000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

atelier☆lucere

2020年07月24日
XML
カテゴリ:気づき


自然と共鳴・調和した縄文文化のことは、
いときょう先生のホツマ伝えで知りました。


アトリエ☆ルシェーレで先日開催した
Gaia Work クニトコタチで、縄文は今から13000年前に、
クニトコタチがアマガミとして日本に降り立ち、
クニトコタチが伝えたのはあらゆる大調和で、
竪穴式住居は川や水辺の近くに作られ、
土で盛ってあり、中央の囲炉裏に火が絶やされず、
住居には煙を出す通気口もあり、
地、水、風、火の元素のバランスがとれたものだった
と言うお話もお伝えしていました。


地球は黄道12星座を約2000年ごとに移動するため
約26000年周期で、最初の星座に戻ってきます。
約13000年前というと、縄文初期から、
ちょうど真反対(オポジット)の星座の位置にいて、
対極にある星座のエネルギーも流れ込んできます。
と言うことは今、
縄文のエネルギーやそのルーツと思われる
レムリアのエネルギーが今、流れ込んできているのです。


このような中、先ほどネットニュースで、
7000年以上前の縄文土器が発見されたと言う
情報を見つけましたのでシェアします。

2020.7.23 ANN News


♥アトリエ☆ルシェーレHP

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






Last updated  2020年07月24日 12時07分57秒
[気づき] カテゴリの最新記事


PR

Keyword Search

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.