198371 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

カンツォーネ礼讃Viva Canzone!

PR

カレンダー

プロフィール


Reiko2007

バックナンバー

コメント新着

Reiko2007@ Re[1]:星座による性格(09/23) Tomokoさんへ 持って生まれた性格を変える…
Tomoko@ Re:星座による性格(09/23) 8割ぐらい当たってるかな?よく相手の立場…
Reiko2007@ Re[1]:Techetechete' 9/14 : ジャンニ・モランディ特集(09/14) ancora17anniさんへ 50年以上経っても、…
ancora17anni@ Re:Techetechete' 9/14 : ジャンニ・モランディ特集(09/14) モランディ特集、有難う御座いました。思…

全575件 (575件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 58 >

カンツォーネ

2018.12.10
XML
カテゴリ:カンツォーネ
暖かな日が続いた後の寒さは身に堪えます。皆様お元気ですか。

ジュゼッペ・ディ・ステファノと言えば、オペラとカンツォーネ・ナポレターナですが、ロマーナも歌っています。
「ローマよ今夜はふざけないで」と「ローマのギター」を聴きましたが、いつも聴いているロマーナ(ランド・フィオリーニ、ヴィアネラなど)とは随分違います。
ロマーナはナポレターナよりも土臭い感じがしますが。
ナポレターナもロベルト・ムロロとジュゼッペ・ディ・ステファノの歌い方では随分違いますね。好みは人それぞれ、聞く時の気分によっても感じ方が変わったりもするので、色んな歌手のを聴くのもいいものです。
ローマのギター






最終更新日  2018.12.10 16:50:14
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.07
カテゴリ:カンツォーネ
​来週の土曜の「カンツォーネを楽しもう in 京都」の2部の「クリスマス・ソング特集」に向けて準備しているところです。
「ホワイト・クリスマス」や「きよしこの夜」などの私たちがよく知っている歌はイタリア生まれでないもが多く、イタリア生まれの曲でよく歌われるのは、"Tu scendi dalle stelle"です。日本語タイトルは、「あなたは空から降りてくる」。
パヴァロッティとボチェッリの歌がYouTubeで聞けます。
パヴァロッティ
ボチェッリ






最終更新日  2018.12.07 19:39:40
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.03
カテゴリ:カンツォーネ
久し振りにRAI UNOの番組の紹介です。

昨日放送の"DA DA DA"は15分と短いですが、女性を歌った曲の特集でした。
イ・プーが1976年のフェスティヴァ・バールで"Linda"を歌うシーンは初めて見ました。
イ・プーのファンの方々には珍しくもないのかもしれませんが。

下記の歌手たちをご覧になれます。
ニーノ・フェレール、レットーレ、ステファノ・サーニ、ダリダ、ロザンナ・フラテルロ、イ・プー、ウンベルト・トッツィ、ルチオ・バッティスティ、ジャンニ・モランディ、ミゲール・ボゼ、リッカルド・コッチャンテ、マルチェラ

DA DA DA : LE CANZONI IN ROSA






最終更新日  2018.12.03 14:00:31
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.23
カテゴリ:カンツォーネ
3月末からイタリア旅行をしようという話が友達から出たので、誰かのコンサートがないか調べたところ、私たちに興味のある歌手ではイヴァ・ザニッキのコンサートの情報を見つけました。

12月10日クレモーナのポンキエッリ劇場
12月14日モンテカティーニのヴェルディ劇場
12月15日、16日トリノのアルフィエーリ劇場
3月28日ボローニャのドゥーセ・ボローニャ劇場
4月10日ローマのブランカッチョ劇場

でも友達のご主人の都合が合わず、3月の旅行の話は延期になりました。






最終更新日  2018.11.23 15:08:00
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.20
カテゴリ:カンツォーネ
先日の「カンツォーネを楽しもう in 京都」で、アレクシアのコンサートに行った人がいたか尋ねたところ、誰も行っていないということでした。確かに彼女が歌う曲は私たちが愛するカンツォーネとは違います。
でも、ライブで聴くと違います。歌手が作り出す世界にどっぷり浸かることで、感じられるものがあります。
レコードやCD、Youtubeで聴くのもいいですが、ライブの醍醐味は格別です。
悲しいかな、カンツォーネのコンサートが日本で催されないのが現実です。昨年のチンクェッティのコンサートに続くものがあるでしょうか?
1960年代のあのカンツォーネ・ブーム再来は無理にしても、私たちが愛するカンツォーネを若い人にも聞いて欲しい、そんな思いを抱きつつ「カンツォーネを楽しもう in 京都」を細々と続けています。






最終更新日  2018.11.20 19:51:22
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.19
カテゴリ:カンツォーネ
一昨日の「カンツォーネを楽しもう in 京都」へお越し頂いた皆様有り難うございました。
今回は初めて来られた方が6名ほどいらっしゃいましたのに、お声がけできずに申し訳ありませんでした。
また来られることを願っております。

次回は、もう12月。一年の過ぎるのが早いこと。
昨年11月のチンクェッティのコンサートがついこの間のように思えます。

急に寒くなってきました。皆様お体にお気をつけて!
12月にお会いできるのを楽しみにしております。






最終更新日  2018.11.19 15:33:39
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.12
カテゴリ:カンツォーネ
昨日RAI UNOで放送されたDA DA DAは、ルチオ・バッティスティ特集でした。
LUCIO PER GLI AMICI PARTE 4






最終更新日  2018.11.12 15:53:20
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:カンツォーネ
昨日大阪で催されたアレクシアのコンサートへ行って来ました。
アレクシアがサンレモ音楽祭に優勝した時の映像を見た記憶があるぐらいで、殆ど彼女のことは知りませんでした。
歌はうまいし、パンチがきいていて、そのパフォーマンスからはとても50歳とは思えませんでした。
「20歳の時と違って50歳になった今は摂生している、、、」という話をしていました。
さすがプロです。どの分野でもそうでしょうが、日々努力を続けることが大切ですね。

ミア・マルティーニの"Almeno tu nell'universo"やルチオ・バッティスティの"Nessun dolore"を歌いました。その他は殆ど知らない曲でしたが、聴きごたえのあるいいコンサートでした。






最終更新日  2018.11.12 15:11:23
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.07
カテゴリ:カンツォーネ
台湾高雄公演2日目の終了後にホテル近くの料理店で晩御飯を食べたことは書きましたが、そこからの帰り道、ホテルのそばで赤みがかった正に「ルナ・ロッサ」が見えました。写真を撮りましたが、すぐそばの街灯の光が強くていい写真は撮れませんでした。月が結構低い位置にありましたから。
皆さんは、赤っぽい月を見たことがありますか。

今月17日(土)の「カンツォーネを楽しもう in 京都」の2部は”月の特集”です。
「ルナ・ロッサ」はプログラムにはありませんが、終了後のリクエスト・タイムにかけられると思います。






最終更新日  2018.11.07 18:50:57
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.05
カテゴリ:カンツォーネ
台湾公演が無事終了しました。
この2週間が長かったような短かったような。
最終日の夜の公演ではアドリブが多くて、司会のリンさん泣かせだったかもしれませんが、観客の皆さんには楽しんで頂けたことでしょう。
人を楽しませることにかけては、イタリア人は本当に長けています。
CDやレコードでは絶対に味わえない魅力がライブにはあります。

いつかまたイタリア人歌手のコンサートがあれば、是非会場へ足を運んで下さい。






最終更新日  2018.11.05 03:02:46
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全575件 (575件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 58 >


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.