014128 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

「宇宙から還りし王」(山稜王改題) 山田企画事務所

■宇宙から還りし王 第16回


■宇宙から還りし王(山稜王改題)第16回
(1978年作品)
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://www.yamada-kikaku.com/

 キーンはネフターの肩に手をおき、
「リゲル産の酒だよ、どうだね」
 「キーン、その酒は」 
「わかっているよ、ジェームス、この酒が特殊なのはわかっている。さあネフ
ター君、この酒を飲みたまえ」
「いや、それは・こネフターは三人の背広姿の男達に押さえつけら
れている自分を発見する。口を開けさせられ、無理やりにリゲル酒
が流し込まれる。
「窓を開ろ」
ネレトバが男達に命令する。地上45階の窓は三重窓に
なっていた。ようやく全開される。
 「いいか、ジェームズ、こ奴は、事故で死ぬ。リゲル酒を飲みすぎ
て、頭がおかしくなり、窓から飛び降りたのだ。ジェームズ、わか
っているな」

 「わかった。キーン、君にまかせる。君の好きなようにしろ」
スターリングは自室を出ていこうとして、ドアの所でふりかえる。
 
「いいかね、キーン。こんな事は、今度からは君の部屋でやってく
れ」スターリングはドアを閉めた。
 ネフターは背広姿の三人の大男にさからっていたが、勢いをつけ、
窓の外へ放りなげられた。

 「うわっ」

ネフターの目の前で、空港の光や街の光がくるくると廻
る。風が急激にネフターの体をおそう。

落下しているネフターは気
を失ないそうになる。その瞬間、ネフターは上から肩をつかまれた。
落下がとまる。
ネフターはゆっくり上を見上げた。そこには見知ら
ぬ男の顔があった。が下は鳥の姿なのだ。
ありえない。これは悪夢
だ。ネフターは気を失なった。
下の階へのストリ。プHエレベータ
-に乗っていたスターリングは叫び声をあげていた。

「リーファーー」

 ■ケインはまたもや、意識がスリップしている事に気づく。初めは
ネフターで、あとはりリーフアーの意識だ。

 (続く)宇宙から還りし王(山稜王改題)
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://www.yamada-kikaku.com/


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.