3277006 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

10月31(土)~の葉… 上海小町さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2020.06

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2015.03.10
XML
お茶ペットボトルウォッチャーのあるきちです。

ペットボトル業界は、同じような商品を同じ時期に出すことが良くあります。

もうだいぶ前になりますが「中国緑茶」押しをしていた時期もありました。
・・・全て残らず消え去りましたが(^^;)

で、今年の春は「国産烏龍茶」に焦点が当たっているようです。
最大手のコカコーラも来週「つむぎ」という新商品を発売する予定になっています。


それに先んずること1週間。
ポッカサッポロが発売したのがこちら。

にっぽん烏龍


にっぽん烏龍です。
公式Webサイト


ひねり無しのそのまんまのネーミング。
国産烏龍茶を100%使用しており、そのうち10%は屋久島産の様々な品種のブレンドだそうです。
残り90%は静岡産のやぶきた、だとか。
さらに摘採期の違う茶葉をブレンドして、上手く組み合わせたお茶のようです。

原材料表記


原材料を見てみると、香料も着色料も使わず茶葉だけで勝負していますね。
FOOD ACTION NIPPONのロゴも入ってます。

水色はこんな感じ。

水色


日本人の烏龍茶のイメージ通りの茶色系ですね。
薄くて透明感があるので、品種的にはやはり日本の品種だろうなーという感じがします。

肝心のお味ですが、火入れの味がかなり強めに出ていて、サントリーの烏龍茶っぽい仕上げになっています。
比べてみると重みがなかったり、喉に落ちた後の香りの戻りが軽すぎるかな、と思うんですが、普通の人にはあまり区別が付かないかも(^^;)

言い換えると、軽快な飲み口とも言えますし、火入れの香りは食事時には合いそう。
ほうじ茶の代替になりそうです。

ほうじ茶と比較すると、飲んだ後、喉元に落ちたときに香りの変化があるので、そこが特徴になりそうです。


国産烏龍茶ということで、どのような商品になるのか?と思っていたのですが、意外と完成度が高かったですね。
烏龍茶特有の発酵の香りというよりは、火入れの技術でまとめてきた感じですが、これはこれでアリかも、と思います。



にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
まあこれはこれで(^^;)







Last updated  2015.03.10 22:05:00
コメント(2) | コメントを書く
[ペットボトル・缶飲料] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.