832208 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

本城の主の部屋

PR

全202件 (202件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 21 >

思考

2019.11.23
XML
カテゴリ:思考
東大森田ドクターの潜在能力開発の
成功者と失敗者という違いの言葉が真髄をついている。
確かに、わたしの周りに成功する人が多くいるのもうなずける

その内容とは?
「成功者と失敗者の大きな差とは?」

です。



YouTubeの動画も始めました。

動画で観たい方はこちらをご覧ください。
  ↓    ↓

https://youtu.be/KZwcAWwl590




■何らかの分野で

大きな目標を達成した人を

成功者と呼びます。



成功の反対は失敗なので、

ここでは成功していない人を

失敗者と呼ぶようにします。





成功者の特徴として、

自分が成功できた理由は、

「運が良かった、周囲のお陰だ」

と語る人が多いです。



それに対して、失敗者は

「◯◯が良くない」

「◯◯だから仕方ない」

といった言い訳をする人が多いです。



自分以外の物や人のせいにする、

言わば、他責です。



では、なぜこういった

違いが起きるのでしょうか?



それを説明するのに、

六次の隔たりという

お話をしたいと思います。





■六次の隔たりとは何かと言うと、

知り合いを6人たどると

世界のすべての人にたどり着く

という理論です。



たとえば、あなたが

トランプ大統領に会いたいが、

全くツテがないとします。



そこで、あなたは

まず私に連絡を取ります。



私もトランプ大統領や

安倍総理に会ったことはありませんが、

安倍総理に会ったことのある

政治家は何名か知っています。



私がそういった政治家から

安倍総理に頼んでもらい、

そこからトランプ大統領につながる

というわけです。





1、2、3、4番目で

トランプ大統領まで行き着きます。





■このように、

いろいろな人をたどっていくと、

どこかにつながります。



これと同じように、

成功するための鍵というものも、

どこかにあります。



では、それをピンポイントで

つかめるかと言うと、

そうではありません。



先ほどの例のように、

いきなりトランプ大統領と

知り合いになれるかと言えば、

それは無理です。



しかし、いろいろ

アプローチをしていくうちに、

どこかで成功への道につながるのです。







■これは言い換えるなら、

大量行動ということになります。



大量の行動をしているうちに

どこかにつながっていくということです。



成功者は大量に行動しているので、

後で振り返って、どこが

どうつながったかなどと

思い出すことは到底できないのです。



ですから、たまたまだとか

運が良いと思うわけです。



そして、いろいろな人の手を介して

成功に到達するので、

成功者は自分の成功は

周囲のおかげだと感じるわけです。



しかし、それは本当は

自分の行動に基づいているのです。



逆に言えば、

成功できていない人は

行動量が少ないのです。



アプローチしても

うまくいかなかった、

◯◯が良くないという結論で

終わってしまうのです。



こういったところに

大きな違いがあるのです。

わたしも、沢山の成功者を出せるように、頑張って、色々なところにたどり着ける人間になりたいと思います。







最終更新日  2019.11.23 18:18:59
コメント(0) | コメントを書く


2019.11.12
カテゴリ:思考
マラソンをしていく中で

目標にしてほしいのはマラソンを一人で考え実践し、結果を出す事
 独り立ち

いつまでも、依存して教えてもらおうと考えているとダメになる

私は、指標は示しても答えは教えない手法にしている

なぜなら、自分で見つけて欲しいから

マラソンは万人に可能性はあっても可能でないところにむつかしさがある。
努力の才能、天賦の才能の逆転もありうる。
そこにはその人の欲がからんでいるから。
ワンピースのルフィのように、なると決めて進むのと、どうせなれないと最初から諦め感じでは真逆である。
よくいるのが、なれたらいいなと思うが行動が追いつかない方。
なりたいと思うと前進するのだが。
なると決めたら思考が変わるのだが?

思考を変えるためには、欲を満たすための犠牲が必要となる。
1日は24時間しかないのである。
その使い道は各人の自由である。
必要なものを引いて、残りの時間で勝負するしかないのである。
そこに、不公平とか公平とかはない。
自分の意思で決めて、やれば大概のことは可能性が高まり実現となる。

それが夢というものではないか?

可能性を広げる努力こそ、大事なこと。

だから色々な事を学び、取り入れ、試して自分流を見つけるのである。
1人ひとり違う手法が必要と小出監督も言っていたと思う。
今は、科学的根拠を基に、計画的に、世論に負けないよう実践しなければいけない。
その分、みんなにチャンスが広がったとも言える。
陸上のタイムの変動を見ても分かる。
マラソンも2時間を切る時代に来たのだから。
それから言えば、サブスリーが3%のままではいかんでしょ。
男ならサブスリーを達成してください。
10%くらいいけるでしょ。
女子の方がスタミナの力は上です。
サブスリーを3%くらいいきましょう。

底上げし、マラソンスタートブロックにサブスリーブロックを作るくらい、サブ2.5などはスムーズなスタートを切るためには必要です。
先頭の機関車がしっかりしなくちゃ、みんな追従しないからです。
マラソン2時間切りから見た、サブスリーレベルは万人に可能な目標であると思います。









最終更新日  2019.11.13 06:52:00
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.10
カテゴリ:思考
短い距離なら勢いで走れることもあるかもしれない。
しかし、マラソンは積んできた練習や調整、自身のコンディションや気象など周りにも影響される。
目標が3時間だから突っ込んで狙いというのはいかがなものか?

やるからには42.195kmを考えて、走りきる事を前提として走るべきだ。
普段の練習でどのくらいやれているか?
そのペースや質や量は今日試すペースやタイムに充分可能なタイムか?
死ぬような走りをチャレンジしても意味がない、そう半分も持たないようなペース配分では何のためにレースに出たのかわからない。
まずは練習で20kmや30km本番で使うペースを実践するべきです。
スピードがいくらあっても走りきる力はまた別です。
高い目標を立てるのは良いこと。

しかし、それに対して可能な事を積み重ねていきましょう。

できない事を何回もやるとやがて心が折れてきます。
可能性を高めてチャレンジしましょう!






最終更新日  2019.11.10 21:55:38
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.05
カテゴリ:思考
マラソンシーズンに入った

まだ今年のシーズンは走ってない

この辺りに不安材料がある

成功体験が欲しい

そこそこのコースでそこそこのタイムを

富くじではわからないから

やはり、つくばか?

防府か?

目標は決まっているからチャンスを活かしたい

とりあえずは昨年越えご最低ラインかなぁ

何に満足するかと考えても?

可能性があるなら満足なんかしない

この身体が壊れて

再起不能になるまでやるだろう

身体のチューンを施しパワーアップしているが

パワーアップすれば車の改造と同じで至る所に負荷が掛かる。
色々なところを強化して臨まないと大事なところを壊してしまい再起不能となる。

スピード✖️量のバランスをしっかり取り

メンテをしながら上げて行きましょう。

大事な車は部品を交換すれば済むが?
身体は交換できないのです。

車の大事なところは、心臓のエンジンにあたるオイル交換。足廻りのタイヤ。体温調整のラジエター。
燃料や吸排気。
今自分に出来ること?
できない事?



少しずつ上げて行きたい。







最終更新日  2019.11.05 22:54:42
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.04
カテゴリ:思考
昨日は、山口県下関市に於いて、海峡マラソンが開催されました。

秋から初冬に向け試す場として出場する方もたくさん。
クラブからも参加、仲間も知り合いもたくさん参加しました。

結果は、走れている方とダメな方がいますが、またこれから修正して次回に確認してください。
チャレンジするということはリスクもあり、失敗をどう捉えるかが重要になります。
落ち込むのではなく、何が失敗したのか、原因を究明し、頑張っていきましょう。
微調整でできる場合と大幅に軌道修正する必要がある場合を間違いなく。
前半行った方は30km以降最低ラインわ維持した方は微調整のペース配分でいけます、撃沈した方はスタミナ修正と後半の練習が必要。
練習のペースで20km入った方は後半じわじわ落ちたなら大丈夫、一気に落ちたならかなりの後半練習が必要があり。

まだ今からでも間に合う。

最後に、マラソンは、プラスアルファの力ははない。
やったことが出たら最高で、そこからマイナス要因しか出て来ません。
そのためにも目標設定は、少し高めの3分上を見て普段からやる必要があります。
ギリギリ設定ではギリギリきれないのが普通で大体、風や坂、スタミナなどでロスします。
また、一人で走れるリズムを身につけてマイペースを作ることも大事、風がないなら一人旅が楽です。
さあ、次に向けて始動しましょう。

マラソンは、自分と向き合い、走りきれる算段を立てることが大事です。






最終更新日  2019.11.04 14:11:01
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.02
カテゴリ:思考
不安はなぜ起こるか

それはひとつ

自分が今までやって来たことが

レースに向けてできないかもしれないと思うから。

やって来たことだけを出すつもりで臨めばプレッシャーを味方にでき、高望みせずに出来るはずなのに。
さらには、練習時にタイムではなく本番のペースように感覚で走り、その日の体調や気象やだせる力の範囲内を目安に走る。  

大会が近くなって来た方々

余裕ある入りからその日の体調などを感じとって下さい






最終更新日  2019.11.02 00:34:51
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.28
カテゴリ:思考
昨日はムツゴロウ駅伝andマラソンに参加

調子が良くのぼり調子ならベストも出るだろうが

先週は、疲れた

スタート前から体が重い

それでもアップを長めに行い

流しを入れて

ムツゴロウ駅伝で唯一、キロ3:25以上が使えたことが幸い。
入りはキロ3:00ペースから、落ち着かせ
折り返しと坂がありながら3:20、そこから向かい風を受け、折り返して600m
直線ではないけどまあまあ。
次はキレを上げていき、タイムに反映する様にしていきたいと思います。

今週は、水曜ナイターに少しタイム狙い、土曜日はベスト出せたらと思います。
わたしの場合は11月に入りますと一気に調子が上がって来ます。ここから更に二歩前進です。
今季ベストを狙っている方は、指針となるものをクリアしていかないといけないです。
それは5kmや10kmのタイムだけでなく、20kmや30kmを楽に走りマラソン感覚を身につけることと、最後まで走り切る自己コントロールすること、身体の中身を調整し身体の代謝やエネルギーシステムを把握することです。
余力を持ってクリア出来るように計画し、減点方式のマラソン本番をなるべく減らさないよう出来ることはやっておく。
風や気温、雨や暑さはマイナス要因の方が多いはず。
体調も含めてコンディション作りは大事です。
気力、体力をリフレッシュした状態で臨みましょう。






最終更新日  2019.10.28 07:15:05
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.25
カテゴリ:思考
何事も出来る人と

できない人がいる

全てを人のせいにせず

自己責任において

考え、行動し、決め、結果を出す。

仕事において

趣味において

結果を出すために、何が優先するかや重要かの判断

その時々で判断して行くことができ

自分がやらねばならない事が分かっている。

才能だけでなく

努力の方向性が良い方向に向かっていること

今の時点での実力を把握し
今できることを積み重ね
成功体験から着実に結果を残し
積み重ねる

遠いようで、実は近道

基本を大事にして

走ることなら、手っ取り早い方法もあるが、身につくこと、次につながること、ふぉーむやリズム、ジョグや流し。
動きの基本を大事にする。
そして、自分の強み弱みを認識して強化に取り組む姿勢。
小さな事でも大事にして
一歩先に進むこと。

気持ちの面で負けないこと

何かを犠牲にしても取り組む姿勢

全てを自己責任の下、取り組んでいくこと。

その中で良いものを見つけて行くことが大事です。











最終更新日  2019.10.25 00:32:35
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.10
カテゴリ:思考
過去がイメージにある。
だからあの時こうだったからと先入観が生まれる

科学的に解析し、分析し、判断は人間が行う

Look before you leap

転ばぬ先の杖

経験から学ぶこと

マラソンも同じ

経験からやらねばいけないことを見つけ

次に活かす

やらずに後悔するのはよくある話






最終更新日  2019.10.10 06:00:39
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.21
カテゴリ:思考
私は、兼ねてから男性サブ3.5、女性サブ4はできると言ってきた

ただし、条件があり

私の話を理解してくれること

さらには信じてやってくれることです

才能があり、運動能力があるひとのことを言っているのではなく、経験のない素人からの方でもと言うことです。
時間はかかるかもしれないですが行けるんです。
さらには、男性サブスリー、女性3.5は継続的にやれるようになれば可能です。

私は、定番のトレーニングはしますが巷でやるようなメニューとは違った角度から取り組んでいきます。
なぜなら、サブスリーなら全体のランナー1000万人のうち3%、ほかの97%はできない練習をしているんですよ。
周りと同じような練習では成長できないと思いませんか?
サブスリーがしたいなら、そのための練習環境や知識、大事なことをやらなければいけません。
そして、やっていることが直結して、目に見えて進歩や兆しがないといけません。
やっているうちに自信が付き、ペースを覚え、スタミナが付き、目標タイムが見えてくる。
そんなトレーニングをしています。
ほとんどの方が目標達成していきます。
やりたい方が集まれば良いと考えています。
1人でもやる方はやるし、やらない方はやらない。
そこに目標意識の高さの差がでて結果につながります。
1人練習で、できないのは練習ではなく、方向性がブレたり今やらなければいけないことに取り組んでいるかとか、最重要な練習を20%以上しているかなど、ついつい緩んだり、言い訳が出たりするとまずいです。
きっとスタートラインに立った時にはみんな平等なんです。
マラソンは人と競争したらタイムが悪くなりやすいので、タイムを目標に進めていき最後に快走するようにコントロールですね。

あと、トレーニングは大会の結果を左右する70〜80%、残りは気象条件やメンタル、調整、グッズ、対策や準備となります。
同じ時間をかけて、出来たり出来なかったりするということがみなさんが見えないところで起こっているんです。
そのためには最低でも、今サブスリーをしている人に話を聞いたり、一緒に練習したり、サブスリーの多くいるところで練習したり、環境を整えることから始めるといいと思います。
その時の注意点は、自分の走りにあった練習や弱点を強化できるかなど、故障なく進歩できる環境であることです。
マラソンを解り、練習できる場所なら大丈夫です。
今からでも来年の大会に間に合います。






最終更新日  2019.09.21 16:42:10
コメント(0) | コメントを書く

全202件 (202件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 21 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.