137962 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

ジオラマ野郎 アトリエ森爺のよもやま日記

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Comments

各停長津田@ Re:飯坂線モジュールの制作 その3(06/29) UCCさん 師匠、デッキガーター試行錯誤し…
各停長津田@ Re[1]:飯坂線モジュールの制作 その3(06/29) UCCさん コメントありがとうございます!…
UCC@ Re:飯坂線モジュールの制作 その3(06/29) ご無沙汰です。 すっかり模型製作熱が復活…
各停長津田@ ありがとうございます!! UCCさん ありがとうございます!! なる…
UCC@ Re:ミニモジュールの制作 その12(11/02) 森爺さん こんにちは。 ありますよねー…
July 17, 2017
XML
みなさまこんにちは!

ただいま絶賛飯坂線のモジュールを制作中ですが、
作り直しが多い(作った後にこうすれば良かったがでてくる)ので、
UCC師匠の先のご助言を私なりに理解したのが、

本番前にリハーサルをする!!

でした!(苦笑)

というわけで、これから飯坂線のモジュールはホーム工作と
駅舎工作という山場を迎えるわけでして・・・。

なおさらの事前準備(失敗しながらレベルアップすること(笑))が必要です。

そこで、先日訪問しました只見線の会津本郷駅をアレンジして制作して肩慣らしすることにしました。

背景は広大な水田、駅舎前には小集落が広がります。
簡素な駅舎、ホームは練習にはぴったりです。
失敗してもすぐにやり直せそう(笑)。

部屋をあさって見つけたコルクボードに
t20.0mmのスタイロフォームを配置し、線路レイアウトを決めます。
駅の背後は水田が広がることもあり、
ここは是非とも水路も作りたいです。
本当は駅敷地に隣接して水路などありませんし、
場所の関係で水田の再現もできませんが、
水路だけは、ディフォルメして再現したいと思います。
画像上側が水田側(今回、水田は再現しません)手前が駅舎側です。

マジックのケガキが意味不明になっているように、
水路の配置は迷いに迷いました。
最終的に、水田から流れてきた(水田に流れていく?)水路が
線路にぶつかる手前で直角に折れるという配置にしました。

この駅、以前は交換駅だったらしく、
撤去された線路と旧ホームが存在します。

草と同化してわかりづらいですが、
かつてのプラットホームが見えます。
今回、この旧ホームと現ホームを自作して飯坂線のモジュールの練習をします。
(2本練習すれば少しは上達するはず(笑))
駅舎周辺は地面全体がかさ上げされており、
(元々の地形なのかは不明ですが、周辺の地形を観察する限りかさ上げの可能性大です)
現ホーム側の地面をスチレンボードなどでホーム面までかさ上げしました。

先日、飯坂線のモジュで四苦八苦(何度もやり直しした)水路ですが、
今回、ひび割れた壁面を再現してみようと、
工作段階でわざと2か所ヒビを再現すべく、
プラ板をわざと割ってみました。

画像では少しわかりづらいかもしれませんが、
画像下側の2個のパーツを割っています。
飯坂線のモジュから数えて数回目の水路工作なので、案外サクサク工作が進みます。
やっぱり練習してナンボですね〜。

まずは、コンクリートをスプレー缶のまぶし塗装で再現しました。

続きまして、エナメルのフラットブラックでウォッシングします。
当初のイメージでは、ここでひび割れのコントラストがはっきりして
すごくカッコよくなるはずでした・・・。

う~ん。ビミョー。

水路は直角に折れ曲がり、右手の水田地帯に向かいます。
この部分には水路をまたぐ農道を再現予定なので、
同様に水路をまたぐ水道管を再現します。
水道管はプラ丸棒で再現します。
壁面を丸棒が差し込めるように丸くくりぬきます。

エアブラシで塗装した丸棒を差し込み、
水道管の再現は完成!
ちなみに、水流も再現予定ですが、水面の汚損を防ぐため、
最後に工作することにします。

次回はいよいよ飯坂線モジュの練習の本番のホームの工作の練習(簡単に言えば失敗すること)をします!!

今回もここまでお付き合いいただきましてありがとうございました!!
それでは失礼します。






Last updated  July 18, 2017 12:18:05 AM
コメント(0) | コメントを書く
http://www.geocities.jp/atoriemoriji/index.html

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.