3138122 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

岩茶会、次は3月&お… 上海小町さん

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

R2.1.22  今日はH… グリザベラ4163さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Ranking

Rakuten Card

2011.07.06
XML
カテゴリ:旅行
台湾2日目。
今日は台南の郊外へ向かいます。

目的地は、烏山頭水庫。
日本統治時代につくられたダムです。
詳しいことはこちらで→Wikipedia

個人的には今回の旅行のハイライトです。

出発点は台南駅。

台南駅舎


日本時代の駅舎をそのまま使っています。
風格がありますね~。

荷物は効率を考え、駅の行李房に預けることにしました。
行李房は台湾のちょっと大きな駅にある手荷物預かり所です。
台南の駅の行李房はちょっと分かりにくいところにありますが、旅行者には便利です。

台南駅の行李房


電車で向かう先は、こちら。

隆田行き切符


ローカル線で北に30分ほど行ったところにある隆田駅です。
烏山頭水庫に行くには、ここが最寄り駅となります。

車窓には、水田の広がるのどかな風景が広がります。
ときどき、袋のかかった実のついた樹を見かけます。マンゴーです。
台南市の玉井はマンゴーの産地として有名ですからね~。
#昨年末に台南縣は廃止され、台南市に編入されています。

そうこうしているうちに、隆田駅に到着です。

隆田駅ホーム


隆田駅舎


なかなか趣のある駅舎ですね(^^)

隆田駅



小さな駅だからと思っていたら、この駅にも行李房がありました。
台北に抜けるのなら、荷物を台南で預けず、ここまで持ってきても良かったですね。
そうすれば、そのまま嘉義まで北上し、高鉄に乗るという手もありました。
高鉄嘉義駅は台鉄嘉義駅からは遠いですが、時間的にも料金的にも台南に戻るよりは有利だと思います。

・・・まあ、ローカルな駅ですから、こういう情報が無くても、仕方無いです(^^;)
#次に行く人の役に立つ情報を残す。それこそがヒトバシラー精神です。


さて、駅前に止まっているタクシーに烏山頭水庫に行きたいと聞いてみます。
あっさり、OKとのこと。
特に協定料金があるわけでもなく、メーターで行ってくれるようです。


烏山頭水庫へ向かうまでの道中は、見渡す限り水田が広がっています。
この地域がとても豊かな穀倉地帯であることを感じさせます。


車で15分ほどで、烏山頭水庫の公園ゲートに到着します。

ここで入場料を徴収されます。200元とのこと。

タクシーに乗る時に、特に何も言わなかったのですが、ドライバーさんが中まで案内してくれるようです。これは大正解でした。

公園の中は結構広くて、しかも暑いので、歩いて回っていたら日射病でダウンしてたかもしれません(^^;)


車で公園内に入り、まず真っ先にドライバーさんに連れてこられたのが、ここです。

八田技師像


このダムを設計し、工事を指揮した八田與一技師の像。
そして、ご夫婦と他の技師の方のお墓のある場所です。

ここで墓前に手を合わせます。
八田技師は、日本ではあまり知られていない方ですが、台湾では教科書に出てくるぐらいに有名な方です。
その功績や仕事ぶりを知ると、まさに「偉人」だと思います。 またまた→Wikipedia
地元の人たちのために懸命に知恵を絞って働くという、プロフェッショナルの鑑です。
こういう人物が出るから、日本世代の人たちからも、「日本の教育は素晴らしかった」と言われるわけです。
#これは、戦前の”道徳的な面の”教育が良かった、と言う意味ですが。


ちなみに銅像の視線の先に見えるのが、烏山頭水庫です。

烏山頭水庫と公園



これはダムのほんの一部分に過ぎません。
地図で見ると、恐るべき広さです。

昨今の日本では「ダム」というと「悪」「利権」のようなキーワードしか浮かんできませんが、このダムは対極にあります。
ここに来るまでの道中で見て来た、水田や畑。
豊かな穀倉地帯としてのこの地域は、このダムあってこそなのです。
これぞ生きた公共事業ですねぇ。かくあるべしです。


像のそばには、当時使われた機関車や水門なども展示されています。

機関車


続いて、車でダムの反対側へ回ってみます。

烏山頭水庫


遠くに見えるのが水門です。
ただ、随分と水位が低いようです。

水位が低いです


運転手さんに聞いてみると、今年は雨が少なかったこともあり、水が随分少ないんだそうです。

続いて行った場所に吊り橋があります。

吊り橋


これはもう一本の放水路の上に架かっている橋なのですが、

干上がった水路


ご覧の通り、干上がってました。
水不足のため一本しか放水できないのだそうです。


この後、公園内にある記念館に向かいます。

続く。







Last updated  2011.07.06 22:07:41
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.