869017 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

本城の主の部屋

PR

全689件 (689件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 69 >

カテゴリ未分類

2020.01.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨日、間に合いそうになり、大阪行きを決断

昨日、夕方から出発

受付は、マカせてゆったり到着

晩ごはんをトミーとゆかの3人で

私はハーフなんでビール🍻🍻🍺
昼からのレースだからゆったり起床
朝ごはんは東横の軽食
それから大阪城公園に
2時間前に到着し、早めの準備
荷物預け、トイレ、整列
今年は関西学連の第一回なんちゃら大会で参加者増加、スタートロスは昨年の比にならず
実質20秒はやられた

それでも、スタートからはキロ3:30を刻み5kmを17:30くらいで通過しました。
予定より早かったから5km以降は流してジョグ、ゴールは1:22:50くらい

その後、マラソンのゴールをみる。
松田選手の後半の走りに感動した。
おめでとう㊗️

それから、ゆかのマラソン応援に、39km過ぎまで走る。
次々とサブスリーランナーが通過していき
余裕を持って来た❗️
それから41kmまで声掛けランをして41kmで見送る。
競技場に先回りして待つこと3分
なかなか来ないぞ!
そして
来た❗️
2:57:後半
ギリギリ
ラスト200.残り45秒、厳し❗️
ラスト100.残り15秒
切れない
しかしベストはある❗️
2:59:08のタイマーでフィニッシュ
2:59:09
ベスト1秒更新❗️

まあ、おめでとう㊗️
術後ひと月、まあ、普通はないかな。
プロ根性見せてもらいました。

これをみて、我々も来週の別大をしっかり走りたいと思います。
大会は、行橋や勝田、大阪、昨日のナイターとみんな調整して頑張っています。
今週、しっかり調整していきましょう。

今週は、水曜ナイター、土曜朝練9:00スタートあります。
よろしくお願いします







今日、走られたみなさんお疲れ様でした。






最終更新日  2020.01.26 21:46:10
コメント(0) | コメントを書く


2020.01.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
失敗するときには必ずその前に兆候などがあるものです

私は、消防時代に現場活動をするにあたり

訓練を行っていました。

訓練では、実践を見越してハードにぎりぎりの状態を作り

その中で判断をするように仕向けてきました。

それをするまでには、基礎となる訓練を十分に行い

更には、幅広い知識と多くの訓練を必要とします

そのため、私の指導は自主性と基本

何を求められているかを、その時必要な判断をできるように日々訓練をおこないます。

災害の予測も普段はこんなことは起こらないであろうということを訓練の途中に入れて


最悪の状態を一度は作ります

その中で失敗したり、経験したり、早い判断をして100パーセントでなくても人命には危険なく


皆が安全に助かり、被害が最小限に収まるように心がけていました。

最優先することは、助ける側も助けられる側も安全に助かるということです。

最悪、リスクがあるとしても人命に危険のないように判断します

最高は、皆が安全に、迅速に助かることです。

そのうえで物的損害等が最小限であるならなおさらよし。

このようにして、本当の現場が来た時に経験や知識やチームワークで最小限の被害で収めるのが仕事でした。

いまは、マラソンに置き換えると

ゴールまで最速で走りきることと出来たら順位が上がること

まずはゴールまで走りきるだけのスタミナとスピードはあるのか?

勝負をするときに駆け引きやスピードは残っているのか?

このような単純なことを積み重ねて

マラソンを考えると3時間を切るなら

いかに3時間を切るペースで長く走れるようになるかということです

練習で切れるペースで40km行けるならほぼ確実、30kmまで行けて8割

20kmだとスタミナがあれば2分落ち、10kmくらいだとまず切れない

練習では何を取り組んでいるかにより結果はすでに決まるのです

いつも後半に失速する人、前半突っ込んでいく人

走りきる根拠は何ですか?

それを見つけられたらマラソンは簡単です

いろいろな練習法もありますが

40km走を何回もしていき、そのタイムを短縮していくことが一番の早道

でしょ?






最終更新日  2020.01.15 06:57:10
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.04
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日はつなぎ練習

昨年から合宿並みに練習してきて

防府マラソン明けから

25日 3000m×5

27日 32km八木山往復トライアル

28日 16kmペース走

29日 20kmジョグ

30日 30kmペース走

31日 20kmジョグ

1月1日 20km山ジョグ

2日 20km花房往復ジョグ

3日 16kmビルドアップ

4日 2時間ジョグ

そして明日追切ラストの40km走を8時30分スタートで行います。

参加者は、給水の準備や服装、靴などのグッズ、そして本番使用の準備も試すとよいでしょう。

しかし、タイム設定は、この年末年始の疲れもあるでしょうから

余裕をもって、最初は入り

中盤から少しずつ上げていけるようにためていきましょう

残り10kmを上げれたらよし

残り5kmでもよし

イーブンでもよし

後半垂れるのだけは避けてください。

一人はしりになっても、リズムで押していき、じっくりと走りましょう

朝は7度予想で寒いですからその対策も

暑くなったら脱げる準備でよいと思います。

しかし、最高気温は12度ですがそこまでは上がらないと思います

曇りの風なしです。






最終更新日  2020.01.04 19:44:34
コメント(0) | コメントを書く
2019.12.04
カテゴリ:カテゴリ未分類



防府マラソンは、北西の紫色の風が吹きやすい。
よって、今年のコースでは

5kmから
7kmから
9km〜
16km
19.5km〜26km
29.5km〜33.5km
40km〜?多少
当日北西なら頭に入れて走って行きましょう。

路面の状況
昨年雨が降り路面の悪さがあったためふくらはぎに疲れが出たので、足元のことを考えコースを路面の良い場所を走るようにしましょう。工場地帯の前半7kmまで、13kmから17kmは悪い。

坂は4回、三田尻大橋と植松跨線橋の往復。
小さな坂は27kn、31kmにある。
この場所で多少の上げ下げがあるが落ち着いて対応しましょう。
ただ、行きの20kmからは集団を力に風を受けないようした方が良いです。

服装は、人それぞれなんで、体感温度により決めていきましょう。
ただ風が1m吹くと1℃下がると言われているから気温10℃でも5m風が吹けば体感は5℃となります。
高齢になれば寒さに弱くなると言われていますがこの辺りにも注意が必要です。
また、日差しは逆に暑さを感じますから気温一概には判断してはいけません。

大会が近づいて、不安から練習を落とせない方、練習でタイムを確認しないと不安になる方、ポイント練習で常に頑張らないといけない方は調子が良くてもやりすぎて大会当日にピークが過ぎ、体調合わないこともよくある話です。
あと10日、もうやることはなく、ルーチンな儀式のみをこなしていきましょう。
気持ちは当日にピークが来るよう抑え、早く大会のスタートが待ち通しいいと思うようにしましょう。












最終更新日  2019.12.04 21:57:29
コメント(0) | コメントを書く
2019.11.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は、昨日ユルジョグだったので少し負荷を上げた

距離も30km弱

明日は日田トレイル

明後日は基山ロード10km

頑張っていくぞ!




明日の練習は、トラック20000m

朝は日田トレイル、日曜日基山ロード

その後福岡国際マラソン応援📣
頑張るぞ💪







最終更新日  2019.11.29 23:38:50
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
私が現在行っている糖質制限
主に、このロカボナッツを食べています。
このナッツを締めに、野菜サラダ、スープ、肉又は魚を摂り朝はなし、昼と夜は同じようなメニューでしています。
夜はお酒も少し飲みますのでそこは真似しなくてよいです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一週間分のロカボナッツ(210g)
価格:699円(税込、送料別) (2019/6/27時点)




効果としては、減量、便通、腹が減らない、ということで

走っても腹が減らず、トイレにも行きたくならない。

もう一つ、肌艶が良くなったような気がします。






最終更新日  2019.06.27 06:27:06
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.21
カテゴリ:カテゴリ未分類

さあ、30日にサロマを控えて

ソロソロ、調子を上げておきたいところだが

何かきついぞ?

昨日のジョグもダルダルだし

今日は20分でやめた

疲れが取れない感じだ

軽い感じの状態は全くなく

何時も重い状態

まあ、走り出して調子が出てくればよいのだが

何ともわからない

来週には量を減らして調整するが

今週は土曜日の16000mをそれなりには走りたい

先週は、キロ4分10秒での20000mだったので

何としても、キロ3分55位内ではと思う








最終更新日  2019.06.21 22:03:27
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.19
カテゴリ:カテゴリ未分類
月間走行距離を目安に練習している方もいると思います


それも悪くなありません

ある程度までなら走行距離が増えれば走れます

まずは完走することが重要ですから

その先にタイムを目指すようになったら

タイム短縮に必要なメニューをしていかなければいけません

最初の頃は量によりカバーできるが

頭打ちになったり、練習に慣れたり、負荷がかからなくなってくると記録も伸びない

やはり、ちょいきついくらいの練習が必要になります

ちょいきついを感覚で走るとしゃべれる限界

しかし、継続して走れるペースです

タイムではありません、長く走れる感覚です

その感覚がマラソンの時には必要になってきます

よって、狙いは楽になる感覚を上げていくことです

ちょいきつい、楽な感覚のちょい上のペースを使い、それを月間距離の2割くらい走ります

月間200kmの方なら40km以上

げっかん400kmの方なら80km以上

私は600kmだから、120km以上を走っています。

当然ちょいきついから、距離はあまり走れません

その時は分割でも構いません


3時間を切り、2時間50分を目指していくなら、まずは1kmを10回を4分10秒から15秒で楽になるように。

出来るようになったら、4分で10回

更に2kmを8分で、3kmを12分でと伸ばしていき5kmを20分、10kmを40分となります。

メニューは一回で出来ることは一回で、出来なければ分割でという考え方です。

マラソンペースを楽にすることが走り切る為には必要です。






最終更新日  2019.06.19 16:54:13
コメント(0) | コメントを書く
2019.05.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年度になり

トレイルの練習を開始して

皿倉ケーブル→福智山往復

皿倉山系を走り込み

平尾台では流して走り

2部錬も朝に山、夜にナイターとやってきて

5月は明らかに大腿筋の大きさが変わった

インターバルをしても脚が萎えない

疲労がたまってもキロ3分40秒はいつでも出せる

冬に向けてはこの感覚を大事に

レベルダウンを最低限にして夏を乗り切りたい

それと併せて、更に脚筋強化を図り

山での走りでスタミナと下半身を改造したいと思います

昨年と体重は変わらず54kg~53kg

しかし、ランパンが明らかに小さくなった

腰回りから腿周りが盛り上がりを見せている

見た目は細くなったように見えるが

実際は大きな筋肉はさらに強化され

要らない部分はそぎ落とされた感じだ

今のところ筋トレは何もしていない

上半身は本当にひ弱になり重いものを持てなくなった(笑)

5月から9月まではトレイルレース4つ

ウルトラマラソン1つ

マラソン2つ

トレイルは近場ばかり

ウルトラはサロマ湖

マラソンは北海道にエントリーしている

遠征するのも今年が最後

秋からは近場の大会でレースを絞って記録を狙う

秋以降は防府のみ確定

それ以外は福岡マラソンに当たれば

北九州に当たれば

九州圏内で

今季の狙いは、2時間35分切り

ここで行ければ60歳での参加が可能となるが

参加資格の見直しもありそうで

こればかりはどうしようもない

とりあえず

切るしかない






最終更新日  2019.05.15 07:06:42
コメント(0) | コメントを書く
2019.02.20
カテゴリ:カテゴリ未分類
熊本城マラソンは今年で3回目

サブスリーを2回しているので、今回達成すれば名前を入れてもらえるという特典は

無くなった?

2015年に2時間48分台で2018年に2時間49分台

そして、今回2時間46分台

目標は、ラスト2.195kmを坂を含むらすと1kmでも8分台で上ること

スタート後に、跨線橋やアンダーパス、橋を超え前半に4つ後半に4つを超えていく

特に後半33kmくらいからのアンダーパスからの上り坂を落とさず上れるか

更に二つの跨線橋で脚は止まる

坂の練習をしていかないと後半に脚に来て止まるコースだ

過去2回もラストに脚に来て9分を超えた

電車通りからの熊本城への二の丸への道は歩けば大した坂ではないが

走った人しかわからない

今年はそこを8分41秒でクリアした

このタイムはだいたい、2時間30分台前半の人並み

2時間30分を切った方でも8分20秒台はかかっている

7分台は皆無

これで、後半の上りの脚は今季すべての大会で出せたことになる

あと残りは姫路城と板橋

姫路は2週連続のマラソンですから期待はしませんが疲労が取れたら2時間44分切りくらいで、

疲れがあれば2時間50分切りくらいのマイペースで走りあとに疲労を残さない

その3週間後の板橋でリフレッシュした脚で走りたい

過去、夏から始めたマラソン練習~大会での成績を見てこれほど安定した走りを維持できた年はない

たいがい、何度かは失敗してやめたり、してきたので

昨年の北海道マラソン後、水戸、福岡、大阪、防府、別大、熊本城と連戦しているにもかかわらず

途中経過はその時々だが、後半の走りはすべて走り入れている

そのすべてはタイム(ハーフー2.195km)ー平均心拍ー最高心拍ーストライドに出ている

水戸ー2:48:43(1:24:42↑41秒ー8:34)-154-172-1.28(気温上昇)

福岡ー2:41:51(1:20:01↓1:50秒ー8:21)-2:48:43-160-182-1.31(気温上昇)

大阪ー2:44:45(1:20:46↓3:59ー8:05)-158-173-1.30(2kmで腿痛める)

防府ー2:39:31(1:19:19↓57秒ー8:09)-157-176-1.24(雨で靴が重くなる)

別大ー2:49:01(1:22:02↓4:59ー8:05)-150-168-1.27(10kmで記録をあきらめる)

熊本ー2:46:12(1:22:23↓1:26ー8:41)-155-174-1.29(平均ペースを)

さあ、残りも少なくなってきたが、脚の貯金も少なくなってきているようなので

ギリギリ持ってくれたらと感じる

昨年夏以降に感じた大腿四頭筋と二頭筋の弱さを感じた。

マラソン後はこれの強化からです






最終更新日  2019.02.20 07:00:24
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全689件 (689件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 69 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.