1109071 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

単車と車と本と映画とゲームと山と城 の記録

2008 夏 開聞岳

8月11日 曇のち 晴 朝6時 起床
      鹿児島のサンロイヤルホテルを8時半 出発
      開聞岳の登山道入り口の駐車場についたのは 
      10時 過ぎでした。
      駐車場は 登山口に一番近い
      グラススキー用の駐車場に止めました。

CA3A0375.JPG

      いつもの 気に入らない登山靴には着替え、
      グローブをし 帽子をかぶり サングラスを装備しました。

CA3A0376.JPG

装備万全
CA3A0377.JPG

CA3A0378.JPG

油断禁物

      10時40分 晴れ の中 トリッカーさんと共に 登山口スタート
      すぐ 立看板 「やさしい山です。油断禁物」 
      ええ?? と思いながらスタートしました。
      登山口は 2合目らしいです。

      歩いて 2分 いきなり 胸あたりの段差、、
      「どこが やさしいねん」と言いました。

CA3A0380.JPG

行き止まりでなく 段差です

      その後は いまだかつて ないようなジャングル系
      登山道を行きました。
      後ろから 小学生の女の子とお父さん。
      道が狭い 草がぼうぼう でした。
      木陰ばかりで 
      早くも 帽子はいらない と脱ぎました。

CA3A0379.JPG

CA3A0384.JPG

      6合目 早くも しんどい。そして道が
      岩ごろごろ 荒れ荒れに
      虫もブンブン うるさい。
      早くも 汗びしょびしょでした。
      トリッカーさんを 木陰で
      木の椅子に座って待つ間に
      小学生の女の子 親子に 抜かれる。

CA3A0381.JPG
CA3A0382.JPG

      7合目 岩だらけ 続く しかし景色は良い
      トリッカーさん 待たずに 一人。
      小学生親子 抜く。
      なんだか 岩が ゴロゴロ 段差が高かったり
      障害物競走みたいな 登山道だと思いました。

      8合目 岩だらけ 雲の中?
      しかも険しい。。
      ものすごく しんどい。
      こんなん 小学生がいけるのか?と思いました。
      すると おじいさんやおばあさんが下山してきて
      すれ違いました。
      「こんにちわ」 といいながら
      (そんな アホな…、これいったんや、、)

CA3A0391.JPG

      なんとか9合目 アクロバット ロッククライミングか?
      と 物凄くしんどく バテバテで 雲の中を上がりました。
      梯子が出てきてびっくり

CA3A0392.JPG

CA3A0386.JPG

CA3A0389.JPG

仙人が 杖を入れるとこ?のようなことが書いてありました。

CA3A0388.JPG

      その上は ロープで 岩と岩を伝ってわたったり
      「ええー」と 思いながら 行きました。
      そしたら また おじいさん おばあさん カップルが
      下山 すれ違いました。
      「頑張って もう少し」
      と励まされたりもしました。。辛い、、
      あの ロープ伝いやったんや、、と
      びびりもしました。

      途中 雲のおかげか 景色はないですが
      風が涼しく気持ちよかったです

      登っても登っても
      なかなか つかない頂上。。
      ほんま しんどい、、
      と思いながら 
      あぶない 岩だらけの中
      登りました。

CA3A0391.JPG

登山道?

      午後 1時15分 山頂 やっと  到着
      雲だらけで 360℃の展望は 
      まったく見えずでした
      まぁ 私の場合 そんなことは どうでもよくて
      頂上につきゃ いいのです。

CA3A0404.JPG
CA3A0393.JPG
CA3A0397.JPG
CA3A0402.JPG
CA3A0398.JPG

とりあえず 頂上
   
      のんびり 昼ごはん。
      フルーツの缶詰 2個 ゼリー2個 パン 
      など 食べました。
      小学生親子が 10分後ぐらい 到着しました。

CA3A0399.JPG
CA3A0401.JPG

到着

      30分遅れで トリッカーさん山頂到着。
      こんなに 遅れているのに なんだか元気な
      トリッカーさん。
      写真撮ったり してました。
      トリッカーさん昼食終了後
      2時半 下山開始しました。
      最初は 一緒に下山しました。
      トリッカーさん 下山は早い。
      岩の中 アクロバティックに 下山。

CA3A0407.JPG

CA3A0405.JPG

CA3A0400.JPG

ほんまに 怖い

      8合目過ぎぐらい
      いつのまにやら 私のほうが だいぶ先を
      進んでいました、ので 途中少し待ちました。 
      悲壮な雰囲気で よたよたと トリッカーさん。
      
      ひっくりかえって 崖から 少し落ちた。。
   
      との事でした。

      「足が頭にきた!なぜ 助けてくれないのか」
      「後ろから小学生親子の声がして かっこ悪いから
       必死で 起き上がり 崖から はいでた」

      と意味不明なことを 言ってました。

CA3A0403.JPG

こんなのが 続く

      そこから トリッカーさん ペースダウン
      私一人 もくもくと 下山しました。
      しんどい。
      虫がまとわりつくの 追い払っていたら
      前のめりに 転倒しました。
      めがねも落ちました。
      誰も みていなかったので 良かったです。

      あぶないあぶない と思いながら下山。

      なかなか つかない。

      全然 やさしい山ではありません。
      なんとか へろへろ になりながら
      4時 登山口 到着しました。

CA3A0408.JPG

15分遅れで トリッカーさん 到着

      物凄い 疲れた体で バイクにまたがり 本日のホテル
      指宿ロイヤルホテルへ


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.