829404 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

本城の主の部屋

PR

プロフィール


本城の主

お気に入りブログ

坂道インターバル走(… 安佐南区の一刻者さん

田舎から上京した社… IT-PLUSさん
初マラソンは42歳!… よねきち1005さん
子供と共に育つ "共… モアイ2463さん
ウルトラランナーけ… スティッチランナーさん

コメント新着

背番号のないエース0829@ Re:ベルリン 映画「風の電話」に、上記の内容について…
カールスモーキー江口@ Re[1]:初めまして(07/22) 本城の主さんへ ありがとうございます。 …
本城の主@ Re:初めまして(07/22) 水曜トライアルの江口さんへ おはようご…
水曜トライアルの江口@ 初めまして 佐賀で水曜トライアルの代表をしている江…
本城の主@ Re:11月5日「海峡マラソン」(11/05) 溝田・・・2時間49分台のベスト、みん…
2020.01.24
XML
カテゴリ:思考
大会

大阪国際、別大、延岡、北九州、名古屋、びわこ、佐賀等

大会が近くなれば自分を納得させるためにタイムトライアルをしたり、距離を走ったり、ついついやり過ぎてしまうことはある話です。
自分達はどう対処すれば良いか迷うと思います。
私も、最初のうちは焦ったり、不安からやりすぎたことがよくありました。
大会時に、どの様な状態でスタートラインに立てば1番良いか?を考え、臨んでいきましょう。
私はよく、スタートラインに立つこと、立ったらゴールまでいかに楽に到達させるかを考えよ。
と言います。
失敗は、いつでも起こせるのです。
無理→無茶はちがうし。
我慢→楽
粘り→苦しい
軽快の次には、重い走りが待っている。
よほどの練習量と質を高くできなければキャパは広がらないのです。
今更ながら、出来ることをしっかりやり、あとは大会を楽しみましょう。






最終更新日  2020.01.24 11:53:03
コメント(0) | コメントを書く
[思考] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.