000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まてぃの徒然映画+雑記

2006.12.09
XML
カテゴリ:香港映画
香港得意の悲恋物語。

郭品超演じる空き巣のチョッカンは迷子になったシウヤウをうちにつれていくことをきっかけに、薛凱(王其)演じるウィンインの一家と親しくなる。一家といっても、ウィンインと兄と兄の子供のシウヤウだけ。
兄は全身麻痺で動けないため、ウィンインが家事も仕事も介護もシウヤウの世話もすべてやっている。しかし、兄の病気は遺伝性のためウィンインもいつ発症してもおかしくない。苛酷な生まれで貧しいながらもつつしまやかに営む家族。
チョッカンはそんな家族としだいに親しくなっていき、ウィンインと惹かれあっていく。だがチョッカンは黒社会のフーから目障りにされ、難癖をつけられる。そして雨の日、チョッカンとウィンインはそれぞれ危機を迎える・・・。

邦題にあるとおり、雨や水、海が重要な小道具となっている。出会いの場面、ウィンインが倒れ、チョッカンもやられる場面、二人とも小さいころの夢が海賊だったこと。ストーリーも印象にのこっている場面ばかりだが、兄の自殺前の話やウィンインの前でチョッカンが自分の正体を明らかにしていく場面、ウィンインがチョッカンの宝物を勝手にあけてしまうところ、シウヤウがパパが死んだことをもう一緒にゲームができないところで実感するところなど。

シウヤウがとても子役とは思えない演技力で可愛い!そして最後の金庫の中身はなんだったのか・・・。

郭品超もかっこいいとしか言いようのない演技。映画初主演とは思えないほど。薛凱(王其)はわざと暗い顔をして、あんまり可愛さをおもてに出してなかったが、香港のニューアイドルとしてチョッカンと一緒にいて笑っている笑顔なんかはすてきだった。今後の郭品超と薛凱(王其)の活躍に期待大。

ジョー・マの監督作はあまり日本では公開されてないけど、香港では若手俳優を使ってヒットした作品が多いんだよなぁ。「初戀無限touch」とか「百分百感覺」とか。観たかったけど日本公開されなかったので残念。でもこの映画でジョー・マの実力は思いっきり発揮されている。
香港らしいメロドラマ好作品。

公式サイトはこちら

12/4 新宿武蔵野館






最終更新日  2006.12.09 09:00:02


PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まてぃ@ 引越し ブログの2大機能がトラバとコメントだと…
rose_chocolat@ やっぱりそう思うよね。 TBなくなるんならそれは最早、blogではあ…
rose_chocolat@ まてぃさんどうするの? 楽天は明日からTB受信機能がなくなるんで…
まてぃ@ rose chocolatさんへ コメントありがとうございます。 MEI観た…
rose_chocolat@ Re:台北の朝、僕は恋をする 一頁台北(04/02) これ何も知らずにブリリアショートショー…
まてぃ@ RINさんへ コメントありがとうございます。 東京の…
RIN@ 映画館 上映している映画館、少ないみたいですね…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.