000591 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Asia Presswire

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

カテゴリ未分類

2019.07.26
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
HONG KONG, Jul 25, 2019 - (JCN Newswire) - 2019年4月から2ヵ月、BTCはメインとしてのブル・マーケット相場後、最近ではデジタル通貨市場の変動が激しくなっています。契約は金融デリバティブとして、技術チャレンジとリスク管理責任が持ち、それは次々に主要な取引市場によって提供されます。歴史が長いデジタル通貨取引所Bit-Zでは、無期限契約サービスをオンライン化し、ユーザーの多様なニーズを満たすことを目指しています。

Bit-Z無期限契約は、「公正価格メカニズム」「リスクファンド」「自動減量」などの制度を通じ、満期契約の無断強制清算、システム均等割りなどのユーザーに対して不利な事件を回避することができます。

Bit-Z契約取引制度は完備し、リスクファンドの残高は透明化されます。現在Bit-ZはBTC、ETH、EOSなど多くのデジタル通貨契約取引を提供し、順方向契約、逆方向契約、双貨幣契約などの3種類の契約が含まれています。BTC、ETH、USDT、BZなどで決済できます。BTC _USDT無期限契約日の取引額は1億ドルを突破し、100以上のチームが来場、ポジション保有者数万人、市場の深さは百万級に達しました。

現在Bit-Zはグローバルで契約マネージャーの募集を開始しています。最大50%のリベート、永久リベート関係ができます。ポジションオーペン奨励、契約と通貨取引手数料リベートをもらえます。デジタル通貨業界KOL、定量化専門家、相場アナリストにおすすめしています。

2016年に香港で設立されたBit-Zは、世界トップ10のデジタル資産取引プラットフォームであり、グローバルのユーザーによりプロなデジタル資産および法定通貨取引サービスを提供します。今現在、累積登録ユーザー数は170万人を超えます。Bit-Zは、世界中のブロックチェーン愛好家が集まり、チームメンバーでは国際金融機関、ソーシャルメディア、ビデオゲームなどの人材が含まれています。我々は最もプロなデジタル金融サービス組織になることを目指しています。

Copyright 2019 JCN Newswire. All rights reserved. www.jcnnewswire.com






最終更新日  2019.07.26 01:47:03
コメント(0) | コメントを書く


2019.07.11
カテゴリ:カテゴリ未分類

Hongkong, Jul 7, 2019 - (​Asia Presswire​) -Recently, at the Skolkovo (Сколково) Science and Technology Park on the outskirts of Moscow, the Skolkovo Foundation signed an investment memorandum with Denebsoft (ДЕНЕБСОФТ) for a total investment of 400 million rubles for Denebsoft’s global digital currency and global commercialization start-up project, and signed an agreement that includes blockchain global ecological construction, cross-border barrier-free trade digital payments, etc. The partnership is led by the Skolkovo Foundation, known as the “Silicon Valley of Russia”. Through the cooperation, the two sides will be in-depth integration in blockchain underlying technology, framework construction, ecological construction and global operations. Professor Skoltech, Professor Artem Oganov, Executive Partner of Skolkovo Intellectual Property Centre Anton Pushkov, chef of Fintech and blockchain of the Skolkovo Foundation Novikov and Alexander Fertman, Director of Science, Technology and Education at the Skolkovo Foundation, and other NTI sector leaders participated in the event.

The meeting sought to address the currency problems caused by the future turmoil in the world landscape, as well as the lack of confidence and trust in the legal-currency.

The global integration of digital currencies has been a blank space, and Denebsoft has been working on blockchain technology for nearly a decade, and Denebsoft’s CEO says the blockchain digital economy is the highland of the world economy of the future, and it is currently in an untapped wasteland. Skolkovo Innovation Center is a modern science center built in Russia and has reached agreements with Microsoft, IBM, General Electric, Cisco and other internationally renowned technology companies. Skolkovo is expected to become the next top international technology center and is known worldwide as the “Silicon Valley of Russia”. Currently, Skolkovo’s research covers the world’s most promising directions, and is a cluster of biomedical, IT, power efficiency, nuclear technology and space technology, telecommunications and other industries.

In 2011, Mr. Medvedev, then President of Russia, delivered his State of the Union address: “There are more than 300 companies, which work on designing and creation, at the Skolkovo Innovation Centre. This is just the beginning, and I believe Skolkovo will be the template for the first successful global project in science, education and innovation in 30 years. “Denebsoft strives to tackle global economic turmoil, resolve legal-currency regional chaos, and protect people’s assets and flow. Denebsoft is itself a blockchain service company deeply involved in blockchain value creation, with a long-term focus on blockchain basic technology research and development, Dapp eco-construction, global payment services, bringing together industry-quality resources, and providing precision value-added services for emerging blockchain projects to achieve long-term and stable returns.

Over the years, Denebsoft has worked with the Russian government in a number of areas involving technology, operations and innovative investment, and has been involved in the work at the time of Skolkovo program’s launch, providing fruitful advice and strong technical support for the growth of the Skolkovo program. At present, the world’s major powers have laid out blockchain technology applications, competing for the commanding heights in the field of science and technology. Since the birth of the blockchain concept, it has not fully served the world economic entities, but the chaos has emerged. A reliable cross-regional consumer investment and digital currency for asset storage and circulation may be the best option at a time when global economic shocks are high lying in some regions and there is a great deal of distrust of their national fiat currency. Taking the payment industry as an example, we can see that blockchain technology in the traditional Internet field in the future hat a great space for application. According to statistics, global digital payment transactions will grow by an average of 10.9 % a year between now and 2020, reaching nearly 800 billion in 2021. According to Ejesen, interbank payments are between $25 and $30 trillion a year. Over the next four years, the largest e-commerce markets are China ($1.78 trillion), the United States ($1.15 trillion) and the United Kingdom ($314.5 billion), with a new wave of payments industry as e-commerce and global trade grow well.

Changing environments in various countries, the proliferation of fintech companies, the increasing expectations of enterprises and customers for value-added services, innovative means of payment, the acceleration of global integration process, the world’s major sons’ exploring the construction of innovative payment ecosystems, have made the barrier-free trade payments for cross-regional business cooperation an inevitable trend. The advent of blockchain will have a disruptive impact on the payment space, and the global ecology of blockchain payment applications remains a blank area, providing an excellent space for Denebsoft to expand its partnership with the Skolkovo Foundation. Denebsoft is an innovative technology company founded in 2012 in the city of Ufa, Bashkortostan, Russian Federation, and since its inception, Denebsoft has focused on the study of the application value of blockchain technology in the global payment ecosystem and creating a large-scale commercial payment scenario of the payment ecosystem. Traditional cross-border payment processes are cumbersome, with long cycles and expensive fees, from banks to SWIFT to banks. Through blockchain, a peer-to-peer system will enable the transaction to be completed quickly.

Denebsoft’s cross-border payment ecosystem transfers can reach the seconds-level, solving problems in international clearings and settlements. At the same time, based on reliable blockchain technology, the global payment ecosystem will contribute to the development of financial services, the sharing economy, healthcare, retail, logistics, media and entertainment, and promote disruptive innovation in industries such as intermediary transactions. Denebsoft is committed to promoting the application of blockchain technology in the physical industry chain and the future of global integration of digital currency commerce. Blockchain will be unmatched in the application of cross-border payments. From a speed, cost and security perspective, cross-border payment services are the most promising starting point for blockchain. Denebsoft said that in the future, the company’s global payment ecosystem will join Skolkovo in taking responsibility for driving global economic change.

 Company: Denebsoft

* Source: ​https://asiapresswire.kinja.com/press-release-1836275958​ , contact hk@asiapresswire.com







最終更新日  2019.07.11 23:14:18
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.09
カテゴリ:カテゴリ未分類
東京, 2019年7月9日 - (Asia Presswire) - 東急不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大隈 郁仁、以下「東急不動産」)とソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、東急不動産がエリアマネジメント活動を行う竹芝地区(東京都港区)において、都市再生への貢献や産業振興の加速などに向けて、共同で街づくりに取り組むことに合意しました。
これに基づき、両社は、最先端のテクノロジーを街全体で活用するスマートシティの共創を目指して、竹芝地区でデータ活用やスマートビルの構築に取り組むほか、ロボティクスやモビリティ、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、5G(第5世代移動通信システム)、ドローンなどの幅広い領域でテクノロジーの検証を行います。また、最先端のテクノロジーを検証したい企業や団体の募集も行う予定で、さまざまな事業者が竹芝地区にテクノロジーを持ち寄り、地区の発展や課題解決を実現するスマートシティのモデルケースの構築に取り組みます。
なお、東急不動産は竹芝地区で「(仮称)竹芝地区開発計画」を手掛けています。本計画は、東京都の「都市再生ステップアップ・プロジェクト」の一つであり、東急不動産は、国家戦略特別区域計画の特定事業における整備方針に基づき、業務棟と住宅棟から成る総延床面積約20万m2の国際ビジネス拠点の創出に向けて取り組んでいます。また、新たな賑わいの創出や地域コミュニティーの形成を目的に、企業や行政機関などの関係者と連携し、竹芝地区でエリアマネジメント活動を行っています。
この竹芝地区において、総合デベロッパーとして手掛ける都市開発やエリアマネジメントに関する東急不動産の知見と、ソフトバンクのテクノロジーや知見を掛け合わせ、両社の強みを活かしてスマートシティの構築を推進します。なお、ソフトバンクは、「(仮称)竹芝地区開発計画」において東急不動産が開発するオフィスビルに2020年度後半に本社を移転し、東急不動産と共にビル内外の人流データや環境データを収集・解析することで、快適な環境整備と効率的なビル管理が可能になるスマートビルを構築する予定です。
具体的な取り組み
街のさまざまなデータを活用
(1) 環境の変化や歩行者の滞留などの「イベント」に応じて最適な行動を促すアプリケーションプラットフォームを竹芝地区に導入
温度やCO2(二酸化炭素)濃度などの環境の変化や、歩行者の滞留、設備の不具合、公共交通機関の遅延など、エリア内で発生するさまざまな「イベント」をデータとしてリアルタイムに収集し、時間帯や個人の位置情報、行動の制約やその他の予測などと関連付けて分析することで、竹芝地区に滞在する人の的確な判断や最適な行動を支援するアプリケーションを提供できるプラットフォームを竹芝地区に導入します。
活用事例
- ビル内での映像解析やセンシングにより不審者や異常な行動、設備の不具合などが検知された場合、屋内位置情報システムにより発生場所から最も近くにいるスタッフのスマートフォン(スマホ)に自動で状況を通知して対応を促し、迅速な警備を実現します。また、指名されたスタッフがスマホで対応依頼を受諾すると、その情報が他のスタッフに自動で通知されるため、スタッフ間で効率的に情報を共有することが可能になります。
- 飲食店の混雑状況を可視化し、利用者が空席状況を確認してから来店することを可能にします。また、公共交通機関の遅延を検知した場合、最適な交通の代替手段や周辺の飲食店などの空き状況をスマホアプリやサイネージなどで案内するなど、竹芝地区に滞在する人に有益な情報を届けます。
(2)企業などによる竹芝地区のデータ活用の推進
竹芝地区に設置するさまざまなカメラやIoTセンサーにより収集したデータを取得できるAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を公開し、企業などによる竹芝地区のデータ活用を推進します。例えば、竹芝地区にオフィスを構える企業は、地区内の混雑状況データを取得することで、最適な通勤時間を社員に提案するコンテンツをイントラネットなどで提供できるようになるほか、飲食店などは、施設内外の混雑情報を割引サービスなどの集客施策の検討に活用できるようになります。
また、ソフトバンクは2020年度後半に本社を移転するオフィスビルに5Gネットワークを整備していきます。5Gの「超高速」「大容量」「低遅延」「多接続」「高信頼」などの特長を活かし、東急不動産とソフトバンクは、竹芝地区において、幅広い領域でさまざまな事業者と共創し、地区の発展や課題解決を実現するスマートシティのモデルケースの構築に取り組みます。
本リリースの詳細は下記をご参照ください。
Article preview thumbnail
竹芝地区でスマートシティを共創 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンク
ソフトバンク株式会社の企業・IRページです。「竹芝地区でスマートシティを共創」をご紹介します。
Read on softbank.​jp






最終更新日  2019.07.09 17:09:20
コメント(0) | コメントを書く
2019.07.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
TTT Ventureは、NQ Versalと共同開発した新しいチップセットを発表します。 2019年6月18日に、より多くの投資家とコインの資金を集めるためにアジア市場に参入することを目指しています。チップセットはより良い自動化された取引戦略で解決策を提供することを目指しています。したがって、TTTベンチャーの投資家はチップセットの収益と利益を得て、顧客の投資から最大限の利益を得るための高性能および取引戦略を実行することができます。
使い方 ?
このテクノロジにより、TTTベンチャーは最大3つの市場価値資産を活用した高性能のEAアービトラージ戦略を開発することができます。これは暗号通貨、金、そして外国為替です。 TTTベンチャーは、すべての市場を単一のプラットフォームに統合し、自動化された裁定取引テクノロジを利用して、異なる市場における価値の差の間で正確かつ効果的な取引を実行します。システムの基盤は、取引を実行するためのGimmer取引ボットを備えた安定した信頼できるMT5プラットフォームの上に構築されています。したがって、投資家による暗号通貨への資金提供は、時間の経過とともにその価値が高まるでしょう。
 
TTTベンチャーを選択する理由
MT5のような強固なプラットフォームがなくても単一の市場にのみ依存している他の裁定取引プラットフォームとは異なります。 TTTベンチャーは、3つの最大規模の市場を組み合わせて、より制御性の高い単一のプラットフォームにする、非常に用途の広い戦略を提供します。 TTTベンチャーは、5つの連続した一連の利益最大化を使用しています([現金]> [株式]> [先物]> [流動性提供者]> [利益])。これらの方法は、「ゴールドチェーンエコシステム」への投資家の資金調達に最大の価値成長をもたらします。
会社
TTT Ventureは、Vincent Allan Sander氏によって2018年に設立されたハイテク企業です。彼の究極の目標は、伝統的な暗号投資の方法を凌駕する革新的な技術と健全な財務管理会社を創設することです。ドイツのベルリンを拠点とする半導体メーカー、NQ Versalとの提携により、MT5プラットフォームでAltcoin、Coins、およびFiatを取引できる最高の量子取引チップセットを作成しました。






最終更新日  2019.07.03 20:41:34
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.28
カテゴリ:カテゴリ未分類
1

中国の古代の歴史の中で、子供時代から非常に男の子っぽい、刺繍をかけてKong Fuを愛していた "Mulan"という名前の女の子がいました。戦争が起こると、ムーランは男の服を着て、病気の父親の代わりに軍に加わりました。その後、彼女は指揮官まで成長し、彼女の兵士たちを勝利へと導いた。それは好きな物語になりました。
 2
ランニング時代(郭モハン)120×100cm

中国の河北省出身の美しい少女、Guo Mohanは、父のGuo Haiboの影響を受けて、他の女の子のようにピアノや絵が好きではありませんが、冷たい鉄板にハンマーで叩いて鮮やかなエンボス画像を作成します自然、人間、そして動物として。

鉄板色の銅エンボスは、世界の芸術と工芸の歴史の中で新しいスキルです。芸術を愛し、金属材料の研究に従事しているGuo Haiboと彼の兄弟によるホーニングと実験を通して創造された新しい芸術的表現でもあります。私たちが通常尊敬する芸術作品は、紙やキャンバス、あるいは石膏、セメント、大理石による彫刻です。毎日鉄板や銅板を扱う郭兄弟は金属の冷たい質感に深く魅了され、彼らは鉄板や銅板の上に鮮やかな芸術作品を作り出す方法を考え始めました。まず、スケッチを手で描き、それから慎重にハンマーで鍛造し、最後に研磨や焼き付け着色などのバティック技法で美しく仕上げると、鉄板色の銅のエンボスが生まれます。驚くべき芸術的効果が観客を魅了し、中国政府によって無形文化遺産として挙げられています。
 3
カングリンポチェ(郭海宝、郭Mohan)100×120 cm

Guo Mohanは男性より劣っていないが、彼女の父親のキャリアを継承している。彼女は彼女の父親によって作成された素晴らしい美しさを愛し、それに彼女の人生を統合します。目標を達成するためのプロセスは、特に金属を扱うための限られた強さを持つ少女にとっては決して簡単ではありません。彼女の人生の大部分はスタジオで過ごされ、Guo Mohanは孤独を受け入れます。彼女の腕は腫れていますが、彼女はそれにぶら下がっています。彼女の成長と共に、「滑らかな水の中」、「山岳民族の希望」、「走る時代」などの優れた作品が彼女のハンマーの下で生まれました。それは観客に比類のない美的感覚を生み出しました。世界に新しくて貴重な芸術の富を残しなさい。

現在、美しいGuo Mohanは河北産業職業技術大学の芸術学科の教師です。歴史の中の「ムーラン」のように、モハンも軍を率いていますが、彼女の軍隊は戦争のためではなく、美しさと文明を創造するためのものです。彼らは職業の困難を克服し、人生の衝動を解き放ち、しっかりとした地面に足を踏み入れ、感謝と着実に前進します。
                            
メディア連絡先
会社名:越明(北京)文化発展グループ
都市、州、国:北京、北京、100022
住所:No. 20 E 3rd Middle Ring Rd。 che城センター棟5階
お問い合わせ先:Susan Cui
テレ:+86 18611005073
ウェブサイト:http://www.yuemeiculture.com






最終更新日  2019.06.28 04:01:03
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.27
カテゴリ:カテゴリ未分類
京都, 2019年6月22日 - (JCN Newswire) - 2019年6月7日から13日まで、花家部落はビジネス本質の探索、深くの研修、そして日本ビジネスを解読する考察活動を行った。この活動は花家部落の創始者であるアリスを団長とする視察団約200人が6月8日、日本の大阪に到着し、相次いで日本の大阪、京都を訪問し、日本から来た企業家の代表と友好的な交流を行った。ブランドの創始者であるアリスは活動が順調に開催するため、4日前に日本に着いてイベントの企画者と交流を重ね、各部門の活動計画を綿密に調整した。

花家部落視察団は1週間近く、日本の大阪、京都を転々とし、また有名な企業を見学し、海外の共有クラスを主催し、有名な観光地を訪問して日本の特色ある文化を体験した。多くの文化交流を行い、豊かな成果を挙げた。

有名な企業を考察し、職人精神を身につけた

日本島本微生物株式会社は、世界で1000年以上の発酵技術を持つ有名な微生物発酵研究開発会社であり、設立から64年間、微生物の発酵と研究开発に専念してきた。今回の見学で、日本島本代表は花家部落視察団への暖かい歓迎を表して、初期段階で島本微生物と花家部落の間の協力を十分に確信し、将来の協力にも完全な信頼を表明した。

見学を通じて、花家部落視察団は島本公司が主張しているコアコンセプトを学び:「真の農業 - 農業は国の基礎です」。同時にこの会社が固く守る厳格な科学的な研究精神を一層体得した。

大家の知恵に耳を傾け、哲思の悟りを得る

日本経済大学経営大学院長、日本長寿企業研究部門の第一人者である後藤俊夫さんが招待され、花家部落視察団の活動に臨み、「日本の長寿企業と職人精神—3代を超える富」というテーマを提出した。彼は、職人精神があるだけでなく、日本が昔から現代的な管理システムを持っていて、家業を継ぐ强い意志があるということは日本にこんなにたくさんの長寿企業が存在している重要な原因だと指摘した。

同日午後、京セラ株式会社部長が舞台に立ち、アミバの経営哲学について発表した。アメーバの経営哲学は日本「4人の聖人」の一つである稲盛和夫氏に設立されたもので、稲盛和夫の経営哲学体系に属する核心思想は「人間の心の管理である」。今回の分かち合いで、視察団一行はアメーバの経営哲学についての科学的な理念と具体的な実践方法を獲得した。

日本文化を体験し、エキゾチックを感じる

視察活動の数日中、主催側は日本文化を体験するイベントも手配した。視察団はまた、世界的に有名な日本のユニバーサルスタジオ、京都の清水寺、二年坂三年坂、花見小路、四天王寺などの名所を訪れ、日本の特色ある文化行事である茶道を体験した。日本の茶道は中国から始まって、「茶禅一味」を重んじる。つまりお茶を賞味する間、哲理を考えて、収穫を感得することである。

日本への旅行の間に、花家部落200名の中核役員が日本京セラ本社から授与されたアメーバ管理証明書を取得しただけでなく、同时に日本の経営に対して深い理解を得る。更に重要なのは自己改善とキャリア開発のためのより広い視点とより明確な計画を持っている。

今回の日本のビジネスの本質を探索する研修の旅を通じて、花家部落の中核役員は企業家の戦略的な思考でより広い世界を切り開くと信じている。

Media contact
Company Name: Huajiabuluo
Person: Weiqiang Xue
Website: http://www.fairyhouse.co/
Email: 519738515@qq.com 

トピック: Press release summary
セクター: Travel & TourismLocal Business 
http://www.acnnewswire.com 
From the Asia Corporate News Network 






最終更新日  2019.06.27 17:25:16
コメント(0) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.