632538 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

「歩きつなぎの旅」の記録

PR

Category

Calendar

Recent Posts

Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

2008.04.15
XML

砲台跡は直径10mほどのすり鉢状。旧海軍が据えた高射砲のコンクリート基礎は、ほぼ原形を保ったまま、標高204mの砲台山(本当は大塚山という名前らしい)山頂にありました。04月05日の「南関東低山つなぎの旅14日目」でのこと。

事前に知っていたので砲台跡だと分かりましたが、知らなければ一体何なのか分からなかったかも。ハイキングコース上にあるものとして相応しくないと考えているのか、解説板を立てるのが好きなお役所が、なんにも設置していません。

「三浦アルプス」南尾根から畠山に向かう途中では、「東京湾要塞第一区地帯」と刻まれた海軍標柱を見ました。戦前は帝国海軍の、現在は海上自衛隊および米海軍の基地が置かれる横須賀市。あちこちに軍関係の遺構が残っているようです。

久里浜から乗った京急電車は、米軍人と思われる外国人の姿を多く目にしました。車内には立っている乗客がかなりいるにもかかわらず、米兵の座る両側の席は空いていました。03月19日に起きた米兵によるタクシー運転手殺害事件の影響だったのでしょうか。






Last updated  2008.04.15 17:15:28
コメント(0) | コメントを書く
[(完結)南関東低山つなぎの旅] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.