395182 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まてぃの徒然映画+雑記

2009.05.27
XML
カテゴリ:日々の雑感
グイン・サーガを書いていた栗本薫さんが亡くなった。以下ヤフーニュースから引用。

============================================
SF、ミステリー、時代小説、評論など多彩な分野で活躍した作家の栗本薫(くりもと・かおる、評論家名は中島梓=なかじま・あずさ)さんが26日午後7時18分、膵臓がんのため、東京都品川区の病院で死去した。栗本さんは早大文学部を卒業し、1977年に評論「文学の輪郭」で群像新人文学賞を受賞しデビュー。翌年、テレビ局内での殺人事件を描いた「ぼくらの時代」が江戸川乱歩賞を受賞し脚光を浴びた。

79年に始まったSF大河小説「グイン・サーガ」は120巻を超えて執筆を続け、「世界最長の小説」(版元の早川書房)という。主な作品に「魔界水滸伝」「絃の聖域」や「伊集院大介」シリーズなどがある。

栗本薫、中島梓の2つの名前を使い分け、80年代にはテレビ朝日系のクイズ番組「象印クイズ ヒントでピント」にも女性陣のキャプテンとしてレギュラー出演し、お茶の間でもおなじみの存在だった。音楽好きでバンド活動を行い、ミュージカルの脚本、演出も手掛け、多彩な才能を発揮した。邦楽など伝統文化に詳しく、日常的に着物を愛用したことでも知られる。

90年に乳がん、2007年末に膵臓がんの手術を受け、自宅療養を続けていた。病床でも執筆を続け、08年夏には闘病記「ガン病棟のピーターラビット」を刊行した。その後、肝臓への転移が見つかり、闘病しながら執筆活動を続けていた。病状が悪化する中、ホームページでは「からだのきくうちにやりたいことをすべてやっておきたい、と切実に思っています」など心情を吐露した。

“世界最長”の金字塔を打ち立てた「グイン・サーガ」は今年で刊行開始から30年に。巻数は126に達し、すでに今年刊行分の原稿は書き終えていたが、4月下旬には「小説をなんとかしなくては」とつづり、もどかしさも見せていた。
============================================

夕方に携帯のモバゲータウンのグインコミュをみたら「栗本薫先生を偲んで」というトピックがあって、えっと思ってニュース検索したらしっかり出てきて・・・。

なんだかまだ現実感がわかないけれど、HPの神楽坂倶楽部はすでに閉鎖されてしまいました。4/28から更新がなく、今回は更新間隔が長いなあと思っていたけれど、まさか今月上旬から再入院していたなんて。。。この現実感のなさって、レスリーの自殺ニュースを見たときと似たような感じです。

ご本人もHPで「冬が越せて、桜も見れて、次は、、、」と書いていただけに順調に回復していたと思っていましたが、こんなに早く亡くなられるなんて信じられません。

今はただ心からご冥福をお祈り致します。
クリックで救える命がある。






最終更新日  2009.05.27 22:42:15
[日々の雑感] カテゴリの最新記事


PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まてぃ@ 引越し ブログの2大機能がトラバとコメントだと…
rose_chocolat@ やっぱりそう思うよね。 TBなくなるんならそれは最早、blogではあ…
rose_chocolat@ まてぃさんどうするの? 楽天は明日からTB受信機能がなくなるんで…
まてぃ@ rose chocolatさんへ コメントありがとうございます。 MEI観た…
rose_chocolat@ Re:台北の朝、僕は恋をする 一頁台北(04/02) これ何も知らずにブリリアショートショー…
まてぃ@ RINさんへ コメントありがとうございます。 東京の…
RIN@ 映画館 上映している映画館、少ないみたいですね…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.