733217 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

AVEC PIANO

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


TanakaTomoko

カレンダー

お気に入りブログ

本番:BさんTさん… ピカルディの三度THさん

合奏曲のアレンジ りとみしゃんさん

黄昏のメリー・ウィ… Desdemonaさん

「ピアノサークル・… ムシクンさん

朝日カルチャーセン… CasaHIROさん

コメント新着

Tomoko@ Re[1]:マウリツィオ・ポリーニ☆(10/08) ☆モモンガリーさん エチュードはわたしも…
モモンガリー@ Re:マウリツィオ・ポリーニ☆(10/08) ポリーには青春そのもの、その通りです。…
Tomoko@ Re[1]:プーリア料理!☆(09/20) ☆食いしん坊さん 今回は魚にしましたが、…
食いしん坊@ Re:プーリア料理!☆(09/20) 久しぶりのグルメニュース😲 カジキのグリ…
Tomoko@ Re[1]:万年筆女子会コンサート☆無事終了〜(08/27) ☆モモンガリーさん ご来場ありがとうござ…

フリーページ

ニューストピックス

カテゴリ

2018年01月14日
XML
カテゴリ:鑑賞日記
「ピアフという女 いさらい香奈子エディット・ピアフを歌う」を見てきました。
場所は西荻窪の住宅地の一角にあるシアター2+1。

先日あるライブでお知り合いになったアコーディオンの鳥海涼子さんが出演されるということで知りました。
会場はとても小さな空間でした。50席くらい?

いさらいさんは初めてお聞きしましたが、もともと演劇畑の出身で、今は自分のお店(シャンソニエ)を経営されているそうです。

上演時間約2時間、全18曲をノンストップで演じ、歌われました。
素晴らしかったです。
脚本・演出は十朱加奈子さん。
実によくできた台本だと思いました。

最初は「いさらい香奈子」がピアフについて語る、ストーリーテラー的役割を演じているのですが、次第に彼女自身がピアフと同化し、麻薬に溺れる哀れな女へと変化して行く様は鳥肌ものでした。

わたくしがコンサートを企画する時は「音楽ありき」ですが、「芝居ありき」のアプローチができないものか考えている時なので大変参考になりました。
やっぱ、「本」と「演技力」です。重要なのは。ううむ。









最終更新日  2018年01月14日 17時23分02秒
コメント(0) | コメントを書く
[鑑賞日記] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.