234984 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

散歩道

2018年01月03日
XML
カテゴリ:独り言
年末はやたらとついていなかった。

まずは一万円紛失。

ただの一万円ならまだしも、忘年会で部長から「がんばったで賞」として、部から一人に渡されたものだった。

酒を飲むと、しばしば何かを落としてしまう。

酔いが覚めた次の朝、前日の喜びの涙が、一瞬で後悔の涙へと変わった。


二つ目は歯の損失。(あえて損をつけてみる)

先日ここにも書いたが、良くない未来を、事件から一ヶ月ほど経った今も私の頭に残している。

そして、どうにか取り付けた今月二十日の予約も、急用から流れてしまいそうである。

果たして次はいつの予約がとれるのか・・・

私の歯は・・・未来は・・・


三つ目が最大に私を打ちのめした。

クリスマス明けの26日、仕事帰りに事故を起こしてしまった。

車同士の衝突で、私の車は全損によって買い替え。

中古だからと車両保険に入らなかったが、まさか10ヶ月で廃車となってはさすがに笑えない。

過失割合がどうかは年をまたいでからの話となったが、何しろ散々な日々に、もう勘弁して欲しいと思う年末となった。


ここ数年、毎年忘年会を行う友人と、去年の末にも会った。

ピンクの車(台車なのだが)に乗っていることから「どうして?」と始まり、この顛末を話す。

そこでようやく判明したのだが、なんと私は厄年であったらしい。

「もうすぐ後厄になるからよかったな。」

軽く言うな、と呆れてしまったが、微かな期待を翌年に添えてみることにした。


しかし、不幸は誰にも平等に訪れるのだろうかと考えることがある。

私は運がない人間だ。

不幸が取り纏われるのとは違う。

幸運や好機といったものに恵まれていないのだ。

だが、慣れきった人間だからなのか、ふいに訪れた不幸からの脱却は人よりも早いと思う。

自浄作用なのだろうか。

程度の差になく、何かと好都合な言い訳をつけて、私はいつの間にか立ち直っている。

そして、些細な幸運にすべてが浄化されきってしまう。

趣味でやっている懸賞でアイマスクが当たり、車の初売りに行ったらビンゴで発泡酒の6缶パックが当たった。

なんて安い。

なんて安い、けれども。


不幸を癒す薬。

この体に備わるとしたら、それはクスリと言うより免疫だろうか。

そしてそれは、不幸に効くクスリは、果たして幸運なのだろうか。

不老不死の話に近いのかもしれない。

そして私は時折考えてしまう。

私はクスリの代わりに、多くの不幸を抱えるのでは、と。

これはまた鶏と卵の関係のようだ。

そして最後に私は思う。

私という人間はこんなつまらないことを考えて老いる人間なのか、それとも答えのないことを考え続けるから私なのか。

ここまで来ると、もう不幸の来訪は忘れている。



つまらないことをたくさん考えた2017年だった。

今年も脳が腐るほどに考えるだろう。

1月1日の満月を、白い光を浴びながら、自嘲気味に考えた。






最終更新日  2018年01月03日 22時57分35秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

プロフィール


幸せな海の月

フリーページ

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

幸せな海の月@ Re:おめでとうございます(09/28) あお.さん > まっまさかまだ見ていて下さ…
あお.@ おめでとうございます 就職内定&ブログ10年おめでとうございま…
幸せな海の月@ Re[1]:止めて(09/05) チョベ> びっくりw またね。 ありがと…
チョベ@ Re:止めて(09/05) よっ! おひさしぶり! また来るね!
あお.@ Re[2]:想い(10/21) こちらは関西なんですよ。 話したらきっ…

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.