574716 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

atelier☆lucere

2020年05月31日
XML
カテゴリ:オーラソーマ


私がオーラソーマに出会ったのは、22年前の1998年で、
まだフリーランスのグラフィックデザイナーでした。
オーラソーマの受講生や以前ブログで、
シェアしていたことですが、
B33ドルフィンボトル・目的のある平和は、
私が最初に使ったボトルです。
「オーラソーマと出会う時、人生の岐路にある。」
ヴッキーさんの言葉通り、私もそのような状況でした。


B33は宇宙から見た地球のように見え、
地球に降り立つときのワクワク感を感じました。
あと1cmでドルフィンボトルを使い終わりそうな時、
内なる教師とつながろうと思い、
ボトルと向き合い瞑想をしました。


その時予期しないことが起こりました。
ある存在を感じました。
その存在はこう伝えてきました。
「私はあなたのアトランティスの友人です。
私はアトランティスでアセンションしましたが、
あなたはディセンションして、
地球に転生を繰り返すことを選びました。」


その原因は感情。
許せないという感情を手放すために、
描いたり書くと良いというアドバイスもありました。
アトランティスで起きたことなど、
この内なる対話は1時間ほど続きました。


この衝撃の出来事と、
もっとボトルのことを知りたいと思い、
すぐにオーラソーマ・レベル1を受けました。
この後十数年後に「オーラソーマと72の天使」の
コースを受けてわかったことですが、
B33は私の知性の天使だったのです。
天使の名前は「ニタヤ」です。


このシンクロにも驚きました。
自分の知性の天使のボトルを選び、使用したことで、
知恵の天使はオーラソーマ・コースを受けること、
オーラソーマティーチャーになることを
サポートしてくれたのです。


当時はティーチャーになる前に、
質問に対しての論文形式での答えを提出する必要があり、
このことも、古代の叡智とつながり、
深い理解がもたらされたと思います。


アトランティスの友人が言った通り、
絵を描くことで感情の手放しが起きて癒され、
論文を書くことで知恵が統合されていきました。
アトランティスのテーマは統合され、
現在、ガイアと共に新しいレムリアに移行するという
テーマに向き合っています。


オーラソーマレベル3受講後には、
チャネリングスクールにも行き、
意図せずチャネリングが始まるということはなくなりました。


22年のオーラソーマと関わり、
天使やマスター、女神、植物とクリスタルの精霊に、
サポートされてきたことをしみじみ感じています。
昨夜B33と目が合って「私を伝えて」。
という感じがしましたので、お伝えしました。

♥アトリエ☆ルシェーレHP

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






Last updated  2020年05月31日 15時14分37秒


PR

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.