378013 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まてぃの徒然映画+雑記

2009.09.06
XML
カテゴリ:その他の映画
移民大国アメリカの問題点を照らし出す社会派サスペンス!

移民局の捜査官マックス・ブローガン(ハリソン・フォード)は、日々不法移民の摘発をしている。その日も摘発に踏み込んだ工場で、拘束したミレヤから息子のことを託される。マックスはミレヤの息子をメキシコの実家に送るが、ミレヤはまたアメリカに向かった後だった。

マックスの同僚ハミードは元移民でアメリカに帰化しているが、家族は奔放な妹に手を焼いている。その妹が勤め先の店長と一緒に射殺されたが、所持品から不審を抱いたマックスは捜査に乗り出していく。

それ以外にも、オーストラリアから観光ビザでやってきて女優を夢見るクレア、イランから一家でやってきて高校で9.11の犯人を理解しようと呼びかけるムスリムの女子高生タズリマ、ヘブライ語がまったく話せないのにユダヤ教のラビに扮してグリーンカードを目論む男、市民権取得の宣誓を前に悪友たちと強盗をしてしまう韓国系移民のヨン、保護施設に1年以上もいるアフリカ系女の子など、グリーンカードや市民権をめぐっていくつかの物語が並行して語られる。

偽造グリーンカードの依頼だったり、担当弁護士だったり強盗の現場に居合わせたり、何らかの形で少しずつ重なっているんだけど、それぞれのエピソードがなかなか示唆に富んでいて、アメリカの移民をめぐる問題の複雑さと重さをうまくあらわしていて考えさせられたなあ。

ハミードがヨンを見逃すところなんかは、自身の帰化の経験と妹のことがあったからなんだろうなと思うし、ユダヤ教のラビがでたらめなお祈りを認めるところも同じユダヤ人としての仲間意識みたいなものがあったんだろう。

それぞれのエピソードがハッピーエンドのものと悲惨なものとあまりにもはっきりと分かれるのもアメリカっぽい感じ。グリーンカードや市民権を取得できた者たちはハッピーそのもの、その一方で不法就労のミレヤや父と弟妹と別れて言葉も喋れない母国へ強制退去させられるタズリマには厳しい現実が待ち受ける。その中で颯爽とアメリカを去る、つまりグリーンカード取得失敗組のクレアが悲壮さを感じさせないのは、夢が破れても普通に帰れる故郷がある安心さなのかな。

言論の自由や銃規制、経済格差などいろいろと考えさせられる事柄が多く、どっしりときました。そしてハリソン・フォードは久しぶりに見たけど老けてました。

公式サイトはこちら

9/2 中野ZERO大ホール

『海角七号、ついに日本公開!』

クリックで救える命がある。






最終更新日  2009.09.07 21:05:12

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まてぃ@ 引越し ブログの2大機能がトラバとコメントだと…
rose_chocolat@ やっぱりそう思うよね。 TBなくなるんならそれは最早、blogではあ…
rose_chocolat@ まてぃさんどうするの? 楽天は明日からTB受信機能がなくなるんで…
まてぃ@ rose chocolatさんへ コメントありがとうございます。 MEI観た…
rose_chocolat@ Re:台北の朝、僕は恋をする 一頁台北(04/02) これ何も知らずにブリリアショートショー…
まてぃ@ RINさんへ コメントありがとうございます。 東京の…
RIN@ 映画館 上映している映画館、少ないみたいですね…

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.