3163351 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都渋谷区 フグレ… New! 高橋銀針さん

4月の中国茶教室はお… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2009.06.14
XML
テーマ:中国&台湾(3212)
カテゴリ:旅行
既に恒例行事となった年に2回の台湾行き。
大体、春茶のシーズンと冬茶のシーズンを狙って旅行しています。

今回は、東方美人が台北のお茶屋さんに出揃う頃(6月15日前後)を狙っていたのですが、予定を変更しました。
今古茶籍の簡さんが茶農家への訪問を予定されているとのことで、その日程に合わせて、連れて行ってもらうことにしたのです。
というわけで、東方美人の最高のシーズン、芒種を挟んでの台湾訪問となりました。

ついでに上海小町さんも台湾行きの予定をされていたそうなので、「せっかくなら一緒に回りますか」と、その日程も調整して頂いて合流することにしました。

これに親からおつかいを頼まれたり、やっぱり観光もしたいわね、と色々入れるとアラ不思議。
7泊8日という、とても長い滞在スケジュールになってしまいました(^^;)
#そして最後に大ボケをかまして、もう1日追加となるわけですが。。。


というわけで、旅行記開始♪

今回はANA便で台北へ。
朝9時30分発で、台湾にいちばん早く入れる便なのですが、朝早く成田まで行くのが結構しんどいです(^^;)

桃園空港から、バスに乗って台中へ向かいます。

台中行きのバス


高鉄桃園駅を利用することも考えましたが、高鉄台中駅から在来線に乗り換える手間を考えると、バスの方が楽かなぁと思ったのです。
それにしても、台湾新幹線への対抗なんだと思いますが、2時間乗って200元(約600円)というのは安い!

台中行きバスチケット


それでも、乗客は私も含めて日本人が2名のみという、かなりヤバイ感じでしたが(^^;)
2時間ちょっとで台中駅へ到着しました。

台中駅



まずはホテルにチェックイン。
予約が手軽にできるので、オープンして間もないホリデイインエクスプレスにしました。
一人旅にはちょいと贅沢だったかもしれません。

ホリデイインエクスプレスの部屋


台中にしてはやや高く、駅からも少し歩くのでやや交通の便は悪いかなぁと思いましたが、天井も高く、設備も真新しくてなかなか良いです(^^)
#日本人的には、バスタブがないのが気になる人もいるかもしれません。

フロントでお茶のセットをもらいました。

お茶が付いてきました


こういうのは嬉しいですねぇ♪


さて、ホテルで一息ついて、台中の茶館巡りに出かけます。
台中の街は郊外に広がっていて、MRTもないので街を巡るのが、やや大変です。
#私の場合、歩いて回れるようなコンパクトな街が好みです。

まずは、かろうじて徒歩圏内の春水堂の四維店に行ってみました。

春水堂四維店


チェーン展開もしている春水堂。
看板メニューはなんといっても珍珠[女乃]茶ですが、その発祥の地は、ここ四維店。
意外にも閑静な住宅街の中にあります。

春水堂のタピオカミルクティー


調子に乗って大きいのにしたら、ビールの大ジョッキいっぱいに入って出てきました(^^;)
これ、晩ご飯要らないぐらいかも。。。


しかし、やはり春水堂の珍珠[女乃]茶は美味いと思います。
ミルクのコクもありますが、お茶自体がそれに負けていません。
お茶とミルクの混ざり具合も素晴らしく、喉ごしの滑らかさがあります。
タピオカのくにゅくにゅ(QQ)感も優秀ですし、ややお値段が張るだけのことはあるなぁと感じます。

今やどこにでもあるチェーン店ですが、美味しい珍珠[女乃]茶を飲みたいのなら、やっぱり春水堂のような気がします。

春水堂 四維店
住所:台中市四維街30號
電話:04-22297991
営業:8:00~23:00
日本語:通じません


このあと、タクシーを飛ばして精明一街へ。
まあ、こんなものかと見物し、次は無為草堂へ。

無為草堂


無為草堂の門


交通量の激しい交差点にお店はあるのですが、中は驚くほど静かな空間です。
前回の訪問時と同様、畳の席へ通されました。

無為草堂の席


建物は日本家屋風なのですが、中庭は中国の庭園風という不思議な空間。

中庭


このような不思議な空間は、台湾ならではだと思います。
50年にわたる日本統治時代は、台湾の文化に大きな影響をもたらしています。
日本人が、台湾でどこか懐かしい感覚すら覚えるのは、決して偶然ではありません。

食事もここで取ることにしました。

無為草堂のセットメニュー


食後のお茶には、杉林渓を。

杉林渓を


杉林渓茶葉


力のあるお茶なのですが、軽い焙煎のおかげで身体に負担がかかりません。
透明感がありつつ、喉に残る甘さや香りはさすがに良いお茶と感じます。

今日は生演奏がある日なので、もう少しゆっくりしていって下さい、と声を掛けられました。

そして夜の8時。

音楽演奏中


1時間ほど、楽器の生演奏がありました。
「涙そうそう」や「花」などの演奏もあり、ますますどこの国か分からない状態でした(^^;)


やはり、ここの茶館は、是非行っていただきたいなぁと思うのでした。
できれば、時間を気にすることなく、ゆっくりと訪れていただきたいものです。

無為草堂
住所:台中市公益路二段106號(公益路×大[土敦]路口)
電話:04-23296707
営業:10:00~23:30
定休:年中無休
日本語:話せるスタッフの方がいます



帰りは、スタッフの方にタクシーを呼んでいただいて、ホテルの行き先まで告げてもらってしまいました。
なんて親切!


明日は、観光に出かけてから台北に入ります。
続く。


人気ブログランキングへ
旅行記、開始!






Last updated  2009.06.14 12:53:05
コメント(6) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.