000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

本の虫の読書ノート

本の虫の読書ノート

2024.07.19
XML
テーマ:本のある暮らし
カテゴリ:ミステリー
麻加朋さんの「青い雪」を引き込まれるように読みました。
2021年第25回日本ミステリー文学新人賞受賞作です。



少女の誕生日、レストランで食事してから帰ろうとした時、
少女はいきなり突き飛ばされて転んでしまった。
気がついたら、すぐ横に母親は倒れていて動かなかった。


避暑地・土筆町に暮らす11歳の柊寿々音は、養女だった。
その事は、きちんと養父母から告げられていたから知っていた。

不安や寂しさがないと言えば嘘になるけれど、
養父母の愛情はちゃんと感じて暮らしていた。

寿々音は、年に一度避暑地にやってくる3組の家族の子供たちと
夏を過ごすのが何よりの楽しみであった。

ある年、一番年下の幼女が失踪して、行方不明になった。
その幼女は発見されず未解決事件となてしまった。

行方不明から6年後、寿々音は一通の手紙を目にする。
「すずねはあくまのこ ははおやはブルースノウ‥‥」

その手紙が意味することは…未解決事件が動きだす。

謎解きの面白さでぐいぐい引っ張っていきますが、切ない結末、
題名の「青い雪」の意味が明かにされます。

青い雪【電子書籍】[ 麻加朋 ]


この本は、麻加朋さんの4作目の作品で、デビュー作です。
他には、↓の「ブラックバースデイ」があります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブラックバースデイ[本/雑誌] / 麻加朋/著
価格:1,870円(税込、送料別) (2024/7/19時点)











お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

Last updated  2024.07.19 05:05:19
コメント(0) | コメントを書く


【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

Calendar

Profile

蒼い芥子

蒼い芥子

Recent Posts

Category

Freepage List


© Rakuten Group, Inc.
X