000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

atelier☆lucere

2018年03月14日
XML
カテゴリ:気づき
rblog-20180312180122-00.jpg

ブラジル・クリスタリナ鉱山から、ゆう子さんを通してやってきた、
レムリアンシードです。
受けとった印象は、星の女神と水の女神の住む神殿です。


開業前からお世話になっているY&Yヒーリングセンターの
ゆう子さんのレムリアンセミナー(2/11)に行った時、
とても気になったレムリアンシード。
このクリスタルを足の下に置いたとたん、電流が走り、
スイッチが入り、ゲートが開きました。
レムリアと完全につながった瞬間でした。
3/10、このレムリアンシードは、私の元に来てくれました。
*2/11のブログ*


3/2満月の瞑想で、人生の集大成でやるべきことを思い出しました。
それは「同じ目的を持つ人たちと、地球を癒す」ことです。
2012年、シャスタツアーに行った時、レムリアの友たちと出会い、
そのビジョンが浮き上がって来ていて、
レイキの練習会や、グループセミナーの一部に、
地球のヒーリングを入れて、それをやっているつもりでした。
でもそれはイントロにしか過ぎなかったのです。


チャネル&ヒーラーコースや、レイキ伝授、
オーラソーマコースを行っていたのは、
地球を共に癒す仲間を養成し、探していたのです。
質の高いヒーラーが徐々に増え、
今年に入り全体のエネルギーがひき上がったのを感じました。
一定の人たちの準備はできていて、それを行う時のようです。


今までのコースは、引き続き仲間を探すために続けながら、
地球を癒すワークを行うことにしました。
瞑想時に10回分のワーク内容も、ダウンロードされました。
ひと月に1回か2回、定期的に行うようになると思います。
ただ、メニューの見直しを含め、事前準備でやることもあり、
7月頃のスタートになりそうです。


写真のレムリアン・シードの話に戻りますが、
このレムリアンを受けとった後に、知ったのですが、
ゆう子さんが、シャスタの卸売りの方から購入する時に、
この石は特別だから、他の石と並べてネットショップでは
売らないように言われて、値段をつけずにいたそうです。


私のお願いで、クリスタルの価格を調べるために、
一旦、京都に持ち帰られたのですが、パッキングしていたのに、
その石にだけ傷がついていて、売り物にならないとメールが来ました。
その傷は、私のレムリアの傷を吸い込んだのだ!と思いました。
そうとしか思えず、やはり、ゆずってほしいとお願いして、
無事に傷を負ったレムリアンシードを受けとりました。



そんな大切なレムリアンをゆずってくれた、ゆう子さんに感謝です。
傷ついた近辺には、虹がいっぱい出てきていました!!!
ゆう子さんいわく、怪我の功名?だそうです。
この不思議なレムリアンシードは、
地球を癒すために共に働いてくれるそうです。
地球を癒すワークで活躍してくれそうな
サロンのクリスタルたちが、輝き始めました。






Last updated  2018年03月14日 18時16分27秒
[気づき] カテゴリの最新記事


PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索


© Rakuten Group, Inc.