3162128 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

東京都渋谷区 Bojun… 高橋銀針さん

2020年4月『葉蝉会』… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2009.06.27
XML
カテゴリ:旅行
東方美人の茶農家さん訪問が終わったあと、駅から簡さんに報告&お礼の電話を入れたところ、

明日、坪林に行くんだけど、来る?

という話があったので、さっそく乗りました。
#個人旅行者はフットワークが軽いのです。


翌日。MRTの新店駅で待ち合わせをしました。
こんなところで、坪林行きのバスの時刻表が役に立つとはw

くねくねの山道を通り、やって参りました坪林の街。

坪林の茶壺



まずは、簡さんの行きつけのお店へ。

行ってみたら、品評会の額がたくさんあるのに驚き。
え、これほとんど賞を独占してませんか?

このお店の方、お茶を販売しつつ、製茶もするのだそうです。
茶畑は持っていないそうですが、その製茶の腕を買われて、色々なところからお茶づくりを頼まれるのだとか。

こりゃ、スゴイ人じゃないですか(^^;)


さて、試飲です。
この時期ともなると、文山包種茶はほとんどが売れてしまっていて、手元にあるのは品評会受賞茶がメインになるそうです。
品質の良さがハッキリしているものほど、売りやすいですから、そういうものだけ残して他は早めに売ってしまうんでしょうね。

ということで、頭等奨と参等奨のお茶を飲み比べました。
何という贅沢w

頭等奨と参等奨


比較してみると頭等奨の方が透明感が強いです。
日本酒で”水みたいな酒”ってのがありますが、これ、まさに”水みたいなお茶”です。
でも、飲んだあとの戻ってくる甘さとか、じっくり舌に来る旨味とかが、とても素晴らしいお茶です。

参等奨の方は、それよりはややしっかりしたお茶の味が先行します。
しかし、これもまた美味いのです。
発酵不足ということもなく、しっかりと軽やかな蘭花香のお茶です。


頭等奨、素晴らしいことは素晴らしいのですが、コストパフォーマンスを考えると参等奨かなぁと思っていたら、簡さんとも意見が一致。
というわけで、参等奨を買ってきました。



このあと、茶畑を案内してもらいます。
坪林といってもかなり広くて、車で移動しても結構かかります。

途中、東方美人の日光萎凋をしている現場に遭遇。

坪林の東方美人


見てきた産地のものと、明らかに違う作り方です。
坪林は、青心烏龍や大慢種などを使うので、品種が違うというのもあると思うのですが、日光萎凋を強めにしている気がします。
このようなことは、やっぱり現場に行ってみないと分かりません。


山道を抜けて、茶畑へやってきました。

坪林の茶畑


この写真で大体の樹齢が分かるんです


新芽


ここでは、いくつかの品種が栽培されているようです。
当ててみて下さいw

金萱


青心烏龍


翠玉



根っからのネイチャー派というか、ワイルド派な茶師の先生。
お茶づくりが一段落すると、釣りと蜂蜜採りがお仕事なのだとか。
すごい生活です(^^;)


そんなわけで、ミツバチの巣箱へ行くことになりました。
といっても、かなり簡単じゃないところでして、ケモノ道のようなところを分け入って行きます。

川口浩探検隊ではありませんw


こちらが巣箱です。

蜂の巣箱


蜂がいます


何の装備もしていませんが、暴れなければ向こうも刺してきません(^^;)
蜂がびっしりいます。

蜂がびっしり


そして、採れたての蜂蜜をいただきました。

これぞ蜂蜜♪


もう、これが美味いのなんのって。
台湾の在来種の蜂なのだそうですが、野生の花から蜜を集めてくるので、本当に美味しい。
市販の蜂蜜って、あれ何ですか?というぐらい深い味わいです。


と、茶畑を見るだけが、思わぬ楽しい発見もあった坪林訪問でした。
まったく、簡さんにはお世話になりっぱなしでした。



さて、帰りは、台北に用事のある先生が送ってくれて、台北駅前で簡さんたちと、

また、東京で♪

と言って、お別れしました。

ええ、私は明日の飛行機で帰る予定だったのです。

まあ、その翌々日によりによって桃園空港で再会し、同じ飛行機で帰国することになるのですがねw


続く。


人気ブログランキングへ
次は食べたものなどを







Last updated  2009.06.27 23:29:06
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.