2194882 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

H29.06.21 悪天… グリザベラ4163さん

【堺、おちゃらカフ… みん1001さん

東京都渋谷区 本日… 高橋銀針さん

2017年桜一覧 iketaさん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん

Calendar

Comments

蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…
あるきち101@ hina6450さんへ はじめまして(^^) ご登録ありがとうござい…

Archives

2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2009.12.03
XML
先日、お茶の本が発売されました。

茶仏

茶仏 お茶と寺廟のある風景

著者は、しのわずりさん

私の先輩に当たる方でして、何度かインストラクター向けの勉強会(現地の論文を読んだりするマニアックなのがあるんです)や、お茶会でご一緒したことがあります。
↑でも、実はあまりお話をしたことがありません(^^;)

内容は、お茶とゆかりの深い場所(特にお寺など)を辿っていくという紀行文です。

お茶は宗教と結びついて広まってきたこともあり、お茶の名産地には必ず古刹があるものです。
そして、お寺には大体美味しいお茶があります。
それを尋ねて歩くという、なんとも羨ましい旅行記です(笑)


行き先は、日本の日吉茶園から出発して、韓国(智異山など)を経由し、中国各地(杭州、武夷山、普陀山、貴州省、雲南省、青海省などなど)からチベット、ミャンマー、さらにはトルコ、イラン、中央アジアまで!

中には、少数民族の住む村を訪れてみたり、イベントで会ったお坊さんを尋ねてお寺を突撃したり、というエピソードもあり、お茶への探求心の強さが窺えます(^^;)


1つ1つのお話は、4ページから8ページ程度の分量で、これが36話。
どこからでも読める・読み返せる手軽さがあります。

そう書くと、かなりあっさりした内容に思えますが、とにかく文献を色々と当たっている方なので、1話1話がとても読みごたえがあります。
お茶に対しての知識のバックボーンがなければ、こうはいきません。

読んでいて、「なるほど~」と勉強になることも多く、単なる旅行記ではなく、茶産地と歴史をより深く知るためのきっかけ・手がかりになる本だと思います。
フィールドノートとでも言いましょうか。

それでいて堅すぎず、旅先の余韻がこちら側に伝わってくるような文章と写真。
読んでいると、すぐにでも旅に出たくなってしまいます(^^)


手元に置いて、お茶旅行の計画を練るにはピッタリの一冊かもしれません。


『茶仏 お茶と寺廟のある風景』
宝迫典子・著
佼成出版社
ISBN:9784333024148
1,680円(税込)


人気ブログランキングへ
オススメです(^^)










Last updated  2009.12.03 20:16:55
コメント(4) | コメントを書く
[お茶にかかわる本・雑誌] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.