369876 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まてぃの徒然映画+雑記

2007.02.12
XML
カテゴリ:香港映画
非攻と兼愛。ちょっと墨子を読んでみようかな。

紀元前370年ごろ、戦国時代の話。大国趙に攻められる梁は、墨家に救援を要請する。趙軍10万を前に、梁城は住民を合わせても4000人。降伏を決断した梁王だったが、その直後に墨家から革離がただ一人やってくる。果たして革離は梁城を守れるのか・・・。

劉徳華の渋さに惚れた!相変わらずかっこいいですねぇ。今回は迫力と劉徳華の渋さを求めて観たので、満足でした。

そして映画の豪華さ。韓国からは、劉徳華扮する革離の相手役、巷淹中には韓国の国民的俳優らしいアン・ソンギ。彼は自分もどっかで名前聞いたことある気がする。そして梁王の息子、梁適役にはチェ・シウォン。

香港からはおなじみ劉徳華と監督のジェイコブ・チャン、台湾からは子団役で呉奇隆、中国からは女騎士の逸悦役で范冰冰、梁王として王志文、そして日本からは撮影監督で阪本善尚、音楽で川井憲次と、アジアのエキスパートが勢ぞろい。

どうしてもアジア合作となると小さい佳品よりも壮大なスケールの映画になってしまうのかな、と思うも「関於愛」のような良い映画もあるけれど、あれは合作というよりオムニバスだし。大作は大作で、迫力を楽しめるから楽しいし。この映画も、趙軍の進撃がいつまでも何隊も続くさまがあるし、城攻めのシーンや攻防戦は迫力たっぷり。

革離と逸悦の心の通じ合いも良いスパイスとなっている。一緒に滝壺に飛び込むところなどはハラハラどきどき。最後、喉を潰された逸悦が近くにいるのに気づかない革離。切ないねぇ。

また梁王の愚鈍ぶりもあっぱれ。自分の息子まで殺してしまい、革離を追放だなんて。こんな国は元々滅ぶべきでしたね。子団の漢っぷりにも惚れました。これも呉奇隆のかっこよさからでしょうか。

ジェイコブ・チャンも何となく名前は知っていたのだけど、後で調べてレスリーの「流星」の監督だったんだと。へぇーって感じでした。さらに純名りさが主演した「夜間飛行」も彼の作品だったと知っても一度びっくり。純名りさの舞台挨拶を偶然見ちゃったから結構鮮明に覚えてる。

公式サイトはこちら

2/11 川崎チネチッタ








最終更新日  2008.03.23 16:48:05

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まてぃ@ 引越し ブログの2大機能がトラバとコメントだと…
rose_chocolat@ やっぱりそう思うよね。 TBなくなるんならそれは最早、blogではあ…
rose_chocolat@ まてぃさんどうするの? 楽天は明日からTB受信機能がなくなるんで…
まてぃ@ rose chocolatさんへ コメントありがとうございます。 MEI観た…
rose_chocolat@ Re:台北の朝、僕は恋をする 一頁台北(04/02) これ何も知らずにブリリアショートショー…
まてぃ@ RINさんへ コメントありがとうございます。 東京の…
RIN@ 映画館 上映している映画館、少ないみたいですね…

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.