3193685 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

中国茶教室について 上海小町さん

恵比寿・大黒さん付… 高橋銀針さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2009.06.02
XML
カテゴリ:旅行
4日目。

東萩駅前からバスに乗り、津和野に向かいます。
ずっと良い天気で来ていましたが、今日の雲行きはちょっと怪しいです。

東萩駅


津和野行きは、ごく普通の路線バスで、地元の方の足になっています。

津和野行きバスの車内


乗車率50%といったところなのですが、「今日は混んでるね」と地元のおばあちゃん。
東京の満員電車は見せられないわー(^^;)

山道を走ること2時間少々。津和野に着きました。

津和野駅


山あいの静かな街という感じです。
天気はやはりというか、小雨がぱらつきます。

街並み


傘をさすかささないか、やや迷う程度の小雨。
予報では午後から悪くなるらしいので、早めに見所を回ることにしました。

津和野は、雨が降ったら美術館巡りに切り替えることもできます。

まずは、殿町通りを目指します。
入り口にあるのは、津和野のカトリック教会。

津和野カトリック教会


武家屋敷の立ち並ぶ通りにドーンとそびえている、この教会。
一瞬、東武ワールドスクエアか?と思いますが、そうではありません(^^;)
このあと行く、乙女峠にもあるようにちょっと悲しい歴史がこの街にはあるのです。

さて、津和野といえばのこの通り。

殿町通り


武家屋敷の建ち並ぶ殿町通りです。
もう少し経つと、花菖蒲が咲きます。
鯉が優雅に泳いでいるさまは画になります。

大岡家表門


藩校養老館


この通りをトコトコ抜けて、太皷谷稲荷神社に向かいます。
参道で目につくのは、鳥居の多さ!

なにしろ、こんなです。

太皷谷稲荷神社の鳥居


鳥居によるトンネル?が、ずーっと続きます。

太皷谷稲荷神社


日本の五大稲荷神社の1つなのだそうです。

雨がほとんど降らなくなってきたので、思い切って津和野城跡に行くことにしました。
津和野城は、津和野の街を見下ろす山の上にあります。
いわゆる山城というやつです。

そこまでは登山道もあるのですが、時間はそこまでかけられないので、往復でリフトを使いました。
まずは登り。

リフトで登ります


うーん、雪がないとヘンな感じですね(^^;)
5分ほどで、山の上に到着。
ここから尾根を伝って、天守閣跡を目指します。

津和野城までの道


え、今回の旅行は、山道ばかりですかw


しかし、このようなところに江戸時代の末期までお城があったわけですから、天下太平の世の中なのになんとも恐れ入ります。
きっと、萩にいる毛利に対しての備え、という面もあったのでしょうねぇ。

途中、街の名前の由来になったともいわれる、つわぶきがありました。

つわぶき


尾根伝いに登ったり降ったりして、本丸に到着。
この山の上なのに、尾根に沿って石垣が組んであります。

尾根沿いに石垣が


ここから、津和野の街を見下ろすようにお城は建っていたことになります。

眼下に広がる津和野の街1


眼下に広がる津和野の街2


石州瓦の赤い屋根が印象的な景色です。

帰りもトコトコ歩いて、リフトに乗ります。

降りのリフト


うーん、降りのリフトというのは眺めは良いですが、結構怖いですね(^^;)


リフトを降りて、山を降って西周の旧宅を訪ねます。

西周旧居


すぐ近くには森鴎外の旧居もあります。

森鴎外旧居


小さな街ですが、このように著名な活躍をしている人々を出したのが津和野の街です。


このあと河川敷の遊歩道を川を眺めながらブラブラと歩きます。

川が爽やかに流れてます


子供たちは、見知らぬ観光客にも「こんにちは」と気持ちよく挨拶してくれます。
こういうのやっぱり良いですよねぇ(^^)

川では鳥が羽を休めていました。

今回のレンズの限界に挑戦


さて、この川沿いに鉄橋が架かっているところがあるのですが、そこには人だかりができていました。

土日のみ走っている、ある列車をみんな待ち受けているようです。



特徴的な汽笛の音!



向こうから走ってきたのは、

向こうから近づいてくるのは


SLやまぐち号です。

SLやまぐち号でした


みんな、これを目当てでカメラを構えていたわけですね~

力強い走りです



津和野、もうちょっとだけ続きます。
続く。


人気ブログランキングへ
津和野も色々見所が♪






Last updated  2009.06.03 05:14:46
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.