015560 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

SF小説「アイランド」山田企画事務所

■アイランド■第12回(最終回)

■アイランド■第12回(最終回) [ 飛鳥京香の「アイランド」 ]
■アイランド■第12回(最終回)
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://www.yamada-kikaku.com
 
「ビィー。アリス。君達は、もう人類を殺すのはやめてくれ。我々
は、我々自身の手で滅びるべきだ。俺がその役目を果たす。幸
この島にまだ仕掛けはある」

「パパ、僕はきっと生き続ける。この地球を変えるためにね。ママ
と一緒だよ」
「そうだ。ビィー、お前が、地球に残された唯一の希望かもしれな
い」
 コロラドは抱いていたビィーをアリスに返す。
そしてアリスに言った。
 「いいか、アリス、よく聞いてくれ。ビィーは私の血と肉から生ま
れた子供だ。必ず守ってやってくれ。世界は君なちのために開かれ
ている。新しい世界がね」
 「わかったわ、コロラド。あなたが・最後まで、私達を守ってくれる
のね」
 「そう言う事だ。俺の持てるすべての力を使って、君達を守る」
 「ビィー、覚えておいてくれ、そして君の子孫に伝えてほしい。君
たち、新地球人のために手助けをした旧い地球人がいた事をな」
「わかった、コロラド=パパ」

 コロラドは防禦システムSDIIのファイナルバージョンのシス
テムをONにした。島のあらゆる防衛機構が動き始める。そして最
後には……

 コロラドは、車で、サンチェス島の中央まで、二人をつれていく。
 「さあ、ここだ」
 アリスに穴を示した。その穴は地下道となり、地下へ向って行く。
コロラドが脱出用に作っておいて電磁気レイルウェイだ。

一人乗りで、数百km離れた大陸に結びついている。このカプセル列車とレ
イルウェイは一度しか使えないのだ。
「さようならコロラド」
「さようなら、パパ」
 二人は、コロラドに言った。

 ビィーをかきいだいたアリスは卵形の列車に乗り込む。
 コロラドの姿は闇の中へ消えていく。

二人の体は高速で、新しい歴史へとつき進んでいった。

 数分後、サンチェス島は大爆発をおこした。

コロラドの自爆操置か。あるいは、レインツリーの潜水艦が放った核ミサイルか。それとも、機動兵団の核攻撃か、いまだに不明である。

 ただし、同時に、アリスとビィーは消滅したとファイリングされ
た。
 機動兵団のほとんどが全滅されたともファイリングされた。
 アリス=ママはギシギシとぎこちない動きをしている。

古い材料
ばかりなのだ。
 さてヽもうおわかりかもしれないー私ビィーはこの地球世界でこ軒
たの租となったのだ。
 
覚えておられるだろうか。
 私ビィーはパパ、コロラドに、キスをした。その時、私の意識の
内に、コロラドの意識をコピーし、取り込んだのだ。
 だから、私ビィーは。コロラドでもある。

 私コロラドは、自らの体の滅びる瞬間を感じ、アイランドが消滅す
る瞬間も見たのだ。
 コロラドの体が滅んだ事は、少なくとも、サンチェス島の人々の
つぐないにはなったかもしれない。コロラドの体はサンチェス島と
心中したのだろう。

 私ビィーがいかに、苦難の道を歩み、新人の租となったのか、そ
れは次の機会に語ろうと思う。
(完)
1975年作品 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://www.yamada-kikaku.com/





Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.