729782 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

鎌倉日記(極上生活のすすめ)

基礎講座ボタンのかけ方

 日本人は、どうやらボタンの掛けるタイミングというのを誰からも教わってこなかったようだ。
 いつでも、ボタンを掛けていれば、いいというわけではない。
たぶん、日本に洋服がはいってきた時、礼儀正しい日本人は、いつでもボタンを掛けていることがフォーマルだと教えられたようだ。
 欧米では、座ったときは、まずボタンを掛けない。このほうが、襟のうしろが膨れ上がったり、胸元の背広のゾーンが、むやみに盛り上がらないので美しいのだ。
 ゆえに、彼らは座ったら、ボタンをしない。洋服の歴史が違うとは言え、日本人もそろそろ気付いたほうがいい。

 ちなみに、三つ揃いのベストは、一番下のボタンはいつも掛けない。この習慣は、19世紀のダンデイ、ボウ・ブランメルがはじめたとも、英国のエドワード7世がはじめたといも、言われている。どちらでもかまわないが、三つ揃いの一番下はボタンをしないほうが、お洒落。

 アメリカの大統領は、演説をするとき、椅子から立ち上がり、演壇にむかうあいだに、巧みに、このボタンを掛ける動作をして、爽快感をアピールする。
 よくテレビを注意して、見ていただきたい。細かな演出だが、細かな違いが、結局は人間の違いとなる。彼らは、視覚的効果の重要性を熟知している。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.