288235 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

まてぃの徒然映画+雑記

2008.10.25
XML
カテゴリ:その他の映画
やはり、過去は拭いきれないのだろうか。。。

刑期を終えて出所した彼は新しい名前「ジャック」として、世間に出て行く。新しい仕事、新しい友人、そして恋人。過去を偽っているという負い目からか、幾度も告白したい誘惑に駆られるが、その度にソーシャルワーカーであるテリーから「絶対に過去は秘密だ」と強く念押しされる。

交通事故に遭った少女を助けて新聞に取材されたり、恋人と充実した日々を過ごす毎日。しかし彼の過去が暴かれた瞬間、その平穏な日々はあっけなく崩れ去ってしまう。。。


出所後の「今」と犯罪を犯すまでの「過去」がシーン毎に交互に描かれていく。「今」のジャックを演じるのが、期待の新人ガーフィールド。暗い過去を背負いながら、でも次第に新しい環境に馴染んでいき、そして過去を隠していることに苦悩する、そんなジャックを、強く触ったら砕けてしまうガラス細工のように繊細な表現で演じている。

徐々に仕事にも慣れて同僚たちと遊園地やディスコに行くシーンでは、まるで自分までその場にいるんじゃないかってくらい臨場感あふれる音楽が鳴り響く。専用試写室だったから、会場の音響効果も抜群だったんだろう。

そして、その音楽の高鳴りはそのままジャックの心の内をも表していたのだろう。刑務所から出てきて、改めて「自分は自由だ。新しい人生が始まったんだ」というワクワクした感じを、大音量の迫力あるBGMで表現する。

しかし、新しい自分の中の影、隠している過去がジャックの心をじわじわと責めつづける。恋人のミシェルや同僚のクリスから信頼をかちえながら、彼らに隠しごと、それも誰もが知っている事件に関する隠しごとをしている自分に苦悩するジャック。テリーに電話しては泣き崩れ、ミシェルやクリスの前では顔をさすり、目を背けて彼らを直視できない。この演技がうまいんだ、また。ミシェルと話しているときにためらいがちに言葉を返すところなんか、ちょっと声が震えたりして。

ソーシャルワーカーのテリーは、ジャックを守り導く存在だけど、そんな彼も自信の生活では家庭問題を抱えたまま生きる一人。離婚した妻についていった息子がやってきて、働きもせず居候状態でいるが、一度も息子の元を訪れなかった後ろめたさからか、腫れ物にさわるかのような扱いで何も強く言えない。そんな自分の息子と大変な境遇のジャックとをどうしても比べてしまったのだろう、息子と一緒に酒を飲みながらうたた寝したときに本音がぽろっと出てしまった。

どんなふうに愛情をかければいいんだろう。ほんものの家族と、家族同然でも他人と。でも難しいよね。「過去」のジャックの相棒フィリップは「兄貴に××された」って言ってたし、家族といっても最近では家庭内のほうが問題多かったりするし。でもこのフィリップの本当に憎々しげな顔は、役柄にぴったりでした。最初は苛められているところを助けて、それからコンビをくんで悪さばかり、嘘泣きしてその間に万引きさせたり、とんでもない悪ガキで、あ、でもパンフにも「主人公の過去は話さないで」って書いてあるから、書きすぎないようにしよう。

配給会社の方が前説で「久々のブリティッシュインディーズの傑作です!」って言ってたけど、ブリティッシュインディーズといえば「トレインスポッティング」を思い出す。

会場のシネカノン試写室は、さすが試写専用だけあって映画館よりも立派な椅子にしっかりとした音響、前の人の頭が気にならない段差配置など、素晴らしい会場だった。こんなところで毎回映画が観られれば嬉しいなあ。

ちょっとハードな場面もあるけど、いろいろと考えさせられる映画です。

(c)THE WEINSTEIN COMPANY ,FILMFOUR CUBA PICTURES
11月、渋谷シネ・アミューズほか全国順次ロードショー
公式サイトは→http://www.boy-a.jp/

10/17 渋谷シネカノン試写室

トレインスポッティング DTSスペシャル・エディション(初回限定生産)(DVD) ◆20%OFF!
クリックで救える命がある。






最終更新日  2008.11.23 19:00:33

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まてぃ@ 引越し ブログの2大機能がトラバとコメントだと…
rose_chocolat@ やっぱりそう思うよね。 TBなくなるんならそれは最早、blogではあ…
rose_chocolat@ まてぃさんどうするの? 楽天は明日からTB受信機能がなくなるんで…
まてぃ@ rose chocolatさんへ コメントありがとうございます。 MEI観た…
rose_chocolat@ Re:台北の朝、僕は恋をする 一頁台北(04/02) これ何も知らずにブリリアショートショー…
まてぃ@ RINさんへ コメントありがとうございます。 東京の…
RIN@ 映画館 上映している映画館、少ないみたいですね…

ランキング市場

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.