375765 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

まてぃの徒然映画+雑記

全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

読んだ本

2011.04.04
XML
カテゴリ:読んだ本


断る力 (文春新書)

最近、朝生での原発発言でまた物議をかもしている勝間さんの著書。

中部電力の原発CMに出て、フクシマが大変なときに朝生で原発擁護発言をしてしまうと、テレビの影響力って大きいし、その人の思想的背景がどんなものなのか、印象づけてしまうから、そういう目でこの本も読んでしまいました。

こんなブログの記事http://yamanaka-toshiko.cocol … [続きを読む >>]





最終更新日  2011.04.05 21:46:37
2011.02.18
カテゴリ:読んだ本

記者会見ゲリラ戦記

いわゆる「記者クラブ問題」の渦中で正面から正々堂々と政府の記者会見に突撃していった、フリージャーナリストのまさに「戦記」戦いの記録。

Twitterをはじめとしたインターネットメディアでの自由な報道が広がり、今まで新聞やテレビといったマスメディアが記者クラブという形で情報を独占していたことが明らかになった。これまでも週刊誌などで … [続きを読む >>]





最終更新日  2011.02.19 23:52:29
2011.02.11
カテゴリ:読んだ本

自分の小さな「箱」から脱出する方法

架空の会社、ザグラム社に新しく上級管理職として入社したわたし(トム)が受けた2日間の不思議な研修、それはザグラム社の素晴らしい業績の礎となるもので、筆頭副社長のバドや会長のケイト、創業者のルーたちとのミーティングだった。

テーマは「箱」という名の自己欺瞞。箱の存在を確認するところから始まり、箱が引き起こす問 … [続きを読む >>]





最終更新日  2011.02.12 23:15:17
2011.02.03
カテゴリ:読んだ本


百二十八枚の広島

昭和二十年代の終わりから三十年代初めにかけて、広島の人と街並みを写した写真集。

原爆で何もかも無くなったのに、昭和二十年代の終わりには明るい活気ある街並みができている。もちろん道路は舗装などされてなくて、バラックも残っているけれど、草木一本生えないのでは、と思われた大地に根をはって、しっかりと人々は暮らしている。

モノク … [続きを読む >>]





最終更新日  2011.02.04 00:31:08
2011.01.30
カテゴリ:読んだ本


裏方ほどおいしい仕事はない!

裏方から会社のあらゆる人を動かす「事務局力」を発揮することで、特別な矢印になろうという本。

「雪かき仕事(目立たたず誰の義務でもないけれど、誰かがやらないと結局みんなが損をする仕事)」を拾っていこう、という考え方はよく理解できて、「ビジネスプロデューサーを目指そう」というところにも、ハードルは高いけれど共感でき … [続きを読む >>]





最終更新日  2011.01.30 22:26:44
2011.01.13
カテゴリ:読んだ本



デッドライン仕事術

残業禁止で有名なトリンプの元社長、吉越浩一郎氏の仕事術を紹介した一冊。

『デッドライン仕事術』とは、1.毎日「お尻の時間」を決めて仕事をする、2.すべての仕事に「締切日」を入れる、の2つがポイントである。

一日の業務の締め切り(=終業時刻)を設定することでダラダラ残業をなくし、各自の課題にも締め切りを設定することで仕 … [続きを読む >>]





最終更新日  2011.01.14 15:48:34
2010.12.20
カテゴリ:読んだ本


勝間さん、努力で幸せになれますか

香山リカが『しがみつかない生き方』の最終章で「をめざさない」というタイトルをつけたことがきっかけで、二人の対談が実現した。

アメリカ型合理主義、そしていまや“できる女性”の代名詞として輝ける成功者のアイコンとしての勝間和代と、単純な二分法を是とせず、「勝ちか、負けか」の市場万能主義に押しつぶされた人と接してき … [続きを読む >>]





最終更新日  2010.12.21 23:22:49
2010.12.01
カテゴリ:読んだ本


日本経済の真実―ある日、この国は破産します
日本テレビ系列土曜日朝8時からの「ウェークアップ!ぷらす」キャスターの辛坊治郎氏が書いた本ということで、興味を持って読んだ。共著者の辛坊正記氏は実兄で、住友銀行でMBAをとったりした経済畑の人。

本書の半分以上は、暴論に騙されないための日本経済入門、と題してGDPの解説から始まり、三面等価の原則(生産、分 … [続きを読む >>]





最終更新日  2010.12.03 00:03:06
2010.10.08
カテゴリ:読んだ本

35歳からの生きかたの教科書

人生の分かれ道、とでもいうべき35歳を迎えて、悩む読者に贈られる、10年先輩の著者の経験を踏まえたアドバイスが70個並ぶ。

うまくいかない原因を「生き方」にある、と看破し、著者がどうやって7つの壁を乗り越えて「生き方」を変えてきたか、が平易だが深い文章で綴られている。

7つの壁とは、

1.心配事が頭から離れない
2.最 … [続きを読む >>]





最終更新日  2010.10.09 00:42:07
2010.10.04
カテゴリ:読んだ本

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

東京大学で日本近現代史を研究する著者が、高校生を相手に日本の近代を戦争を軸に講義した内容をまとめた本です。

時期は戦争を単位にして、日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦、満州事変と日中戦争、太平洋戦争、と戦争を区切っていて、改めて振り返ってみると、10年ごとに日本が戦争をしていたことが一目瞭然です。時代を戦争で … [続きを読む >>]





最終更新日  2010.10.05 00:55:32

全56件 (56件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

まてぃ@ 引越し ブログの2大機能がトラバとコメントだと…
rose_chocolat@ やっぱりそう思うよね。 TBなくなるんならそれは最早、blogではあ…
rose_chocolat@ まてぃさんどうするの? 楽天は明日からTB受信機能がなくなるんで…
まてぃ@ rose chocolatさんへ コメントありがとうございます。 MEI観た…
rose_chocolat@ Re:台北の朝、僕は恋をする 一頁台北(04/02) これ何も知らずにブリリアショートショー…
まてぃ@ RINさんへ コメントありがとうございます。 東京の…
RIN@ 映画館 上映している映画館、少ないみたいですね…

ランキング市場


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.