410033 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

atelier☆lucere

2012年06月04日
XML
カテゴリ:気づき
6/1伊勢神宮へ参拝しました。
外宮と内宮を合わせて、伊勢神宮ということだそうで、両方行ってきました。
以前、アトリエ☆ルシェーレで開催したセミナー「日本の神様」の講師で、
神様おたく&哲学博士の友人から、セミナーの中で、神社に行く前には、
神社の神様に予約していくとよい、と聞いていたので、
事前に心の中で、天照大神さまに予約して行きました。


東京からは新幹線で、1時間40分で名古屋に、
さらに、近鉄の急行で1時間15分ほどで、伊勢市に到着です。
近鉄の御朱印切符がお得で、駅で数回乗り降り可能で、バスが無料になります。
伊勢市駅から、ゆっくり歩いて10分ほどで外宮です。
境内に入ったとたん、空気は一変し、涼やかで神聖な雰囲気になります。
入ってすぐの、まがたま池の写真です。

  • 2012-ise1.jpg


  • 外宮にはいくつかの宮がありますが、メインの御正宮参拝の時は、
    周囲に誰も参拝者はなく、ゆっくりと前に立ったとたん、
    幕がふわーっと手前に開き、参拝し前を見ると、
    幕がふわーっと奥の方へたなびいていました。
    まるで、返事をしてくれているような感じでした。


    下宮から御朱印切符を使い、バスに乗って15分ほどで、
    内宮の少し手前の猿田彦神社前で下車。
    猿田彦は導きの神様なので、正しい道を歩んでいけるように参拝しました。
    人は少なく、とても清浄な感じで、心がかなり盛り上がりました。
    伊勢神宮に行く方は、ここの参拝もお勧めします。


    猿田彦神社から徒歩10分ほどで、いよいよ内宮です。
    写真は内宮の宇治橋です。外宮は左側通行でしたが、内宮は右側通行です。
    さすがに内宮の御正宮は、混み合っていました。
    御正宮の幕は、フワーフワーと開いてたり閉じたりして
    まるで神様の呼吸のようでしたが、
    前に立ったあたりで、風のすごい勢いで開いていました。
    その勢いでお参りしました。

  • 2012-ise2.jpg
  • 2012-ise3.jpg

20年に1回、御正宮は立て直されるそうで、ちょうど
現在の御正宮すぐ隣の敷地に立て直し中で、来年平成25年に完成します。
20年経って木材などがそろそろ古くなる頃に、取り壊し再生するということは、
日が沈み、また日が昇るという、自然と調和したリズムで、
いつまでも、日本の魂が若々しく引き継がれていくことのようです。


30代の頃は、海外を周り、各国のイスラムのモスク巡りに夢中になり、
(タイルパターンと建築様式に興味しんしんでした)
また、イタリアのキリスト教教会もいくつか見てきましたが、
神宮を参拝して、ついに戻る所に帰って来たという感じです。
日本の故郷の神宮では、清らかさと穏やさを取り戻していきます。







Last updated  2013年06月11日 18時21分43秒
[気づき] カテゴリの最新記事

PR

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.