3194089 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

中国茶・台湾茶と旅行 あるきちのお茶・旅行日記(旧館)

PR

Freepage List

旅行記索引


台湾旅行記(2005.12)


龍井茶と安渓鉄観音のお茶旅行記(2006.05)


知床旅行記(2006.07)


台湾お茶旅行記(2006.09)


立山黒部アルペンルート旅行記(2006.09)


ちょこっとシルクロード(2005.08)


台湾・茶器と茶荘めぐり(2007.01)


龍井茶を探しに(2007.04)


台湾秋茶づくり旅行(2007.09)


台湾かけあし旅行(2008.05)


北海道旅行記(2008.08)


沖縄旅行記(2008.09)


台湾旅行記(2008.10)


お茶を学びに杭州へ(2009.03)


山陰街あるき(2009.05)


芒種の台湾(2009.06)


吾妻渓谷と榛名山の旅(2009.08)


上海万博の旅(2010.05)


台湾旅行記2011初夏(2011.06)


台湾旅行記2012初夏(2012.06)


バニラで行く年末台湾2013(2013.12)


台湾旅行記2014初夏(2014.06)


梨山製茶ツアー参加記(2015.07)


台北近郊プチ茶旅(2016.01)


お茶索引


中国茶・緑茶


中国茶・白茶


中国茶・黄茶


中国茶・青茶-福建省北部


中国茶・青茶-福建省南部


中国茶・青茶-単叢・その他


中国茶・紅茶


中国茶・黒茶


中国茶・花茶


台湾茶・緑茶


台湾茶・青茶-高山烏龍茶


台湾茶・青茶-凍頂式烏龍


台湾茶・青茶-その他


台湾茶・紅茶


台湾茶・花茶


茶外茶


ペットボトル茶


その他の国のお茶


日本茶


中国茶ブックマーク


国内のお店


台湾情報


中国茶の勉強


茶人な皆様


連続記事まとめ


花粉症に効くお茶を考える


中国茶の学び方


台湾でお茶を買うノウハウ


中国茶の資格について考える


中国茶は難しいか


中国茶と台湾茶


日本での中国茶の歴史を振り返る


日本全国茶館・茶荘・教室めぐり


お茶の本・雑誌


Favorite Blog

【小6子連れ台湾旅行… みん1001さん

中国茶教室について 上海小町さん

恵比寿・大黒さん付… 高橋銀針さん

ちび子の旨いものパ… ちび子113さん
おすすめのティー&… ティーコジーさん
碧眼猫的茶巡游 碧眼猫さん
華屋敷 ハナやシキさん
kinokoの手作… **kinoko**さん

Calendar

Comments

yuka@ Re:日本全国茶荘巡り-リリーの薔薇園(東京都台東区蔵前)(04/19) うちの息子 小6でそのときに花粉症に …
蟹江蟹蔵@ Re:電茶壺、輸入します!(05/11) はじめまして今2017年2月なのですが …
あるきち101@ 香香茶さんへ お返事がすっかり遅くなり、申し訳ござい…
香香茶@ Re:秋~冬のイベントあれこれ(08/28) 10月くらいから12月くらいにかけてお茶関…
あるきち101@ 俳茶居 呑亀さんへ 先日はありがとうございました! あまり会…

Archives

2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Card

2016.03.02
XML
カテゴリ:旅行
紫藤廬を出た後、食事をどこでするか悩みました。
そういえば、今回は夜市に行っていないな、ということで向かったのはMRTの大橋頭駅。
ここから徒歩圏にある延三夜市に行ってみました。夜市の新規開拓です。

延平北路三段にあるから延三夜市というわけですね。

<嘉義雄鶏肉飯>

まず、やって来たのはこちらのお店。

嘉義雄鶏肉飯


嘉義雄鶏肉飯さんです。
ローカルなお店ですが、ここの夜市は南部から働きに来ている人たちが多かったらしいので、本場の味に近いのではないかと。

注文の仕方は、席に着いてから伝票に印をつけて、やって来るおじさんに渡すスタイルです。
パパパッとオーダーをしてみました。出てきたのはこちら。

鶏肉飯などなど


鶏肉飯に筍絲、鶏捲、金針排骨湯などを。
期待通りの鶏肉飯が出てきてヤッホーだったのですが、うーん、何か今回の旅の食卓はみんな同じ感じだったな、と食べ始めてから、ちょっと反省。
今回は食事に華がなくて、すみません(^^;)

調子が良ければ、何軒かハシゴをするつもりだったのですが、この時点で喉やら関節に違和感。
明らかに風邪の症状・・・(-_-;)

あんまり調子が良くなかったので、デザートだけ食べて切り上げることにしました。


<杉味豆花>

目をつけていたのは、通りの反対側にあったこちらのお店。

杉味豆花


このお店、雨なのに、反対側から見てても並んでいる人が沢山いて、これはおそらく美味しいんだろうと思ったのです。
メニューを見て、そういえばお芋を食べてないやと思い出し、地瓜豆花などを。
喉が少し痛めだったので、「甘くしてね」とオーダー。

地瓜豆花


こちらが地瓜豆花。シンプルです。

甘くしてねと言ったのがいけないんですが、歯が溶けるかと思うぐらいに甘かったですw

でも、その甘さにも負けないのが、このサツマイモ。
台湾のサツマイモの美味しさは反則レベルですね~(^^)


<茗心坊>

翌朝。
最終日なので、朝から目一杯動きたかったのですが、すっかり風邪引きました。。。
なので、どこへも動かずに10時半頃にホテルをチェックアウト。荷物を預けて、MRTで大安駅へ。

茗心坊さんにお邪魔しました。
本当は初日か2日目に来るはずだったのですが、予定が狂い、結局最終日に慌ただしく訪問になってしまいました。
11時オープンで11時40分には出発という、40分一本勝負ですね(^^;)


最近、林さんが力を入れているのが、団圓茶。
4kgぐらいのお茶を固めて作った、球状のお茶です。

年年、良い台湾茶が少なくなっているので、今のうちに長く保存できるような形状のお茶を作り、良い台湾茶をきちんと後世の人に残したい、とのことで始めたそうです。

元々は、凍頂の近くの放棄茶園のお茶(流行りの自然生態茶です)を全量買う契約にし、一部は松戸烏龍や松戸紅茶に。
それ以外のものを、団圓茶にして・・・ということで始まったそうなのですが、最近は福寿山のお茶とかラインナップが4種類ほどに増えていました。

それは美味しいんですかね?と思っていたら、茶末があるから飲んでみよう、と。

茗心坊にて


こちらがその茶末のお茶なのですが、茶末とは思えないぐらいに透明感がありますね。
1ヶ月半ぐらいかけて高密度焙煎法で焙煎しているそうなので、雑味などは少なく、濃く出しても味が壊れない感じでした。

値札がついているわけではないのですが、何度か来ているお客さんで興味のある方には販売しているとのこと。
んー、4kgってのが、ネックだなぁ・・・(^^;)

今回は団圓茶はパスして、松戸烏龍の蜜香と茗心美人(東方美人)を買いました。
ここの蜜香系は高密度焙煎法の効果か、上手く雑味が飛んでくれて甘さだけが残ってくれる仕上がりになっているので、個人的にはオススメしたいところです。
ちょっと高いけど、美味しい東方美人を買いたい方にはオススメです。


茗心坊
住所:台北市信義路四段1-17号
営業:11:00~20:00
休み:日曜日
アクセス:MRT大安駅から徒歩1分
Facebook



お買い物をするだけして、お茶を飲んで出発です。
本当に慌ただしくて申し訳ない。。。


一度ホテルに戻り、荷物をピックアップして、松江新村から長栄のリムジンバスに乗車。
無事に2時間前に桃園空港に着いたーと思ったら、成田空港の雪の影響?か、出発時間が1時間10分遅れの表示が。
最終日はバタバタでしたねー。



・・・というわけで、今回は台北から日帰りで行ける2本の茶旅ルートを開発してみました。
バスの乗り方さえマスターしていれば、回れるコースだと思いますので、是非挑戦してみてくださいねー(^^)
#1回の滞在で1本のルートがオススメです。2日間続けると、さすがに疲れますのでw


おしまい。


旅行記はこちらにまとめました → 台北近郊プチ茶旅


にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
今回はページ数が多かったですねw







Last updated  2016.03.02 20:38:28
コメント(8) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.