157602 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

アジアの言葉を丸かじり

文法について

文法というと難しく聞こえます。
ここで言っている文法とは、効率よく学ぶための
言葉の形式のことを指しています。

中国語は英語のように、動詞の次に名詞がきます。
このような構造の言葉は、ちょっと、きつめに耳に聞こえます。

韓国語は日本語のように、名詞の後に動詞がきます。
このような言葉は、ちょっと、まったりとに耳に聞こえます。

中国語はハッキリと、韓国語は情緒を込めて話しましょう。

これで、言葉のイメージを感覚的につかみます。
(フリーページの発音を参考にしてみて下さい)

さて、いよいよ、次は文法についてです。

ここでは、次のことを言うための形式が分かるのが目的です。

◎自分の意見を述べる

    これは、~です。
    私は、~をします。

◎何をしたら、”駄目だ”

    否定の表現ですね。
    スイッチのONとOFFと同じで、
    否定の表現は、大事な基本です。

◎人に聞く

    これは、何ですか。
    あなたは、何をしますか。

◎お願いする

    ~をお願いします。

後は、細かくいうと、次のルールを知っていると、さらに
良く分かるのですが、初めは必要ありません。

◎過去にしたこと

◎未来にすること

◎出来ること、出来ないこと

◎可能性を聞くこと

文法というよりも、耳で聞いて、話して言葉を
理解するという方法ももちろんあります。
ヒッポファミリークラブという多言語学習の
事業団体もあります。教材が試聴出来るので
試されるのも良いかと思います。
http://www.nhk.or.jp/nhkworld/japanese/internet_j.html
ヒッポファミリークラブへジャンプ


© Rakuten Group, Inc.