にかけられたシロップと絡むと、もう暴力的な美味さがあります。

きっと、一度食べたことのある人は、この写真だけで「台湾へ行きたい病」が悪化しているに違いありません( ̄ー ̄)ニヤリッ

大きさ比較のために、携帯電話を置いてみました。

氷館のかき氷

うーん、これだけで、かなりの食べ応えがあります(^^)

ベタベタですが、やっぱりここは是非行ってください♪


氷館
住所:台北市永康街15号
電話:02-2394-8279
営業:10:30~23:30(冬期11:30~)
定休:旧正月はお休みあり


さて、早々に台湾スイーツを攻略した、あるきち。
この後は、近隣のお茶屋さんを巡ります。

続く。

人気ブログランキングへ
今回は買いまくりです(^^;)







Last updated  2008.11.04 01:53:34
コメント(12) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.