3162537 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

4月の中国茶教室はお… New! 上海小町さん

東京都渋谷区 Bojun… 高橋銀針さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2009.06.21
XML
カテゴリ:旅行
MRT中山駅と雙連駅の間ぐらいのお茶屋さんが、最近活気を帯びています。

元々、この周辺は、日本人駐在員&出張者向けの飲食店が集まる林森北路に近いこともあり、日本人相手の土産物屋的お茶屋(お茶以外に、からすみを売っちゃうようなお店です)は多かったのです。

が、最近はちょっと傾向が違い、スタイリッシュな茶荘が集まりはじめました。

特に壮観なのは、長春路。
これから紹介する、嶢陽茶行、王徳傳(※中山北路に移転しました)、それから中国風のイラスト缶が印象的な金品茶集のお店が隣同士で並んでいます。
いずれの店舗も、大きな缶がズラリと並ぶ”お茶屋さん”というイメージよりは、間接照明をバリバリに効かせたブティックに近い感覚の店舗で、パッケージも洗練されています。

さらに、国賓大飯店向かいの路地に廣方圓茗茶も移転してきて、この一帯がなんとなく1つの勢力圏を形成しているように感じます。

これは、行かないわけにはいきません(笑)
さっそく、突撃してみました♪

<王徳傳>

今回は東から紹介していますので、まずは王徳傳から。
台湾の古都、台南が発祥の歴史ある茶荘だそうです。

王徳傳


入って左側に階段(2階はティーサロンのようです)と、奥にカウンターがあり赤いお茶の缶が並んでいます。
シルバーの缶と違い、赤い缶がズラリと並んでいると、なんだか格好良く見えます。

右手には棚があり、お茶が陳列されています。
台湾茶も多いのですが、大陸のお茶の品揃えが結構あったのが驚きでした。
というのも、台湾のお茶屋さんで白毫銀針やら岩茶をズラッと揃えているお店は、とても少ないのです。


全然関係ない話ですが、台湾の茶荘では”台湾茶”と”中国茶”の使い分けが必要です。
一例を挙げると、「私は中国茶が好きで、凍頂烏龍茶と東方美人をよく飲みます」という表現は、台湾ではアウトです。
おそらく、「どっちも台湾茶だ!」と指摘が入ります。
あんまり同じような間違いを繰り返すと、露骨にムッとされ、相手にされなくなったりもします。
#これ、別にお茶に限ったことではありません。大陸と台湾をひとくくりにしたら、嫌われます。地元の人々の感情と歴史的経緯をきちんと知らなければいけません。

さて、ここに来たのは、「ここの凍頂が欲しい!」という要望を頂いたからです(こういうのが新規開拓のきっかけになります)。
で、凍頂を探してみると、隣に見慣れない名前のお茶がありました。

安尚烏龍


安尚烏龍

「これ、どんなお茶です?」と聞いてみると、お兄さん、隣に置いてあった凍頂を手に取り、このお茶と品種は一緒で、作り方が違うとおっしゃいます。
発酵が重くて、焙煎も強いのだと。この店のオリジナルだそうです。

サンプルの茶葉もシャーレに入れて、展示してありまして、それを見るとやや撚りが甘めです。

これは、もしや伝統製法の凍頂烏龍?
#伝統技法で作ると、今のように団揉がきつくないので、球形に丸まっていないのです。

さっそく試飲をさせてもらうと、まさに思った通りのお茶です。
濃いめの水色で、発酵度の高さから来る甘い香りが印象的。結構面白いかも♪

時間の関係であまり長居できなかったのですが、まだまだ面白いお茶がありそうな気がします。


王徳傳
住所:台北市長春路14-1号1F
台北市中山北路一段95号
電話:(02)2561-8738
営業:10:30~21:00
定休:無休
日本語:?



<嶢陽茶行>

その隣にある嶢陽茶行です。

嶢陽茶行


やはり老舗で、香港にも同じ家系?のお店があるそうですね。

老舗とはいえ、王徳傳同様、これまたモダンなお店です。
入って右側が飾り棚のようになっています。左側には、棚があり引き出しを引っ張るとお茶のサンプルが並んでいるという趣向のお店になっています。
お茶屋さんというよりは、洋服かバッグでも売ってそうな店です(^^;)

ちょうど冷茶のキャンペーンをやっていたらしく、試飲で桂花烏龍とメイクイ鉄観音の冷茶をいただきました。
水筒付きでお買い得ですよ、と勧められました。
が、残念ながら、私の狙いはこれじゃありません。

店員の美しいお姉さん、とてもフレンドリーなのですが、接客の仕方がどことなくブランドショップ系(笑)
ただ、やりとりをしてみると、お茶の知識はしっかり持っているように感じました。


さて、本題に。
「鉄観音が有名と聞いて来たんだけれど」と話をしてみると、お姉さんがニヤリ(←コイツはお茶好きだ、と思われたらしい)
よくぞ聞いてくれました的な自信に満ちた表情に変わります。

「うちは色々な鉄観音があります」とガラリと引き出しを開けると、そこはほとんど鉄観音。
清香から焙煎が濃いめにかかったお茶まで、幅広く取り揃えられています。

こんなに種類があると、選ぶのに迷います。
「たくさんあるねぇ・・・」

ここで好みを聞かれました。
先程の冷茶の濃さはどうですか?あれより濃い味わいの方がいいか、清香の方がいいか?と聞いてきます。
うーん、なかなか的確な質問です(^^;)

冷茶で出てきたものは、メイクイが邪魔をして分かりにくかったのですが、やや発酵が軽めで焙煎もさほど重いとは感じない程度。その分、スッキリしていて冷茶向きだなぁと思ったのですが、熱いのを飲むならもうちょっとパンチが欲しいかもと思いました。
そこで、「もうちょっと重いのが好みだねぇ」と答えると、お姉さんがまたもニヤリ。

それなら、うちの看板茶の観音王が良いと思います、と取り出してきたのが、こちら。

金観音茶王


金観音茶王

レトロな絵の描かれた、ピンクのど派手なパッケージ。
東南アジアの華僑が好みそうな感じです。

これがいちばん濃厚なもののようです。

・・・そうなると、反対のも飲んでみたくなるのが人情というもの(え、私だけですか?)。
「清香でオススメのヤツはない?」と聞いてみたら、比較するなら奇蘭香鉄観音がオススメですね、と教えてくれたので、それも購入。


まだ飲んでませんが、鉄観音に対しての自信は凄かったので、ちょっと期待しているお茶です。


嶢陽茶行
住所:台北市長春路14号
電話:(02)2562-1999
営業:(月~土)10:30~21:30(日)11:00~21:30
定休:無休
日本語:?


次、西の方のお店に飛んで、茶荘巡りは終了です。
続く。


人気ブログランキングへ
そろそろ飽きてきましたよね(^^;)






Last updated  2012.11.01 22:42:50
コメント(3) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.